週末は、一新塾仙台地域科講座。2012年に誕生してから、これまでに東北では120名を超える塾生の方々に入塾いただきました。311以降の復興や地域創生に向けて、ミッション基軸でのプロジェクトも続々と生まれています。新産業と雇用創出のためのワイナリー起業、旅館の経営を通じたまちづくり、持続可能な自然エネルギー事業への挑戦、他にも多様なテーマ。また、議員として市政変革に挑む方も増えてきました。講座では、自らの使命を鮮明に、徹底的に対象者に応えるためのスキームの再点検とキーマン・キー組織の巻き込み戦略、イベントプランニングなど、同志との対話で掘り下げ合いました!

 

 

■一新塾「体験セミナー&説明会」予定 11月10日開講

東京   9月は水曜と土曜に開催中
仙台   9/8(日)最終回
大阪   9/28(土)最終回
名古屋  9/29(日)最終回

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/

仙台、東北の皆様、

明日9月8日は午後1時から一新塾の無料体験セミナーです!

仙台は1回しか体験セミナーが開催できず、後から知った方がわざわざ東京まで来てくださることがあります。

なので、最後の東北の方への呼びかけをさせてください。

 

一新塾は震災の翌年から仙台地域科を始めさせていただきました。これまで仙台地域科で学ばれた方は120人。学ぶ中で「志」を発見され、起業されたり、新しい市民プロジェクトを生み出されたり、政治の道に歩み始められている方など多様な方がいらっしゃいます。一新塾は、塾生同士の関係がとてもフラットで一市民としてお互いの「志」を受け止めあいながら、学びあう場です。

 

11月10日開講に向けての説明会は1回のみです。
ぜひご参加ください。

一新塾ホームページよりご予約下さい。

https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

■体験セミナー&説明会 内容

◎なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
◎人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
◎創設から25年、社会変革のトップランナーから伝授された知恵とは?
◎ゼロベースでビジョンを描くには?
◎仲間と協働し、現場主義を生きる方法
◎20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
◎「根っこ」と「幹」をつなげる問題解決フレームワーク『6つの箱』
◎「社会起業」「政策提言」「市民プロジェクト」で社会を変える方法論
◎志のコミュニティから生まれた塾生のプロジェクト!
 ( 社会起業家270名 ・ 政治家196名 ・ 働きながら市民活動 1200以上誕生 )

 

■一新塾「体験セミナー&説明会」予定 11月10日開講

東京   9月は水曜と土曜に開催中
仙台   9/8(日)最終回
大阪   9/28(土)最終回
名古屋  9/29(日)最終回

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/

 

社会起業 政策提言 市民活動  セミナー 塾生募集 第2の人生 大前研一 東京 大阪 名古屋 仙台

昨日はショコラボ・グループ代表の伊藤紀幸さんを一新塾にお迎えしました。
テーマは『夢みるチョコレート工房〜障がい者たちに働く喜びを』です。

 

横浜にあるオシャレなチョコレート菓子工房「ショコラボ」。設立から7年です。
プロのショコラティエの指導の下、障がい者が美味しいスイーツを作っています。
目指すのは、現実マーケットを意識しつつ、健常者と障がい者が共生・共働してつくる商品です。

 

今年は、カカオ豆から手作りしたチョコレート菓子と飲物を販売する「ショコラ房」もオープンしました。
 

「本当にやりたいことを不退転の覚悟で決意をする」
昨日のお話では、「決意する」とはどういうことか、伊藤さんの人生を通じて紡ぎ出されたお知恵をしっかり刻ませていただきました。


また、これまで作ったこともない、販路もない、チョコレート工房を始める際も、誠実に、正直に、義理を欠かさず、「他人の力を借りる力を自分につける」ことで道を拓かれたこと、とても響きました。

 

伊藤さんが息子さんのお父さんであるだけでなく、みんなのお父さんとして、大きな家(工房)で、一人一人の可能性を大切に育まれていらっしゃることに胸が熱くなりました。

 

 

今週は、一新塾講師として北川正恭氏(元三重県知事、早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所顧問)にご講義いただきました。テーマは、「生活者起点!地方議会から日本を変える」です。

 

人生の歩みを通じて、政治家として生きるとはどういうことか、最初の衆院選への挑戦で467回の語る会の開催で空気を一変させたこと。政治改革で与野党でやりあった時に壁がなくなったと感じられた体験も響きました。

 

そして、1995年の地方分権推進法の年に三重県知事に就任され、徹底的なダイアログ(対話)で、官官接待を断ち、情報公開の徹底、地方分権を加速し、生活者起点の改革に邁進されたこと。県庁に事業評価(PDCA)を導入し、政治にもDCAを導入しようと、マニフェストを日本の政治に根付かせた北川先生の社会変革者の姿勢に感銘を受けました。

 

時代の岐路に立ち、考え方の基本哲学を磨き、徹底的に対話し、マニフェストを武器に社会にぶつかっていくことの意義を刻ませていただきました。

 

ミクロの“ゆらぎ”がマクロを制するが如く「一点突破全面展開」でムーブメントを巻き起こし続けている北川氏の生き方から学ばせていただきました。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」開催中!
●東京 9/4(水),7(土),11(水),14(土),18(水),21(土)
●大阪 9/28(土)
●名古屋 9/29(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/

昨日の講義には、

一新塾講師の飯島博氏(NPO法人アサザ基金代表理事)をお迎えいたしました。講義テーマは『霞ヶ浦再生〜よき出会いの連鎖がつくる市民型公共事業』です。

 

飯島さんが取り組まれた「アサザ・プロジェクト」は、

霞ヶ浦再生に向け、市民型公共事業として、
のべ30万人もの市民が参加し、170を超える小学校、

企業も森林組合も自治体も国交省も、みな、開くことで、

つながっていく壮大な社会実験となりました。

 

一新塾での講義は2004年から今回が16回目となります。

 

何度お聞きしても、飯島さんの突き抜けたビジョンと

哲学の深さには圧倒されます。


そして、

この哲学が貫かれた事業を、大人と子どもが協働して

霞ヶ浦に生み出し、そのモデルが全国各地に連鎖し、

社会変革の波を起こしています。

 

ひらめきは考えても出てこない。

自分を場としていろんな人と出会って、

よき出会いの連鎖。

 

考えるのではなく、感じること。

膜になって、境界に立って、

よく聞く、感じる、自分が変わる、表現する。


そして、まちづくりは、

子どもたちに助けてもらわないとダメ、

大人だけでやっちゃダメ、ハッとさせられました。

 

描いた哲学、理念を具現化する知恵とともに、

あらゆる領域のプロジェクトに応用可能な知恵の

エッセンスを学ばせていただきました。

 

 

■NPO法人アサザ基金

http://www.asaza.jp/

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」予約受付中!
●東京 8/24(土),28(水),9/4(水),7(土),11(水),14(土)
●大阪 8/31(土),9/28(土)
●名古屋 9/1(日),9/29(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/

 

水曜日は『タテ軸ヨコ軸羅針盤』講座。
社会を変えるプロジェクト戦略を学ぶ講座でした。

 

一新塾の先輩方が、政策提言、社会起業、市民プロジェクト、
さまざまなフィールドで奮闘し、試行錯誤した中から生まれた
一新塾の独自の方法論です。

 

大転換時代。これまで埋もれていた価値観が顕在化する時代。
従来の常識は覆され、本当に大切なものにスポットライトが当たります。
だからこそ、皆さんが新しいプロジェクトで本当に大切なものを顕在化させることを大いに期待しております。

 

参加者の皆さんからの気づきです。

 

◎タテ⇒ヨコ⇒タテ⇒ヨコ、交互に繰り返す
◎プロジェクトを進める具体的イメージができた
◎人のマネジメントと信頼獲得の方法
◎最初はリーダーがファシリテーターを担う
◎業界の癖を知る
◎賛同する人しかメンバーにしない
◎ビジョン実現のキーマンリストを作る
◎志に関わらないことは捨てる
◎組織人と個人の二つの顔。個人の顔で勝負する

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」予約受付中!
●東京 8/21(水),24(土),28(水),9/4(水),7(土)
●大阪 8/31(土)
●名古屋 9/1(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/

週末は京都での地域科特訓合宿。
参加者全員で、人生の根っこを掘り下げ合い、
ミッション・ビジョンを研ぎ澄まし、プロジェクトの戦略を描くところまで
打ち込んでいただきました。自分だからこそ、果たすべき使命は何であるのか、
じっくりアクセスいただきました。

 

プロジェクトは、単なるプランではなく、みなさんの生きてきた人生が丸ごと
詰まっているのだと実感させていただきました。

 

社会創造の鍵は自己変革にあり。
プロジェクトのプランを磨くより、
旧い自分のタコツボに亀裂を入れること。
人生の必然を鮮明に掴むこと。

 

参加者のみなさんからの感想の一部です。

 

◎ユーザーの声を始めに調査すること
◎ぼやっと考えていたことが明確になってきた。
◎自分の人生を真剣に生きる同志に刺激を受けた
◎自らのプロジェクトの選択肢が増えた
◎合宿に参加し、格段に前向きになれた
◎考えるより行動が大事
◎覚悟を決めた行動は人を動かす
◎「できる・できない」でなく「やるか・やらないか」

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」予約受付中!
●東京 8/21(水),24(土),28(水),9/4(水),7(土)
●大阪 8/31(土)
●名古屋 9/1(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/

 

先週のOBOGコンサルティングコース(卒塾生向け継続受講コース)にお越しいただいた3名のアドバイザーをご紹介させていただきます!9名の塾生がプレゼンし、現場主義での実践的なアドバイスで大きく後押しいただきました。

 

■児島秀樹さん(グッドモーニング仙川!プロジェクト代表・一新塾34期)
児島さんは多忙なビジネスマン。仙川町にマイホームを購入したにも関わらず家と会社の往復だけ、地域とのつながりが持てません。一新塾入塾後、一大奮起して、毎朝5時半起きで、ゴミ拾いをスタート!毎日欠かさず続けることで、地域の方々も一緒にゴミを拾ってくれるようになりました。活動は、「ゴミ拾い」から「緑化活動」そして「みつばちプロジェクト」へと進化しています。
◎グッドモーニング仙川!プロジェクトHP https://gmsengawa.com/

 

■元田宇亮さん(READYFOR株式会社取締役CFO・一新塾33期)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資銀行本部に入社し、IPO案件やM&A等の資本政策提案業務に従事。2013年11月に一新塾33期に入塾。2015年9月よりREADYFORに参画し、コーポレート部門全体の統轄と一部事業開発を担当されています。元田さんには、自己紹介とともに、クラウドファンディングについてのミニレクチャーもしていただきました。企業が一定比率の資金を上乗せする、マッチングギフトも、新たに始まるそうです!
◎READYFOR会社概要 https://readyfor.jp/corp#info

 

■林冬彦さん(戸田市議会議員・WEBプランナー・平成維新の会スタッフ・元一新塾理事)
社会心理学をベースに、WEBビジネスコンサルティング、インターネットを活用した感性マーケティング、まちづくりのアドバイザーとして各地を飛び回ってこられました。また、「平成維新の会」の活動の中で一新塾立ち上げにも参画。戸田市に住むようになってからは、毎日、ブログで戸田市の人と人、人と街がつながる情報発信されています。2017年1月からは戸田市議会議員として奮闘されています。
◎ブログ「戸田市に住むと楽しいな!」 http://blog.todakouen.jp/

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」予約受付中!
●東京 8/17(土),21(水),24(土),28(水)
●大阪 8/31(土)
●名古屋 9/1(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/

 

昨日は東京本科にて、一新塾独自の志を生きるメソッドの中心となる問題解決フレームワーク「6つの箱」の講義を行いました。

 

この場では、1994年から5000人が志を生きるプロジェクト活動をしてきた中で、誰もが体得できる志を生きる技術(メソッド)が生まれ、塾生にその知恵と方法論を伝授させていただいています。その基本となるのが「根っこと幹をつなげるフレームワーク6つの箱」です。研修合宿では入口をお伝えし、今回はプロジェクト全体を網羅する方法論としてお伝え致しました。

 

『根っこ』とは、その方のもともとの志。様々な条件が変化しても揺るがないものです。『幹』は、プロジェクトの様々な形です。根っこがなくても、プロジェクトの形だけが先行することはよくあることですが、一新塾では、その方の志だからこそのプロジェクトが生まれる事、それによって本当にその方が願う新しい社会が生まれることを目指すことに一番の重心を置いています。そのための技術です。

 

プロジェクトは「社会起業」「政策提言」「市民活動」が折り重なるように生まれてゆきます。人もお金もコミュニティも動き続けます。常に志とプロジェクトがずれていないか、ビジョンも点検しながら進めてゆく道は、誰もが体得できるものです。

 

 

【一新塾「体験セミナー&説明会」参加募集】
●東京 8/14(水),17(土),21(水),24(土)
●大阪 8/31(土)
●名古屋 9/1(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/

先週は宇部市長で一新塾OGでもある久保田后子氏をお迎えし、「女性市長が地域を変える〜市民と語る、考える、動く」のテーマでご講義いただきました。2009年6月に山口県内で初の女性市長となった久保田后子氏。爽やかで明るく、尽きぬ「宇部」への情熱を感じさせるエネルギーに圧倒されました。


子どもを育てながら、市議、県議を経て市長としては現在3期目。苦難多き政治の世界で市民を第一とする志を曲げることなく、信念を貫かれ闘い続けてこられた歩みに心揺さぶられました。

 

宇部市は「世界一灰の降るまち」と言われたところから、危機感を感じて草の根でアートを生み出し、人の心を復興させていった歴史があり、街は花と彫刻であふれています。こうした歩みがあってこその「産業」と「緑」と「アート」の調和する、宇部だからこそのまちづくりがありました。

 

現在は、人口減少や少子高齢化を見据えた、安定した雇用、新しい人の流れ、若い世代の結婚・出産・子育て、地域資源活用、スタートアップの支援の充実も力を入れています。

 

久保田氏の活動の原点は「保育園のおやつを添加物のないものに」など、暮らしの中の素朴な思いを発信する草の根市民活動。一主婦の活動から始まった思いがけない政治への道。宇部に夫がUターンしたことで、ご自身がIターンに。その実体験から、UIJターンの政策も実感を込めて進められています。日々の暮らしを原点にされる徹底した姿勢、市民活動から政治の世界に飛び込まれた久保田市長の生活者視点での揺るがぬ「市民軸」。


講義を聞く塾生も人生の分岐点であったり、次なる飛躍、志を生きる人生を政治で、地域で、UターンIターン等も考えている方も多く、後半は質問尽きぬ展開となりました。「現地、現場、対話」が大切だと何度もおっしゃられ、現場にこそ未来を拓く知恵が溢れていることや、市長が現場での対話をどれだけ大切にされているかが伝わってきました。「切実感」「危機感」の共有こそが未来を拓くことも教えていただきました。

 

最後の塾生へのメッセージは


「まずは始めよう!何か成し遂げたいならば!」

 

長い政治の経験からも深く実感されていること、何かを成すには時間がかかる、だから行動しながら走りながら考えようという私たちへの励ましの言葉をいただきました。

 

 

■【一新塾 45期 塾生募集中】
一新塾は人生と志を受け止めあい、共に社会の問題を解決してゆく一歩を踏み出す知恵と方法論を体得する学校です。東京・大阪・名古屋・仙台・通信で学べます。「社会起業」「政策提言」「市民活動」を自らの志で始めませんか?体験セミナー&説明会に参加しませんか?
https://www.isshinjuku.com/ 

 

■【一新塾書籍】久保田市長も執筆いただいています。
「人生と社会を変える根っこ力〜政策提言・社会起業・市民活動」
https://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html