週末は、熱海を訪れての現場視察講座!
塾生プロジェクトが現場主義でさらに突き抜けるために、脱サラUターンで、熱海のまちづくりに身を投じて10年となる一新塾OBの市来広一郎さんの現場を訪問させていただきました。

 

最近の熱海は、人の賑わいがこれまでと違います。

宿泊客数は、2011年246万人から2015年307万人と、なんと60万人も増えています。街の人たちも「熱海は、TVによく出るようになった!若い人たちが集まってくるようになった!」と語ります。こうした背景には、地域の人たちのたくさんのチャレンジもありましたが、市来さんの果たした役割は本当に大きいと思います。

 

市来さんは2006年に一新塾生となり、1年後、東京でのサラリーマン生活を辞めて地元熱海に戻りまちづくりに身を投じることになります。最初のチャレンジは、熱海の魅力を満喫するまち歩き&体験交流型プログラム「熱海温泉玉手箱(オンたま)」のプロデュース。次なる挑戦は、2012年シャッター街となっている熱海の商店街を再生するため、空き店舗をリノベーションでCAFE RoCAをオープン。続いて、リノベーションの第二弾、「Guest house MARUYA」2015年オープン。して、昨年2016年には、コワーキングスペース&シェアオフィス「naedoco」をオープン。

 

市来さんの語られた10年の歩み本当には厚みがありました。
壁が訪れても、協力者のかけがえのないの力を得て、あの手この手で道を拓いて、次から次へとさらに大きなビジョンに次元を上げて挑み続けてきました。

 

「あきらめたいと思ったこと一度もない」

 

と語る市来さんの胸の奥には10年後、20年後の熱海の未来ビジョンがありありと浮かんでいます。市来さんが主体的市民を生きる姿勢が、熱海の人たちにどんどん連鎖し、熱海が主体的市民の街となっていっておりますこと、とても嬉しく思いました!

 

参加者からの感想の一部です。
●熱海の街の歴史やストーリーを感じることが出来ました。
●古い価値、昭和の遺産の再生。
●知らない熱海をたくさん発見できました。
●ピンチの後にチャンスだなと感じました。
●街の人も楽しそうで、熱海のイメージが変わりました。

 

■「Guest house MARUYA」
http://guesthouse-maruya.jp/

 

 

※1年で人生と社会を変える一歩を踏み出せる一新塾。
体験セミナー&説明会参加者募集中。【東京・大阪・名古屋・仙台】
http://www.isshinjuku.com/

今週2017年の一新塾講義のキックオフ!“発明起業家”の藤村靖之氏に那須よりお越しいただきました。テーマは「地方で仕事を創るローカルアントレプレナー〜月3万円ビジネス」。


藤村氏は1984年に(株)カンキョーを設立し、発明した電子式空気清浄機クリアベールは、

世界記録となる累積200万台を販売。現在は、栃木県の那須町で非電化工房を設立し、

電気に依存しない新しい豊かさを愉しむ発明に尽力されています。さらに、月3万円ビジネスを提唱し、いいことで愉しく稼ぐ、ローカルアントレプレナーを育成されています。

 

「人は勇気と希望を失うと工夫と努力と協力をしなくなる。

 一度失いかけた希望を取り戻すのが、発明家の仕事。」

 

「芸術家は傷ついて魂を磨きに磨いて、革命家はたくさん血を流して魂を磨きに磨いて、

   発明家は失敗して魂を磨きに磨いて、自分の仕事に魂を込める。」

 

「文化っていうのは、時間をかけて、汗を流して、仲間と一緒に。」

 

文明の転換期、5年先のことも誰も予測困難な不確実性の時代。

失った時間と失った希望と失った人間性を取り戻して、

自由でクリエイティブで誇り高く生きる道を、

藤村氏の生き様を通じてお伝えいただきました。

 

今年、ソウルにて、パクウォンスン市長との協働で「韓国非電化工房」もいよいよ始まります。

 

 

※社会変革される講師から学び1年で人生と社会を変える一歩を踏み出せる一新塾。

体験セミナー&説明会参加者募集中。【東京・大阪・名古屋・仙台】
http://www.isshinjuku.com/

2017年、激動の時代、3つの波が押し寄せてくるでしょう。

 

一つ目は、自国優先主義の波です。

反移民感情がトリガーになっての英国のEU離脱、移民やイスラム教徒排斥
する政策で「America First」を掲げ、米国大統領選挙で勝利したトランプ氏、
移民問題・難民問題を掲げるヨーロッパでは各国で反EU、移民排斥を掲げる
右派勢力の台頭が著しいなど、自国優先主義が世界に連鎖しています。
そして、私たちは、こうした自国優先主義の波にのまれるのか、日本だから
こその世界の貢献に挑むのか、問われる時代となりました。

 

二つ目は、高齢社会の波です。

日本最大のテーマの一つは、やはり高齢社会の問題となるでしょう。
ここでは、サラリーマンの人生という視点で考えてみます。
現役時代(22歳〜60歳)の仕事時間の合計は、8時間×250日×38年=7万6000時問。
定年後(60歳〜80歳)の自由時間の合計は、12時間×365日×20年=8万7000時間。
かつては、敷かれたレールを歩んで、60歳まで働いて、定年後、悠々自適の
生活を送れば人生を立派に全うでした。ところが、これからは、定年後に、
これまで働いてきた時間以上の自由時間が待っています。しかも、今度は、
敷かれたレールはありません。自らレールを敷くしかないのです。
これによって“人生のパラダイムシフト”が起こることになりました。

 

三つ目は、テクノロジー進化の波です。

人工知能(AI)、自動運転、ドローン、3Dプリンター、ゲノム解析、
ビッグデータ、IoTなど、交通も、住まいも、医療も、産業も、あらゆる局面で、
テクノロジーは飛躍的な進化を遂げていくでしょう。その影響はダイレクトに
私たちの生活に影響をもたらします。たとえば、コンピュータやロボットに
できる仕事はどんどん代替され働き方が変わっていくかもしれません。そして、
技術の進歩は常に副作用も伴っていることも歴史から学ばねばなりません。
技術のプラス面を最大化し、マイナス面を最小限に抑えていく努力も不可欠です。

 

こうした時代だからこそ、主体的市民教育はますます重要性です。
主体的市民とは、単に世の中の変化の時流に上手に乗って、社会状況にたくみ
に対応する人のことではありません。自分の根っこを掘り下げ、軸足を定めた
うえで、空気にのまれることなく事実を的確につかみ、その変化がもたらす
未来への影響を予測しながら、あるべきビジョンと照らし合わせて、その実現
のために、いち早く一歩行動を起こすのが主体的市民です。

 

◎時代を拓くのは主体的市民!

http://www.isshinjuku.com/

いま、生活の現場で、驚くべきスピードで進行している変化があります。

それは、一人ひとりの人生の革命です。

 

敷かれたレールを歩む人生から自らレールを敷く人生への転換。 
「稼ぐ仕事」と「社会貢献」の二束のわらじの生き方。
UIJターン。
脱サラ起業。脱サラ議員。
一億総主体的市民へ。


真の変革は、
トップダウンではなく、 ボトムアップで、
個人が変わることから始まります。


2016年、世界は大きく動きました。

英国のEU離脱。米国大統領選挙。
ポピュリズム・自国優先主義に舵を切る世界の潮流。

日本も例外ではありません。

試練の現実を前に、
理想をあきらめ自己の利益に走るのか。
それとも、あくなき理想を求め続けるのか。


私たち一人ひとりが問われる時代となりました。


一新塾の場には、様々なバックグラウンドの方が、 人生の転機のタイミングで、胸の奥にある志の疼きに促されてこの場に集います。忘れかけていた根っこを思い出し、社会と向き合い直すことで志を生き始める方が続々と生まれています。


2017年、
個人が変わることから始まる社会変革を加速させます。徹底して自分と向き合い、揺るがぬ根っこの輪郭を鮮明に、現場主義でPlan→Do→Seeを回していきたいと思います。


すべての人たちが志を生きる生活者が主役の国づくりに向けて、新しい一年も何卒よろしくお願いいたします。

http://www.isshinjuku.com/

 

【2016年の終わりに】
一日一日を必死で生き、皆で知恵を、ビジョンを求めた2016年、

「地域」「国」「世界」という怒涛のような渦の中で一人一人の

志を生きる道を見せていただいた一年でした。

 

今年最後の25日に行われた講座の写真を最後にお届けいたします。

 

2016年にいただいたものは、「志を生きる方程式」のさらなる

研ぎ澄まされた知恵と方法論の確立です。

 

その知恵を携えて道を切り拓くのは一人一人。

すべての方々との出会いに、心より感謝いたします。

ありがとうございました。

 


http://www.isshinjuku.com/