一新塾OBの山野之義氏、金沢市長選挙、4回目の当選!

一新塾OBの山野之義氏、11月11日の金沢市長選挙、4回目の当選!

 

「金沢の魅力、強みに磨きをかけ、新たなことに挑戦しながら付加価値をつけていく。

多くの市民の皆さん方と一緒にいい街を作っていきたい」

 

●金沢市長選 現職 山野之義氏 当選


「あせない夢〜全ろう者のプロゴルファーとその兄が描くバリアフリーな未来 佐藤裕児・康孝」

11/6発売の『週刊ゴルフダイジェスト』(11月20日号 2018NO.44)にて、一新塾第22・38・42期生で、スナッグゴルフキャラバン隊プロジェクトに取り組まれている佐藤康孝さんの活動がご紹介されています。
ぜひ、手にとってご覧になってみて下さい。

■『週刊ゴルフダイジェスト』(11月20日号 2018NO.44)-------------------

ゴルフノンフィクション
「あせない夢〜全ろう者のプロゴルファーとその兄が描くバリアフリーな未来 佐藤裕児・康孝」

生後間もなく完全に聴力を失った佐藤裕児が、厳しい道のりを一歩ずつ進み聴覚障害者初のプロ資格を取得したのは2006年。以降、多くの人にゴルフを教えながら、試合出場も目指してきた。その傍らにはいつも兄・康孝の姿があった。結婚し、親となった裕児は、不惑の年を超え、まもなく知命の年を迎える。この間、ずっと変わらぬ兄弟の思いがあった−。

(中略)

 裕児の夢の実現のため、兄は会社を辞めてサポート役に徹することにした。前述したように、読唇によるコミュニケーションは、基本的に一対一だ。そのハンディを補うのが兄の耳だった。

 裕児は06年に日本プロゴルフ協会のティーチングプロの認定に合格。晴れてレッスンプロになったのだ。

 だが、それは聴覚障害者にとってとてつもないハードルでもあった。書類審査、実技審査、筆記試験、面接試験までは問題なくクリアできても、その後に待ち受ける4週間に及ぶ講習会が大きな関門になる。

 講師の話を聞き、科目ごとにレポートを提出する。当然、講師と受講者の一対一の講習ではないし、講師の唇すべて正確に読み取るのは至難の業だ。近くで相手と正対しなければ唇の動きは読めないし、口を大きく開いてしゃべってくれなければ、何を話しているかさっぱりわからない。

 そこで、兄が裕児の耳となり二人三脚でティーチングプロの資格を得たのだ。

(中略)

 一方、テニス指導員の資格を持つ兄は、スナッグゴルフキャラバン隊(SGCPP)というプロジェクトを立ち上げ、テニスやドッジボール、スナッグゴルフなどを通して聴覚障害児が課外活動でスポーツに接する機会を増やそうと奮闘中だ。もちろん、その活動を裕児がアシストする。

(以下略)
----------------------------

■スナッグゴルフキャラバン隊ホームページ
 https://sgcpp.com/

「21世紀、私たちは、豊かさの指標 をどう生み出し、どうコミュニティを創造していくのか?」

11月4日は、43期入塾式・42期中間発表・41期卒塾式を行いました。
これまでに一新塾に入塾された方は5200名を超えました。

一新塾の場では、多様な講師や塾生の価値観に触れる機会が溢れています。その中で、自分だからこその土俵づくり、自分だからこその哲学を構築していきます。

基調講演では、共同代表の青山貞一さんに「21世紀、私たちは、豊かさの指標をどう生み出し、どうコミュニティを創造していくのか?」をテーマにご講義いただきました。

国や自治体に政策提言し続けている青山さんだからこその視点。国や自治体や企業の立場ではなく、現場からの身近な市民相互によるシェア活動。そして、自らのミッション、ビジョンで社会変革に挑む主体的市民としての生き方とは何か、全員で向き合う機会となりました。

また、スコットランド、バガン、上勝町の事例を通じて、「哲学が浸透したコミュニティ」とそれを支える「自立した市民」の存在の重要性を実感しました。これから、私たちがプロジェクトを通じてコミュニティ創造に挑む際のヒントをいただきました。

その後は、41期(卒塾)、42期(中間発表)の一新塾生チームが日々、現場主義で奮闘しているプロジェクト活動の奮闘をプレゼンテーション。

「この社会をこう変える!」との社会変革への決意と、自らの人生の根っこを掘り下げ、旧い自分に亀裂を入れて、現場主義で一歩踏み出した実体験を語っていただきました。

プロジェクト活動は、試行錯誤の連続です。ビジョンは大きくアクションは小さく。ビジョンに向かって、現場主義で小さく刻んで、PLAN→DO→SEEを回しながら、試行錯誤しながら、自らの根っこを掘り下げ、社会変革への道が浮き彫りになってゆきます。道なきところにどんな道が拓かれていくのか、本当にワクワクします!

一新塾24周年

【一新塾 24周年 2018.10.26】

 

おかげさまで、本日で一新塾24周年となりました!

社会変革はいつも市民の純粋な思いから!

 

これまで、一新塾を支えてくださった講師の方、塾生の方、ご縁のあったすべての方に心より感謝申し上げます。

混迷と激動の世界・社会にあって、何よりも大切なのは一人一人の志とゼロベースで描く理想の社会ビジョンです。これからも、志を生きる主体的な市民を育む学校として邁進してまいります。あらためて一新塾創設からの理念をご覧いただければ嬉しいです。
http://www.isshinjuku.com/about/principles.html

 

11月4日には第43期が東京から開講。その後、大阪、名古屋、仙台、と開講いたします。毎期、全国から100名の方が「志を生き社会を変える」ことを目指して一新塾にご入塾されています。社会の課題を共に解決し、理想の社会に向かって一歩でも二歩でもそれぞれのミッションを存分に生き、協働することで実現してまいりたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

【一新塾最新刊「人生と社会を変える根っこ力 政策提言・社会起業・市民活動」】45人の志を生きる市民の知恵が学べます。
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html


「大前研一政策研究」講義

昨日は、「大前研一政策研究」講義を私が担当させていただきました。

 

ゼロベースで社会ビジョンを描くとはどういうことか?
そのための戦略はどう着想すればいいのか?
大前流政策提言手法のエッセンスに触れました。

 

「いい国つくろう!」を提唱し、平成維新の会を立ち上げ、一新塾を創設するまでの歴史。壁にぶつかっては自らを砕き、社会変革のチャレンジに挑み続けてこられた大前氏。直面する難問に、問題の構造をどう解き明かし、どのように政策提言してきたのか。そして、私たちは、その問題に対してどう考え、行動していくのか。問題を自分自身にとことん引きつけるワークショップを行いました。

 

このような気づきの言葉をいただきました。

 

●言い切ることが大切
●ビジョンは繰り返し語り続ける
●やりたいことを実現するために分析を使う
●質問力がプロジェクトを推進させる
●道州制の政策の本旨がわかった

 

今回は、41期生にとっては一新塾教室での最後の講義。
42期生にとっては半年を経ての折り返しの節目。
それでは、卒塾発表、中間発表、頑張りましょう!

 

 

■誰もが志を生きられる一新塾(2018年11月4日開講)

体験セミナー&説明会は残りわずか!

10月27日(土)15:00〜17:45【最終回】

ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM