「21世紀、私たちは、豊かさの指標 をどう生み出し、どうコミュニティを創造していくのか?」

11月4日は、43期入塾式・42期中間発表・41期卒塾式を行いました。
これまでに一新塾に入塾された方は5200名を超えました。

一新塾の場では、多様な講師や塾生の価値観に触れる機会が溢れています。その中で、自分だからこその土俵づくり、自分だからこその哲学を構築していきます。

基調講演では、共同代表の青山貞一さんに「21世紀、私たちは、豊かさの指標をどう生み出し、どうコミュニティを創造していくのか?」をテーマにご講義いただきました。

国や自治体に政策提言し続けている青山さんだからこその視点。国や自治体や企業の立場ではなく、現場からの身近な市民相互によるシェア活動。そして、自らのミッション、ビジョンで社会変革に挑む主体的市民としての生き方とは何か、全員で向き合う機会となりました。

また、スコットランド、バガン、上勝町の事例を通じて、「哲学が浸透したコミュニティ」とそれを支える「自立した市民」の存在の重要性を実感しました。これから、私たちがプロジェクトを通じてコミュニティ創造に挑む際のヒントをいただきました。

その後は、41期(卒塾)、42期(中間発表)の一新塾生チームが日々、現場主義で奮闘しているプロジェクト活動の奮闘をプレゼンテーション。

「この社会をこう変える!」との社会変革への決意と、自らの人生の根っこを掘り下げ、旧い自分に亀裂を入れて、現場主義で一歩踏み出した実体験を語っていただきました。

プロジェクト活動は、試行錯誤の連続です。ビジョンは大きくアクションは小さく。ビジョンに向かって、現場主義で小さく刻んで、PLAN→DO→SEEを回しながら、試行錯誤しながら、自らの根っこを掘り下げ、社会変革への道が浮き彫りになってゆきます。道なきところにどんな道が拓かれていくのか、本当にワクワクします!

一新塾24周年

【一新塾 24周年 2018.10.26】

 

おかげさまで、本日で一新塾24周年となりました!

社会変革はいつも市民の純粋な思いから!

 

これまで、一新塾を支えてくださった講師の方、塾生の方、ご縁のあったすべての方に心より感謝申し上げます。

混迷と激動の世界・社会にあって、何よりも大切なのは一人一人の志とゼロベースで描く理想の社会ビジョンです。これからも、志を生きる主体的な市民を育む学校として邁進してまいります。あらためて一新塾創設からの理念をご覧いただければ嬉しいです。
http://www.isshinjuku.com/about/principles.html

 

11月4日には第43期が東京から開講。その後、大阪、名古屋、仙台、と開講いたします。毎期、全国から100名の方が「志を生き社会を変える」ことを目指して一新塾にご入塾されています。社会の課題を共に解決し、理想の社会に向かって一歩でも二歩でもそれぞれのミッションを存分に生き、協働することで実現してまいりたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

【一新塾最新刊「人生と社会を変える根っこ力 政策提言・社会起業・市民活動」】45人の志を生きる市民の知恵が学べます。
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html


「大前研一政策研究」講義

昨日は、「大前研一政策研究」講義を私が担当させていただきました。

 

ゼロベースで社会ビジョンを描くとはどういうことか?
そのための戦略はどう着想すればいいのか?
大前流政策提言手法のエッセンスに触れました。

 

「いい国つくろう!」を提唱し、平成維新の会を立ち上げ、一新塾を創設するまでの歴史。壁にぶつかっては自らを砕き、社会変革のチャレンジに挑み続けてこられた大前氏。直面する難問に、問題の構造をどう解き明かし、どのように政策提言してきたのか。そして、私たちは、その問題に対してどう考え、行動していくのか。問題を自分自身にとことん引きつけるワークショップを行いました。

 

このような気づきの言葉をいただきました。

 

●言い切ることが大切
●ビジョンは繰り返し語り続ける
●やりたいことを実現するために分析を使う
●質問力がプロジェクトを推進させる
●道州制の政策の本旨がわかった

 

今回は、41期生にとっては一新塾教室での最後の講義。
42期生にとっては半年を経ての折り返しの節目。
それでは、卒塾発表、中間発表、頑張りましょう!

 

 

■誰もが志を生きられる一新塾(2018年11月4日開講)

体験セミナー&説明会は残りわずか!

10月27日(土)15:00〜17:45【最終回】

ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/


一新塾講師に、前松阪市長であり在宅診療の医師である山中光茂氏!

今回は、前松阪市長であり在宅診療の医師である山中光茂氏にお越しいただき『現場の幸せや痛みに寄り添う』をテーマにご講義いただきました。


山中氏は、2009年、33歳で松阪市長に就任してから一貫して、とことん『市民分権』を進めました。

 

一つは、「シンポジウム・システム」。

毎週土曜や日曜に市長自ら参加しての開催。
これによって、反映することが難しかった市民の意見を汲み取るしくみが生まれました。

 

もう一つは、「住民協議会」。

小学校区単位の小さな組織で、若い人から高齢者まで誰でも参加でき、魅力的なアイデアが生まれます。
住民もどんどん主体的な市民になってゆきます。

 

そして、市長退任後は、訪問診療・在宅医療の医師として、「現場の幸せや痛みに寄り添う」生き方を貫かれています。
この10月には、「しろひげ在宅診療所」を開設。

 

他者の幸せや痛みに寄り添われる、その深さ、その広さ、に改めて驚かされました。
それによって、どれだけ一人ひとりの人生に豊かさがもたらされ可能性が引き出されるか。
アフリカでの医師⇒市長⇒在宅医療、ステージを変えても一貫されていらっしゃる山中さんだからこその生き方に感銘を受けました。

 

 

■誰もが志を生きられる一新塾(2018年11月4日開講)

体験セミナー&説明会は残りわずか!

10月24日(水)19:30〜21:45

10月27日(土)15:00〜17:45

ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/

 


広報戦略講座&蒲田現場視察講座。一新塾OG&理事の菊地真紀子さんの「キネマフューチャーセンター」で開催!

10月4日は、「第41期 広報戦略講座&コンサルテーション」現場視察講座です。
一新塾OG&理事の菊地真紀子さんが地域変革に挑まれている大田区蒲田の「キネマフューチャーセンター」での開催です。

 

菊地さんは、2007年、一新塾21期に入塾。インテリアやアロマの会社経営をされておりましたが、大田区の現場に飛び込むきっかけは、一新塾で立ち上げた「地域の中で多様な人たちがシェアしあい子供たちの居場所を支える」プロジェクト。

 

卒塾後、まず着手されたのが、地域密着型広報代理店として、合同会社VALNを設立。
「大田区のものづくりの企業」と「出産・子育てのためにキャリアを断念せざるを得ない女性たち」、これら価値ある地域資源を活用し地域の問題解決に挑戦。


次に、NPO法人ワップフィルム理事として、大田区で市民参加型の地域映画「商店街な人」「未来シャッター」を制作。

 

さらに、蒲田の「キネマ通り商店街」の空き店舗を活用して「フューチャーセンター」を設立。

コミュニティカフェ、コワーキングスペース機能も兼ね備え、「多様な人が集うまちのにぎわい創出」。

「子ども食堂」も開設。

 

今回のテーマは、「広報戦略」「コミュニティビルディング」。
自分たちのミッション、ビジョンを存分に発信し、共感を広げ、
人を巻き込んでいくための戦略を磨いていく機会となりました。

 

●菊地さん執筆の「一新塾ニュース」→ http://www.isshinjuku.com/mailmagazine/news/kn_130403.html
●キネマフューチャーセンターホームページ → http://kinemafc2013.wix.com/kinemafuturecenter#

 

 

■誰もが志を生きる一新塾(2018年11月4日開講)

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会開催中!

ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/

 

 


9月27日のOBOGコンサルティングコース講座

9月27日に行われたOBOGコンサルティングコース講座。
アドバイザーは、卒塾生の河内智之さんと中村淑代さんと坂田静子さんです。
先輩の現場での奮闘、壁にぶつかっても何度も乗り越え、志を貫いている姿に、参加者一同、たくさんの勇気をいただきました!

 

●河内智之さんは、銀行員⇒青年海外協力隊⇒法律事務所⇒塾講師などを経て一新塾第27期に入塾。「理想の学校を創ろうプロジェクト」立上げ。2014年2月にはNPO法人未来をつかむスタディーズを設立。
http://www.mirasuta.net/index.html
中学校・高校を中心にキャリア教育、グローバル教育を推進。これまでに約60校、600コマ、さまざまな新しい授業に挑戦しています。

 

●中村淑代さんは、NPO法人らぷらんど( https://www.rapland.org/ )の代表として、「就労継続支援A型事業所」「自立訓練(生活訓練)」「児童発達支援・放課後等デイサービス」を運営されています。一新塾第34期では、多忙の合間を縫って、熊本から飛行機で東京の一新塾教室まで通っていただきました。卒塾後、熊本に加え、東京でも「らぷらんど調布」を開設されました。

 

●坂田静子さんは、墨田区の福祉保健部長の時に一新塾第16期で入塾されました。団塊世代が地域で輝く「ハッピーセカンドライフ」プロジェクトを立ち上げ。区役所退職後、国際ファッションセンター株式会社常務取締役、現在、東京東信用金庫で
中小企業支援に関わり墨田区の発展にご尽力されています。墨田区内の中学生が東京スカイツリーのおみやげを考案、地元の企業が製品化するコンテストを手掛けたり、『すみだ六次化支援ネット』( https://sumida6.or.jp/ )の理事としても活躍。
自治体への政策提言、行政との協働、産業振興や福祉など後押しいただいています。

 

 

■新しい時代を拓く一新塾(2018年11月4日開講)

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会開催中!

ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/


一新塾講師に、石坂産業株式会社の石坂典子氏(代表取締役社長)

先週は、埼玉県入間郡三芳町の石坂産業株式会社に訪問させていただき、代表取締役の石坂典子氏にご講義いただきました。


大量生産・大量消費が当たり前だった1967年、先代の石坂好男氏が「いずれゴミを捨てる時代は終わる」と創業した「石坂産業」。所沢で産業廃棄物の処理を行ってきましたが、存続の危機にあった会社を、石坂典子氏は父親から受け継ぎ、改革に乗り出します。

 

「廃棄物を処理する」から「リサイクル製造業」へ。97%減量化・リサイクルを実現。本社の隣に里山を保全する公園を作り上げ、地元から必要ないと言われた企業を、現在では、地域の誇り、国内外から30,000名が訪れる企業に変革されました。

 

人と自然と技術の共生。50年後、100年後を見据えた、スケールの大きなビジョンに圧倒されました。全天候型リサイクルプラント。環境教育の拠点の里山、一企業の枠を超えて社会インフラを創造です。見せる化方式の経営。多くの方々に見ていただくことで、社員も同業者も地域の人たちも変わっていくお話に感動いたしました。

 

講義終了後は、参加者一同、リサイクル工場とくぬぎの森を見学させていただき、たくさんの気づきをいただきました。

 

 

■新しい時代を拓く一新塾(2018年11月4日開講)

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会開催中!

ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/

 

 


東京・大阪・名古屋で今週も体験セミナー

\\東京・大阪・名古屋で今週も体験セミナー//

 

11月4日開講に向けての一新塾体験セミナー&説明会、今週末「大阪」(9/29)・「名古屋」(9/30)は最終回です!

23年間「もやもやを志に転換!」とチャレンジしてきた塾生が5100人。「社会起業」「政策提言」「働きながら市民活動」で新しい社会を創造する志とビジョンがつながった方法論が生まれています。まずは、体験、体験。ぜひご参加ください!今なら東京・大阪・名古屋で開催中。

 

【塾生募集】体験セミナー&説明会!11月開講
東京 9/26,10/3,6,10,13(水・土)
大阪 9/29 【最終回】
名古屋 9/30【最終回】
※仙台・通信ご検討の方は直接お問い合わせください。

 

ご予約 http://www.isshinjuku.com

 


「もやもや」は仲間がいれば、自分軸の発見に!(30代男性 会社員)

【一新塾生のコメント紹介!】(30代男性 会社員)

 

入塾の動機は、「自分軸・志の発見」です。もやもやをはっきりさせたいと思って入りました。そして自己一致したかった。入ってみたら、同じように思って入った塾生がたくさんいました。

入塾式で先輩のプレゼンテーションを聞き、本当に今の自分のように「もやもや」だった人が一年後にはこんなに変われるんだとわかりました。チームを立ち上げられたのは先輩の後押しがあったからです。

思えば、入塾して2ケ月目の研修合宿が大きかった。もやもやのままでも、ありのままの自分をさらけ出し、仲間にも全力を注ごうと参加したら、「誰もが社会をよくしたいという想いを持っている」ことを実感でき、多様性(融合)から生まれる価値の素晴らしさを知ることができました。行動する勇気をいただいてチームを立ち上げ活動をしたら、会社でも評価があがり、プロジェクトリーダーに抜擢されました。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾(2018年11月4日開講)

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会開催中!

ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/


一新塾第43期講師陣のご紹介 〜社会を変えるロールモデルの講師陣〜

時代の転換点、従来のシステムが限界を露呈する中、
今ほど「根っこ」が求められる時代はありません。

「根っこ」さえしっかりしていれば、
どんな嵐が来ても耐えることができます。

「根っこ」は、肩書や経歴とは違います。
自分自身の奥底にある揺るがぬ重心です。

自らの人生の羅針盤であり、
自ら描く社会ビジョンの羅針盤です。

「根っこ力」によって、
どれだけ人生が拓かれるのか?
どれだけ社会に拓けをもたらすのか?

一新塾第43期(2018年11月4日開講)では、
根っこ力で社会変革に挑んでいる先駆者の
講師陣に学ばせて頂きます。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

一新塾第43期講師陣のご紹介
〜社会を変えるロールモデルの講師陣〜

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
                    (テーマ毎にアイウエオ順)

【環境】

●青山貞一氏(一新塾代表理事・環境総合研究所顧問・東京都市大学名誉教授)
「主体的市民の実践モデル」
「政策提言・社会起業コンサルテーション+社会問題解決講義」

●飯島博氏 (NPO法人アサザ基金代表理事)
「霞ヶ浦再生〜よき出会いの連鎖がつくる市民型公共事業」

●藤村靖之氏(非電化工房主宰・日本大学工学部客員教授・工学博士)
「発明と非電化で社会を変えるローカルアントレプレナー」


【外交・安保】

●伊勢崎賢治氏(東京外国語大学大学院教授)
「主権なき平和国家〜紛争屋が見た世界」

●金美齢氏(JET日本語学校 名誉理事長)
「凛とした生き方が社会を変える〜2つの祖国を持って」


【地方自治】

●秋山浩保氏(柏市長・一新塾OB)
「選ばれる街〜主体的市民の底力」

●北川正恭氏(元三重県知事・早稲田大学マニフェスト研究所顧問)
「生活者起点!地方議会から日本を変える」

●久保田后子氏(宇部市長・一新塾OG)
「女性市長が地域を変える〜市民と語る、考える、動く」

●熊谷俊人氏(千葉市長・一新塾OB)
「市政こそが政治の原点〜街の鼓動を感じて生きる!」

●桜井勝延氏(前南相馬市長)
「市民と共に現場から南相馬の復興に挑む」

●菅原文仁氏(戸田市長・一新塾OB)
「動かそう戸田〜つくる・まもる・つなぐ」

●一新塾OBOGの地方議員
「一新塾OBOG議員と語ろう!」


【社会課題】

●清水康之氏(NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表)
「自殺対策を社会全体で推進する」

●湯浅誠氏(社会活動家・法政大学教授)
「たらいの穴をふさぐには〜地域づくりとしての貧困対策」

●一新塾OBOGの社会起業家
「一新塾OBOG社会起業家と語ろう!」


【まちづくり】

●市来広一郎氏(NPO法人atamista代表理事・株式会社machimori代表取締役・一新塾OB)
「熱海・現場視察講座〜たった一人からでも社会は変わる」

●菊地真紀子氏(一新塾理事・合同会社VALN 代表・一新塾OG)
「蒲田現場視察講座&広報戦略講座&コンサルテーション」
「政策提言・社会起業・市民PJコンサルテーション」(卒塾式)

●深田智之氏(会津東山温泉くつろぎ宿社長・湯瀬温泉せせらぎ宿社長・一新塾OB)
「事業再生は街づくり・人づくり〜地域資源を磨き上げる」

●前澤哲爾氏(一新塾理事・山梨県立大学名誉教授・一新塾OB)
「脱皮人生で社会を変える〜日本にフィルムコミッションができるまで」
「政策提言・社会起業・市民PJコンサルテーション」(卒塾式)

●藻谷浩介氏((株)日本総合研究所 調査部 主席研究員)
「里山資本主義〜『次世代再生力』でみる日本」


【農業】

●小島希世子氏(株式会社えと菜園代表・NPO農スクール代表)
「ホームレス農園〜土が人を育てる畑の学校」

●宮治勇輔氏((株)みやじ豚社長・NPO法人農家のこせがれネットワーク代表・一新塾OB)
「一次産業を、かっこよくて・感動があって・稼げる3K産業に〜家業イノベーション」


【医療・福祉】

●伊藤紀幸氏(一般社団法人AOH会長)
「夢みるチョコレート工房〜障がい者たちに働く喜びを」

●雄谷良成氏 (社会福祉法人佛子園理事長)
「世代も障がいの有無も超えたごちゃまぜのコミュニティづくり」

●武藤真祐氏(医療法人社団鉄祐会理事長・医師・一新塾OB)
「在宅医療の現場から創る、希望ある超高齢社会」


【グローバル】

●加藤智久氏(株式会社レアジョブ創業者・Tuitt.Inc 創業者・一新塾OB)
「連続起業家〜自らレールを敷く人生」


【ものづくり】

●鮫島正洋氏(弁護士・弁理士・一新塾OB)
「下町ロケット!知財戦略・技術法務によって日本の競争力を上げる」

●山田敏夫氏(ライフスタイルアクセント株式会社代表取締役)
「メイドインジャパンを世界へ!工場直結ファッションブランド・ファクトリエ」


【市民の方法論】

●森嶋伸夫 (一新塾代表理事・事務局長)
「主体的市民入門講座」
「ミッション探究ワークショップ」
「社会変革ムーブメントの方法論」
「『根っこ』と『幹』をつなげるフレームワーク『6つの箱』」
「リーダーシップとメンバーシップ〜『タテ軸・ヨコ軸羅針盤』」
「連鎖するプレゼンテーション講座」
「大前研一政策研究〜道州制に向けての政策提言」
「組織マネジメント講座」
「マーケティングの手法」
「事業収支計画立案講座」
「ファシリテーションの技術」
「事業計画力養成ワークショップ」
「政策立案力養成ワークショップ」
「ビジョンメイキング&プロジェクト設計」ほか


◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

東京・大阪・名古屋
「一新塾 体験セミナー&説明会」
https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

一新塾第43期が、2018年11月4日に開講します。
体験セミナー&説明会のご予約を受付中です!

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●500人の講師から伝授された知恵とは?
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ(志)」と「幹」をつなげる問題解決フレームワーク『6つの箱』の極意
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)
テーマ:「人生と社会を変える“根っこ力”!」
参加費:無料
申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

----------------------------------
【東京本科 体験セミナー&説明会】
----------------------------------

日時:
2018年9月15日(土)15:00〜17:45
2018年9月19日(水)19:30〜21:45
2018年9月22日(土)15:00〜17:45
2018年9月26日(水)19:30〜21:45

会場:一新塾セミナールーム
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)https://isshinjuku.com/map.html

------------------------------------
【大阪地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------
日時:2018年9月29日(土)13:00〜15:45【最終回】
会場:難波市民学習センター
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
(地図)http://osakademanabu.com/namba/access

--------------------------------------
【名古屋地域科 体験セミナー&説明会】
--------------------------------------
日時:2018年9月30日(日)13:00〜15:45【最終回】
会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html


【講師プロフィール】
森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)
1964年生まれ。1988年慶應義塾大学卒、積水ハウス(株) に入社。
「都市開発」「まちづくり」の仕事に携わる。
1996年一新塾へ入塾。
1997年政策学校一新塾マネジャーへ。大前研一氏の下で薫陶を受ける。
2002年一新塾のNPO化に伴い、代表理事・事務局長就任。
22年で約5000名の塾生の“志を生きる挑戦”に立ち会い、人生の転機での相談役。
これまでに1100を超える「政策提言」「社会起業」「市民プロジェクト」をインキュベート。
誰もが、いつでも、どこでも、市民を生きられる『志を生きる方程式』のメソッドを確立。
年間100の講座と700回の個別コンサルティングを行う。入塾前の体験の機会として
「一新塾体験セミナー」も担当。これまで、全国で1100回開催、11000名が受講。
市民起点の新しい国づくり、地域づくりの支援に全国を日々奔走している。

著書に『人生と社会を変える根っこ力』(一藝社)、『根っこ力が社会を変える』
(ぎょうせい)、共著に『一新力』(文屋)、『今のニッポンを変えろ!』など。
 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM