先週末は、全国研修合宿。
テーマは「根っこ力で人生と社会を変える〜志を生きる土俵づくり」。

密度の濃い、熱い時間を共に過ごさせていただきました。

 

おかげさまで、根っこの思いに耳を傾け、人生を丸ごと受け止め合う場が生まれ、

「ミッション探求は一人でやるものではなく、仲間と一緒にやるもの!」

その確信をさらに深めさせていただく機会となりました。

 

『志を生きる土俵』は、志を生きるジャンプ台!
10人10色。100人いれば100通り。

 

これから、参加者一人ひとりが続々と道なき道を拓いてゆかれますことを楽しみにしています。

 

 

■新しい時代を拓く一新塾

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

一昨日は、突き抜けたビジョンを次々に具現化されてきた飯島博氏(NPO法人アサザ基金代表理事)に一新塾にお越しいただきました。テーマは『霞ヶ浦再生〜問いの連鎖による潜在性浮上型事業』です。

 

「アサザ・プロジェクト」は、霞ヶ浦再生に向け“湖と森と人を結ぶ”市民型公共事業として、のべ30万人もの人々が参加。200を超える小学校に加え、企業も森林組合も自治体も国交省などを結びつけた壮大な社会実験となっています。

 

一新塾での講義は2004年から今回が15回目!

何度お聞きしても、飯島さんの時代を拓くビジョンと哲学の深さには圧倒されます。

 

「既成概念に亀裂が入りました!」
「子ども時代のわくわくした思いを忘れてました!」
「ビジョン大きく突き抜けて、いいんですね!」
「哲学は重要だ!」
「衝動を大切にします!」

 

参加者の皆さんからの感想です。

 

●問題を資源化する
●自分を場として開く
●よき出会いの連鎖

 

改めて、胸に刻印されました。

 

 

■新しい時代を拓く一新塾

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

先週末は、大阪、名古屋で、

明日は仙台で、地域科の入塾式&卒塾式。

 

冒頭では、主体的市民の精神についてご紹介。
「軸は一本に絞りなさい。軸が2つあったらコマだって回らない」

 

志を生きる道は一本道。

一見、バラバラだった経験が、何一つ無駄な事なく、一つに結ばれる道。

 

 

◎新しい時代を拓く一新塾

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

 

先週、東京での一新塾42期の入塾式&40期卒塾式を終えました。

 

創設から23年を経て、入塾された方は5100名。
立ち上がった社会変革プロジェクトは1050を超えました。

 

基調講演は、共同代表の青山貞一さん。
テーマは「市民は混沌の時代とどう向き合うか?〜主体的市民による社会変革シナリオ」。

 

青山さんは40歳で闘うシンクタンク、環境総合研究所を立ち上げ、国や地方に、
環境にかかわる政策を市民の立場から政策提言し、数々の議員立法や条例づくりに
関わってこられました。

 

国や自治体や企業の立場ではなく、現場からの身近な市民相互によるシェア活動、
そして、主体的に自らのミッション・ビジョンで社会変革に挑戦する、
ソーシャルイノベ―ターの意義について、全員で向き合う機会となりました。

 

その後は、40期(卒塾)、41期(中間発表)の塾生チームが、
日々奮闘している現場主義の社会変革プロジェクトのプレゼンテーション。

 

やむにやまれぬ思いで、現場主義でPDCAを回すたびに、
旧いタコツボを砕いて、自らの根っこを掘り下げ、志の杭を打ち、
その分、社会変革へ向けて一歩前進することとなりました。

 

 

これまで社会を牽引してきた「行政セクター」「ビジネスセクター」。
しかし、それだけでは、“根っこのない社会”です。

 

“根っこのある社会”とは、「市民セクター」が元気です!

市民一人ひとりが、自らのミッションで、主体的に、地域・国づくりに参加する社会。
一人ひとりの志が社会創造の礎となる社会。

 

時代を拓く鍵を握っているのは、私たち市民です。

 

 

【誰もが志を生きる一新塾】
体験セミナー&説明会、予約スタート!
https://www.isshinjuku.com/

 

 

今週は、一新塾OBで佐賀県上峰町長の武広勇平さんをお迎えしました。テーマは『上峰町で、オンリーワンの自治体モデルをつくる!』。

 

上峰町は、佐賀県の東部のほぼ中央部、三養基郡に位置する人口9,551人、3,550世帯が暮らす町です。全国最年少首長(当時)として29歳の若さで上峰町変革に挑んだ武広さんは、自身の給与50パーセント削減や、ふるさと納税(全国5位)等増収施策を積極的にすすめるなど、財政再建を中心に取り組み、2009年からの8年間で、町(財政規模30億) の借金を30億円減らし、20億円の基金(貯金)をつくりだしました。

 

講義では、「志を生きる人生」と「上峰町の政策」の二本柱で熱く語られました。

 

塾生時代から抱いていた人一倍強い正義感。
藻谷浩介さんの講義を通じて「地元に変える決心」をされたこと。

仲間5人で市政の未来を議論し、自ら「町長選に挑む」決断をした転機。

そして、上峰町長となり、孤立しても志を貫き続け、財政健全化に挑む姿勢に感動いたしました。

 

●財政健全化
一般財源規模を37億から120億へ拡大!

 

●ふるさと納税
「ふるさと納税」がもたらす財政健全化への大きな効果。
さらに、新産業の誕生にも「ふるさと納税」が一役買っていること。
ウナギの例はとても興味深く聞かせていただきました。

 

●教育
レアジョブとの協働による小学校での英会話のマンツーマンレッスンで、
「通じた!」という喜びと成功体験で得た自信は本当に大きいようです。
ALT(外国語指導助手)を雇うコストの1/4で実現。
教育格差を緩和する、一人3万円の「教育クーポン」も始まります。

 

●6次化の交流拠点
地域商社の可能性、これから誕生する6次化の交流拠点もとても楽しみです。

 

3期目に突入し、地域の可能性をますます引き出していることに心より敬意を表します。

 

【誰もが志を生きる一新塾】

体験セミナー&説明会@東京

5月16日(水)最終回、ご予約はこちら!

http://www.isshinjuku.com/

 

先週は、「第40期 広報戦略講座&コンサルテーション&蒲田現場視察講座」。一新塾OG・理事の菊地真紀子さんの運営する地域情報発信の拠点、大田区蒲田の「キネマフューチャーセンター」での開催でした。

 

菊地さんは、地域ニーズに価値を見出す地域密着型広報代理店をコンセプトに合同会社VALNを起業。さらに、NPO法人ワップフィルムのプロデューサーとして地域映画「商店街な人」「未来シャッター」を制作。そして、商店街の空き店舗にコミュニティカフェ&コワーキングスペース機能を兼ね備えた拠点「キネマフューチャーセンター」をつくり、多様な人が集うまちのにぎわい創出に取り組まれています。子どもから大人まで誰もが集える「キネマえがお食堂」を運営も喜ばれています。

 

地域に変革をもたらした活動を見ていくと、そこには、練り上げられた広報戦略が必ず存在します。ミッション・ビジョンを研ぎ澄ます「タテ軸戦略」と情報発信し、共感を広め、地域のさまざまなセクターの方々を巻き込んでいく「ヨコ軸戦略」。


40期本科生は卒塾に向けた総仕上げとして「広報戦略」「コミュニティビルディング」をテーマに、菊地さんの現場の奮闘から生まれた知恵でアドバイスいただきました。

 

【塾生アンケートの気づきの言葉です】

●広報戦略はミッション・ビジョンのタテ軸ありき
●やはり対象者を明確にすべき
●誰をどのように、いつ幸せにするか
●ビジョンを明確に対話で仲間を作っていく
●常に発信していく
●周囲を巻き込む戦略と行動力
●前向きに進めば道が開ける
●拠点となる場所を持つことの重要性

 

 

◎キネマフューチャーセンターホームページ

http://kinemafc2013.wix.com/kinemafuturecenter#

 

◎一新塾新刊(2017.9) 菊地さんも執筆!
「人生と社会を変える根っこ力〜政策提言・社会起業・市民活動」(一藝社)
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html

 

◎新しい時代を拓く一新塾
体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

 

社会は目まぐるしく
移り変わる。

 

それに合わせて
自分が変わらなければ
ならないのではない。

 

その環境変化が刺激となって
本来の自分を引き出すのだ。

 

激動の時代にあって、
あなたはあなたのままでいい。

 

志を生きるとは、
本来の自分を生きることだと思う。

 

━仙台会場━━━━━━━━━━━━━━━

“根っこ力”が社会を変える

仙台「一新塾体験セミナー&説明会」
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 仙台会場 日時

5月3日(木祝)13:00〜15:45【最終回】

会場:「トークネットホール仙台(仙台市民会館)」
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号
(地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!」

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

参加費:無料

お申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


【主な内容】

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ(志)」と「幹」をつなげる問題解決フレームワーク『6つの箱』とは?
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!


【講師プロフィール】

森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

1964年生まれ。1988年慶應義塾大学卒、積水ハウス(株) に入社。
「都市開発」「まちづくり」の仕事に携わる。
1996年一新塾へ入塾。
1997年政策学校一新塾マネジャーへ。大前研一氏の下で薫陶を受ける。
2002年一新塾のNPO化に伴い、代表理事・事務局長就任。
21年で約5000名の塾生の“志を生きる挑戦”に立ち会い、人生の転機での相談役。
これまでに1000を超える「政策提言」「社会起業」「市民プロジェクト」をインキュベート。
誰もが、いつでも、どこでも、市民を生きられる『志を生きる方程式』のメソッドを確立。
年間100の講座と700回の個別コンサルティングを行う。入塾前の体験講座として、
一新塾体験セミナーも担当。これまで、全国で千回開催、1万人が受講。
市民起点の新しい国づくり、地域づくりの支援に全国を日々奔走している。

著書に『人生と社会を変える根っこ力』(一藝社)、『根っこ力が社会を変える』
(ぎょうせい)、共著に『一新力』(文屋)、『今のニッポンを変えろ!』など。

世界は大きく揺れている。
未来の選択の鍵を握るのは
私たち。

 

何を捨てて、
何を選ぶのか。

 

何が大切で、
何を貫くべきなのか。

 

先駆者の生き様から
何を掴み取るのか。

 

その知恵をもって
この時代の試練に
どう挑むのか。

 

その経験をどう次世代に
受け継いでいくのか。

 

新しい時代創造とは、
伝承である。

 

━名古屋会場━━━━━━━━━━━━━━

“根っこ力”が社会を変える

「一新塾体験セミナー&説明会」
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 名古屋会場 日時

4月29日(日)13:00〜15:45【最終回】

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!」

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

参加費:無料

お申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


【主な内容】

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ(志)」と「幹」をつなげる問題解決フレームワーク『6つの箱』とは?
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!


【講師プロフィール】

森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

1964年生まれ。1988年慶應義塾大学卒、積水ハウス(株) に入社。
「都市開発」「まちづくり」の仕事に携わる。
1996年一新塾へ入塾。
1997年政策学校一新塾マネジャーへ。大前研一氏の下で薫陶を受ける。
2002年一新塾のNPO化に伴い、代表理事・事務局長就任。
21年で約5000名の塾生の“志を生きる挑戦”に立ち会い、人生の転機での相談役。
これまでに1000を超える「政策提言」「社会起業」「市民プロジェクト」をインキュベート。
誰もが、いつでも、どこでも、市民を生きられる『志を生きる方程式』のメソッドを確立。
年間100の講座と700回の個別コンサルティングを行う。入塾前の体験講座として、
一新塾体験セミナーも担当。これまで、全国で千回開催、1万人が受講。
市民起点の新しい国づくり、地域づくりの支援に全国を日々奔走している。

 

著書に『人生と社会を変える根っこ力』(一藝社)、『根っこ力が社会を変える』
(ぎょうせい)、共著に『一新力』(文屋)、『今のニッポンを変えろ!』など。

 

直面する試練の現実。
自分の目で見て、耳で聞いて、
現場で体当たりすることで発見できる
ものがある。

価値観が全く違う相手。
人生を掘り下げ受けとめていく中で
深いところで共感しわかりあえる
ときがある。

今こそ、求められるのは根っこ力。

溢れる情報、溢れる出来事、溢れる出会い。
激動の時代にのまれることなく
本来の自分に立ち戻り
日々の出来事を深く深く掘り下げる力。

あなたが経験する日常の中にこそ、
人生と社会と未来を拓く知恵が
散りばめられている。

━━大阪会場━━━━━━━━━━━━━━

“根っこ力”が社会を変える

「一新塾体験セミナー&説明会」 
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■大阪会場 日時

4月28日(土)13:00〜15:45【最終回】

会場:「難波市民学習センター」
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
(地図)http://osakademanabu.com/namba/access

テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!」

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

参加費:無料

お申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


【主な内容】

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか? 
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ(志)」と「幹」をつなげる問題解決フレームワーク『6つの箱』とは?
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!


【講師プロフィール】

森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

1964年生まれ。1988年慶應義塾大学卒、積水ハウス(株) に入社。
「都市開発」「まちづくり」の仕事に携わる。
1996年一新塾へ入塾。
1997年政策学校一新塾マネジャーへ。大前研一氏の下で薫陶を受ける。
2002年一新塾のNPO化に伴い、代表理事・事務局長就任。
21年で約5000名の塾生の“志を生きる挑戦”に立ち会い、人生の転機での相談役。
これまでに1000を超える「政策提言」「社会起業」「市民プロジェクト」をインキュベート。
誰もが、いつでも、どこでも、市民を生きられる『志を生きる方程式』のメソッドを確立。
年間100の講座と700回の個別コンサルティングを行う。入塾前の体験講座として、
一新塾体験セミナーも担当。これまで、全国で千回開催、1万人が受講。
市民起点の新しい国づくり、地域づくりの支援に全国を日々奔走している。

著書に『人生と社会を変える根っこ力』(一藝社)、『根っこ力が社会を変える』
(ぎょうせい)、共著に『一新力』(文屋)、『今のニッポンを変えろ!』など。

社会が変わっても
人々の志が埋もれたままでは
意味がない。

たとえ新しい組織が
生まれても、
たとえ新しいコミュニティが
生まれても、

一部の限られた人だけが
志を生きるのも違う。

すべての人たちが
志を生きるのでなければ、
社会を変える意味がない。

━東京会場━━━━━━━━━━━━━━
 
“根っこ力”が社会を変える
   
「一新塾体験セミナー&説明会」 
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■東京会場 日時

2018年4月21日(土)15:00〜17:45
2018年4月25日(水)19;30〜21:45 
2018年5月 2日(水)19:30〜21:45
2018年5月 6日(日)15:00〜17:45 

※現時点で決定しているスケジュールです。
ご都合あわない方はこの先も予定しています。

会場:一新塾教室
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)http://isshinjuku.com/map.html

テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!」

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

参加費:無料

お申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

【主な内容】

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか? 
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ(志)」と「幹」をつなげる問題解決フレームワーク『6つの箱』とは?
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!


【講師プロフィール】

森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

1964年生まれ。1988年慶應義塾大学卒、積水ハウス(株) に入社。
「都市開発」「まちづくり」の仕事に携わる。
1996年一新塾へ入塾。
1997年政策学校一新塾マネジャーへ。大前研一氏の下で薫陶を受ける。
2002年一新塾のNPO化に伴い、代表理事・事務局長就任。
21年で約5000名の塾生の“志を生きる挑戦”に立ち会い、人生の転機での相談役。
これまでに1000を超える「政策提言」「社会起業」「市民プロジェクト」をインキュベート。
誰もが、いつでも、どこでも、市民を生きられる『志を生きる方程式』のメソッドを確立。
年間100の講座と700回の個別コンサルティングを行う。入塾前の体験講座として、
一新塾体験セミナーも担当。これまで、全国で千回開催、1万人が受講。
市民起点の新しい国づくり、地域づくりの支援に全国を日々奔走している。

著書に『人生と社会を変える根っこ力』(一藝社)、『根っこ力が社会を変える』
(ぎょうせい)、共著に『一新力』(文屋)、『今のニッポンを変えろ!』など。