道を拓いた卒塾生の共通点。
「志を果たす道に身を投じると、なぜだか不思議と必要なタイミングで必要な同志が現れる。そして、それが連鎖する。」

 

社会変革ムーブメントの方法論講座より。

プロジェクトで現場に飛び込むと、
本当はこれを果たしたかったとの切なる願いも
自分のタコツボも輪郭が浮き彫りになる。


志もエゴも可視化されるからこそ、
人生の根っこが掘り下がる。

 

この一年のプロジェクト活動を通じて、
リーダーもメンバーも志を生きる人生が加速!

 

先日のリーダー研修会にて。

昨日はNPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表の清水康之さんをお迎えし「自殺対策を社会全体で推進する」をテーマにご講義いただきました。

 

厚生労働省と警察庁は3月28日、2018年の自殺者(確定値)が2万840人になったと発表しました。9年連続の減少となり、37年ぶりに2万1000人を下回りました。とはいえ、交通事故死者の6倍に余る数の人たちが、この時代に、この社会で、私たちと同じ空気を吸いながら自ら「いのち」を絶っている現状があります。とりわけ、10代の自殺者数は前年より増加しており切実です。

 

講師の清水康之さんは、NHK時代に「お父さん死なないで〜親が自殺遺された子どもたち」の取材を通して自死遺児の子たちと出会います。「落ち度のない子たちがなぜこんなに苦しむのか」。

自らが自殺対策の「つなぎ役」「推進役」を担おう決意し、2004年に自殺対策支援センターライフリンクを設立、10万人の署名を集めて2005年「自殺対策基本法」成立に尽力されました。

 

しかし、法整備だけでは対策は進みません。遺族支援団体を後方支援する全国組織、マスコミと連携しての情報発信、足立区と協定を結んでの自殺対策の都市型モデルづくり、と奮闘。

 

2016年には、改正自殺対策基本法が成立。自殺対策を「生きることの包括的な支援」と新たに位置付けた上で、地方自治体に自殺を防ぐための計画策定を義務付けました。これを推進するために、全国の自治体を奔走されてこられました。

 

▼先月25日に読売新聞(一面トップ)で掲載された記事
http://www.lifelink.or.jp/…/Lib…/190325_yomiuri_topstory.pdf

現在、上記の自殺対策を強化するための新法案の議員立法の実現に向け力を注がれています。法整備へのプロセスに一つひとつ戦略的に関わってゆく必要性をお伝えいただきました。

 

■塾生の皆さんの胸に響いた清水さんのお言葉です。

◎やらずに後悔するよりは、やってみる
◎迷った時は、ワクワクする方へ
◎無批判で接することで深い思いを引き出すこと
◎ネットワークをつなげることは力になる
◎リスクをきちんと考えて話し合っておく
◎自分の決断が正否は、その後の自分の行動が決める

 

清水さんがもし、自殺対策をする決断をされなかったら、今、日本の自殺対策は進んでいなかった。問題に出会った人が問題を解決し始めないと社会は変わらないと思いました。

 

 

【一新塾「体験&説明会」開催中 5月開講】
第二の人生は「志」でチャレンジしませんか?社会を広く学び志を生きる技術を体得できます。
【東 京】 5/2,6,8,11
【大 阪 】4/27(土)
【名古屋】4/28(日)
【仙 台】 5/3(金祝)
ご予約はこちら⇒https://www.isshinjuku.com/

 

平成最後のOBOGコンサルティングコース。
ゲストは、市来広一郎さん(一新塾18期の)と堀田卓哉さん(一新塾27期)。市来さんから『ビジョンをすべてつめ込んだ小さな一歩から始める』。堀田さんから『やり続けることで自分でも思ってもみなかった場所へ巡り着けます』。とのメッセージをいただきました。
現場での奮闘で、地域や業界に道なき道を切り拓いたお二人の知恵で、塾生プロジェクトに拍車がかかりました。

■市来広一郎さん
NPO法人atamista代表理事・株式会社machimori代表取締役・一新塾18・20期OB1979年熱海生まれ熱海育ち。ビジネスコンサルティング会社のサラリーマン時代に一新塾第18期に入塾。生まれ育った熱海の発展のために第18期在籍時に脱サラ起業。2008年にatamistaを設立(2010年NPO法人化)。熱海の魅力を満喫する体験交流型プログラム「熱海温泉玉手箱(オンたま)」をプロデュース、地域の人々と協働して、熱海の魅力を掘り起こし、人を元気にする活動に取り組まれました。次なる挑戦は、シャッター街となっている熱海のまちなかを再生するため、2011年には株式会社machimoriを起業。その第一弾として2012年7月に「CAFE RoCA」をオープン、第二弾として2015年夏には「Guesthouse MARUYA」を、さらに2016年には、コワーキングスペース&シェアオフィス「naedoco」をオープン。熱海の中心市街地のリノベーションまちづくりに取り組まれています。
◎株式会社machimori http://machimori.jp/
◎NPO法人atamista http://atamista.com/
◎著書『熱海の奇跡』 https://www.amazon.co.jp/dp/4492503013

■堀田卓哉さん
(株)Culture Generation Japan代表取締役・一新塾27期・29期OB
「日本文化をロスジェネ世代につなぐ」ことをミッションに、在塾中の2011年9月に株式会社Culture Generation Japanを起業されました。2011年11月からは29期OBOGコンサルティングコースで学びながら事業戦略をブラッシュアップ。2012年には、東京都美術館との協働プロジェクト「Tokyo Crafts & Design」で伝統工芸の職人とデザイナー10組のマッチング、
新商品をプロデュースされました。2016年より、「JAPAN BRAND FESTIVAL」の運営事務局として、組織や立場を超えてジャパンブランドの未来をつくる現代版「楽市・楽座」 づくりに取り組まれています。
◎Culture Generation Japan http://culgene.jp/
◎JAPAN BRAND FESTIVAL    http://www.jbfes.com/

 

 
<一新塾「体験&説明会」開催中 5月開講>
第二の人生は「志」でチャレンジしませんか?社会を広く学び志を生きる技術を体得できます。
【東 京】 4/13,17,20,24,5/2,6,8,11
【大 阪 】4/27(土)
【名古屋】4/28(日)
【仙 台】 5/3(金祝)
ご予約はこちら⇒https://www.isshinjuku.com/

「すべての人は志を生きられる」

志の疼きは、誰もが持っています。
しかし、多忙な日常の中でかき消されてしまったり、
わかっていても一歩踏み出すことに躊躇するうちに
忘れてしまったりします。

まちづくり、子育て、子どもの貧困、虐待、
教育、医療、介護、福祉、ジェンダー、商店街、
シェアリングエコノミー、デジタル革命、
観光・旅館、文化継承、農業、国際協力…。

さまざまな社会のフィールドで、
時代の波にもまれながら、葛藤しながら、
どのように「志のうずき」を掴み、
その実現のためにチャレンジを続けたのか?
0から1をどう創っていったのか?

「一新塾体験セミナー&説明会」では、
人生と社会を変える「志を生きる方程式」を
ご紹介させていただきます。

 

-------------------------------------------------------------
■一新塾第44期 体験セミナー&説明会
-------------------------------------------------------------

テーマ :「人生と社会を変える“根っこ力”!」

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 

主な内容:
●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!

 

-------------
【東京会場】
-------------
日時:
2019年4月17日(水)19:30〜21:45
2019年4月20日(土)15:00〜17:45
2019年4月24日(水)19:30〜21:45
2019年5月2日(木祝)15:00〜17:45

2019年5月6日(月祝)15:00〜17:45

会場:一新塾セミナールーム
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)https://isshinjuku.com/map.html

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


------------
【大阪会場】
------------
日時:
2019年4月27日(土)13:00〜15:45【最終回】

会場:難波市民学習センター
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
(地図)https://osakademanabu.com/namba/access

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

--------------
【名古屋会場】
--------------
日時:
2019年4月28日(日)13:00〜15:45【最終回】

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.htm

------------
【仙台会場】
------------
日時:
2019年5月3日(金祝)13:00〜15:15【最終回】

会場:仙台市戦災復興記念館
(住所)宮城県仙台市青葉区大町2−12−1
(地図)https://www.hm-sendai.jp/sisetu/sensai/access.html
申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

 

昨日は一新塾卒塾生の菊地真紀子さんが運営されている大田区蒲田の「キネマフューチャーセンター」の現場にて広報戦略講座&コンサルテーションの講義でした。

 

菊地さんは2007年11月に一新塾第21期に入塾され、卒塾後、合同会社VALN設立、大田区のものづくり企業、出産・子育てのためにキャリアを断念せざるを得ない女性たちと共に地域の問題解決をする取り組みを展開されました。NPO法人ワップフィルムの活動で、地域映画「商店街な人」「未来シャッター」を制作。対話型映画として上映される「未来シャッター」は3年9ケ月のロングラン上映記録へ。2013年7月には、商店街の空き店舗を活用してコミュニティカフェ・コワーキングスペース「キネマフューチャーセンター」を設立。そこでは、「未来シャッター」も上映し、キネマ子ども食堂も開催されています。2016年より一新塾の理事も担っていただいています。

 

ビジネス中心の生活をされていた菊地さんが一新塾に入られ、地域で活動されるようになってから11年。ゼロから始める地域コミュニティづくり、地域の広報戦略の知恵をたくさん持っていらっしゃる菊地さんのこれまでの活動をミッション基軸でお話しいただきました。同時に人を巻き込むための練り上げられた広報戦略の知恵もお話しいただき、一新塾生のプロジェクトに様々なアドバイスをいただきました。生い立ち、お仕事、一新塾でチーム活動を立ち上げて地域活動をされる歩みが、菊地さんのミッション・ビジョンで貫かれていることが実感され、心の底から感動いたしました。
 

●「キネマフューチャーセンター」
https://kinemafc2013.wixsite.com/kinemafuturecenter

 

 

<一新塾「体験&説明会」開催中 5月開講>
第二の人生は「志」でチャレンジしませんか?社会を広く学び志を生きる技術を体得できます。
【東 京】 4/13,17,20,24,5/2
【大 阪 】4/27(土)
【名古屋】4/28(日)
【仙 台】 5/3(金祝)
ご予約はこちら?https://www.isshinjuku.com

先週末には、一新塾に、社会活動家の湯浅誠氏をお迎えしました。
テーマは『誰もとりこぼさない「にぎわい」づくり』。

 

大学院の頃からホームレス支援活動を始めた湯浅氏は、政府や大メディアが「生活が苦しくなったのは自己責任だ」という見方が強かった中、この問題を多くの人に分かってもらうために「フードバンク」、「自立生活サポートセンター・もやい」の立ち上げなど、現場主義で具体的解決策に着手。2008年の“派遣切り”で貧困問題が表面化。「真面目に働いていれば、貧困者にはならない」との価値観が覆された中、反貧困の市民活動の最前線に立たれました。


2009年からは足かけ3年、内閣府参与として現場のニーズを政策決定につなげるべく奮闘されました。
2018年には、「にぎわいを創りたい。そこからこぼれる子をなくしたい」という思いで、NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえを設立。

 

現在、東京大学先端科学技術研究センター特任教授、NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長として活躍されています。

 

子ども時代、車椅子のお兄さまをお迎えの際に、
「お兄さまの言葉に従って人と出会わないようジグザグに行くべきか?」
「悪いことしてるわけではないので堂々とまっすぐ行くべきか?」
どちらも問題。結局、世の中が間違ってる!
原体験のお話の深さを改めて噛み締めさせていただきました。

 

塾生の皆さんの胸に響いた言葉です。

 

●問いかけないと行動しない
●寄付でビジョン・ミッションが鍛えられる
●貧困率、長い間政府が認めなかったツケの大きさ
●答えを教えるだけではダメで、その人が答えを生きなければ意味がない、
●「自分に出来ることがある」と行動を促す『子ども食堂』の凄さ
●「赤信号の訪問」と「黄信号の居場所」、地域では両方大事!
●居場所にいることで稼いでる、稼ぎの概念の拡大。

 

さまざま塾生による居場所づくりの活動も増えてきておりますが、
悩んでいたことに対して、腑に落ちるものの見方をご提示いただき、
大きく背中を押していただきました。

 

https://musubie.org/

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾(5月開講)

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/

先々週は、一新塾講師として、株式会社えと菜園およびNPO農スクール代表の小島希世子さんをお迎えしました。テーマは「ホームレス農園〜土が人を育てる畑の学校」。

 

小学生の頃、飢餓に苦しむアフリカの子どもたちのドキュメンタリーを見て、農業を志すようになったという小島さん。農業の現場と食卓の距離を縮めたいとの思いで、農家の奥さんたちと安心・安全の農家直送のネットショップを立ち上げました。

2009年には(株)えと菜園を設立。

 

事業は3本柱。
一つは「作る」。これは野菜の生産。
二つ目が「食べる」。生産物を多くのお客様に食べていただくための卸や直販。
三つ目が「学ぶ」。消費者に農業の現場を知ってもらい、野菜と作り方を学んでもらう。

 

さらに、元ホームレスの人たちに畑仕事を託すプランを思いつき、NPO農スクールを立ち上げ、働きたいけど働けない元ホームレスと人手不足に悩む農家を結びつける事業に挑んでいます。

 

講義では、子ども時代の原体験を大切に抱いて、自らやりたいことに、まっすぐに突進される生き方に感銘を受けました。疑問を抱けば、他人の話を鵜呑みにせず、自分で直接確かめる「行動力」と「聞く力」。まさに現場主義です。そして、『合う土があれば種は芽を出せる』との色紙メッセージも染み入りました。

 

塾生の皆さんに響いた言葉や感想です。

 

●畑から笑顔をもらう
●自然体と自らの強い想い
●自分の思いを言葉にする大切さ
●野菜を育てることで自分を育てる
●自分の長所、短所を知るプログラムの体系
●適材適所でミスマッチがなくなる
●ビジネスはやりたいことのためのツール

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾(5月開講)

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/

 

先週末に、一新塾にお越しいただいた前南相馬市長の桜井勝延氏。
東日本大震災から8年。南相馬市の当時から今日までを振り返りつつ、

未来に向けて、私たちに何ができるか向き合う機会となりました。


※今回は、これまで一新塾の講義でいただいた色紙の言葉4つを

写真と共に並べさせていただきました。


桜井氏の農家に生まれて宮澤賢治の大学に進学した動機、農業の現場の過酷な生活、

産廃処分場の試練、市長としての東日本大震災の試練、それぞれを通して蓄積された

人生哲学を感じさせていただく言葉の一つ一つです。

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/

昨日は前南相馬市長の桜井勝延氏を一新塾にお迎えしました。
テーマは『市民と共に現場から南相馬の復興に挑む』。

 

桜井氏は、宮沢賢治に憧れ岩手大学農学部に進学。
卒業後、農業の現場で働くことを選択。稲作と酪農に没頭する中、産業廃棄物処分場の建設問題に直面。命と環境を守るため市民運動に立ち上がりました。

 

そして、市議会議員となり、2010年1月に南相馬市長に初当選。

 

2011年3月11日、東日本大震災。
さらに、福島第一原発の原子炉建屋が相次いで爆発。
南相馬市は、原発から半径20キロ、30キロで市域が分断され物流が断絶。市内にとどまっていた2万人の市民に救援物資も届かない。桜井氏は動画投稿サイト「YouTube」で窮状を訴え、反響は大きく、世界各国から物資が送られました。米国タイム誌から2011年版の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれました。

 

その後も、切実な厳しい現実と試練、難しい判断を迫られる中で、地域住民のために随所で徹底して現場感覚を貫き、揺るがぬ信念でリーダーシップを発揮してこられた桜井氏。

 

講義では、志を貫く人生に感動いたしました!

 

また、「世界一ロボットの実験がしやすいまち」や試練を経験し

スイッチが入った若者の今後の活躍もとても楽しみです。

 

「原点は、現場で汗をかくこと」
「お金よりも心の再生が重要」
「自分の弱さを見つめる」

深い哲学を伴ったお言葉の一つ一つが深く響きました。

 

東日本大震災から間もなく8年。
南相馬市の当時から今日までを振り返りつつ、未来に向けて、私たちに何ができるか向き合う機会となりました。

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/