私たちは組織人である前に、一人の人間です。一市民です。

既成概念から自由になり、市民として社会に向き合い志を

掘り下げ、自己と社会を同時変革する技術を学びます。

 

●ミッション探究のスピードを加速するプログラム

●試練を乗り越える「自分軸」の作り方

●プロジェクトの基盤となる「自分の土俵」の作り方

●ゼロから立ち上げるプロジェクト・プランニングの手法

●現場主義で高速PDCAを回してゆく方法

●タテ軸ヨコ軸羅針盤によるリーダーシップ&メンバーシップ理論

●志を育みあう同志との協働論

●志を生きる人生にギアチェンジする「志を生きる方程式」

 

一新塾創設から25年。5000名を超える塾生が、地域や業界に

風穴を開けて、道なきところに道を切り拓いてきました。

 

いよいよ3月から一新塾体験セミナー&説明会が始まります。

以下のサイトからお申し込みお待ちしています。

https://www.isshinjuku.com/

昨日は、一新塾に、株式会社えと菜園およびNPO農スクール代表の小島希世子さんをお迎えしました。テーマは「ホームレスや引きこもりが人生を取り戻す奇跡の農園」。

 

農業の現場と食卓の距離を縮めたいとの思いで、農家の奥さんたちと安心・安全の農家直送のネットショップを立ち上げました。

 

2009年には(株)えと菜園を設立。事業は3本柱。

一つは「作る」。これは野菜の生産。
二つ目が「食べる」。生産物を多くのお客様に食べていただくための卸や直販。
三つ目が「学ぶ」。消費者に農業の現場を知ってもらい、野菜と作り方を学んでもらう。

 

さらに、元ホームレスの人たちに畑仕事を託すプランを思いつき、NPO農スクールを立ち上げ、「働きたいけど働けない元ホームレス」と「人手不足に悩む農家」を結びつける事業に挑んでいます。

 

小学生の頃、飢餓に苦しむアフリカの子どもたちのドキュメンタリーを見て、農業を志すようになったという小島さん。
そして、いよいよ、『雑草昆虫農法』でのアフリカでの挑戦、とても楽しみです!

 

参加された塾生の方のご感想です。

 

●農業を今すぐ始めたい!
●社会的弱者に対するあたたかさと挑戦する姿勢に感銘
●信念。あきらめない強さ。周囲の声に動じない。
●根っこがすごい!小2の時からぶれていない!
●先入観や偏見を持たず社会の課題に取り組む姿勢に共感
●緻密に問題を分析し、一つ一つ対処している
●人が止めるときには理由がある。それを越えれば解決できる
●農業という仕事の大きな魅力に気づかされました
●面談のポイントは目を合わせないこと
●人は野菜を育てながら自分を育てている

 

 

 

■NPO法人一新塾「体験セミナー&説明会」予約受付中
<社会起業・政策提言・市民活動>
https://www.isshinjuku.com/

◎東京 3/14,18,20,25,4/1,4,9ほか
◎大阪 3/28,4/25
◎名古屋 3/29,4/26
◎仙台 4/19

 

昨日は、44期東京本科メンバーシップ講座。
 

「日本には、よきリーダーが少ない」と言われることがありますが、

「日本には、よきリーダーを育てるメンバーが少ない」のだと思います。

 

一人ひとりの可能性は計り知れないです。

 

メンバーはリーダーの可能性を誰よりも信じてとことん引き出す。

メンバーも主体性とコミットメント。

 

前のめりなメンバーシップが日本を変えます。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

3月からの「体験セミナー&説明会」予約受付中!
〜東京・大阪・名古屋・仙台・通信〜

<社会起業・政策提言・市民活動>
https://www.isshinjuku.com/

一新塾は第46期が、2020年5月に開講します。
一新塾体験セミナー&説明会がいよいよ3月よりスタートします!

 

エゴが渦巻く国際情勢。
AIやIoTで世の中の仕組みはどんどん便利になる一方で、
格差・分断・孤立、なぜか、人が幸せになれない社会を生み出してしまった私たち。

 

激動の2020年。新しい時代の始まる鼓動が聞こえます。
それは、生活の現場での私たち一人ひとりの志の奮起によって、
すべての人が志を生きることでもたらされるものだと思います。

 

一新塾体験セミナー&説明会では、
どんなバックグラウンドの方でも、もやもやの思いの方でも、志を育みあい、
社会を変えてゆける方法論と技術を体系的にメソッド化してお伝えしています。

 

新時代の「市民リーダー」を生み出してゆくのが一新塾の使命です。

志を生きる挑戦のための環境づくりに私も全力で取り組んでいます。
みなさんとお会いできますこと楽しみにしています。

 

主な内容:
●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●社会変革者の舞台裏のストーリー
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ」と「幹」をつなげる『6つの箱』
●「社会起業」「政策提言」「市民活動」3つの方法論
●OBOGのプロジェクト紹介
●2020年5月開講の一新塾第46期プログラム案内

 

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)
テーマ:「人生と社会を変える“根っこ力”!」
参加費:無料
申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

----------------------------------
【東京本科 体験セミナー&説明会】
----------------------------------

日時:
2020年3月   7日(土)15:00〜17:45
2020年3月11日(水)19:30〜21:45
2020年3月14日(土)15:00〜17:45
2020年3月18日(水)19:30〜21:45

※現時点で決定しているスケジュールです。
ご都合あわない方はこの先も予定しています。

 

会場:一新塾セミナールーム
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)https://isshinjuku.com/map.html

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

------------------------------------
【大阪地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2020年3月28日(土)13:00〜15:45

※現時点で決定しているスケジュールです。

会場:難波市民学習センター
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
(地図)https://osakademanabu.com/namba/access

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

--------------------------------------
【名古屋地域科 体験セミナー&説明会】
--------------------------------------

日時:
2020年3月29日(日)13:00〜15:45

※現時点で決定しているスケジュールです。

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

------------------------------------
【仙台地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2020年4月19日(日) 13:00〜15:15

会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号
(地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


-----------------------------------
【通信科 電話での個別説明 】
-----------------------------------

ご多忙な方、上記地域以外の方を対象に通信科をご用意しています。
随時、お電話での個別説明を10〜15分程度させていただきます。
(東京・大阪・名古屋・仙台での説明会へのご参加も大歓迎です)

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


【講師プロフィール】

森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

1964年生まれ。1988年慶應義塾大学卒、積水ハウス( 株) に入社。
「都市開発」「まちづくり」の仕事に携わる中で、一新塾へ入塾。
1997年政策学校一新塾マネジャーへ。大前研一氏の下で薫陶を受ける。
2002年一新塾のNPO化に伴い、代表理事・事務局長就任。23年で5000名の塾生の
“志を生きる挑戦”に立ち会い、人生の転機での相談役。これまでに1200を
超える社会変革プロジェクトをインキュベート。 「政策提言」「社会起業」
「NPO」立ち上げの独自の方法論と『志を生きる方程式』を確立。
年間100の講座と700回の個別コンサルティング。市民起点の新しい国づくり、
地域づくりの支援に全国を日々奔走。体験セミナーは全国で1000回以上開催、
1万人以上が受講。

 

著書に 『人生と社会を変える根っこ力』(一藝社)、
『根っこ力が社会を変える』(ぎょうせい)、共著に『一新力』(文屋)、
『今のニッポンを変えろ!』、『大前研一の一新塾』(プレジデント社)、
『新しい日本をつくるために私ができることあなたができること』(ダイヤモンド社)

週末は京都で大阪・名古屋・仙台地域科・通信科合宿でした。
このたび、参加者全員で、人生の根っこを掘り下げ合い、受けとめ合い、ミッション・ビジョンを研ぎ澄まし、プロジェクトの戦略を描くところまで打ち込んでいただきました。

 

大転換時代。
これから、従来の社会の常識は覆され、新しい選択肢が求められると思います。だからこそ、自分だからこそ、果たすべき使命は何であるのか、じっくりアクセスしながら、新しい選択肢の提案に挑んでいただきました。

 

社会創造の鍵は自己変革にあり。
プロジェクトのプランを磨くより、自分の人生を磨くこと。
旧い自分のタコツボに亀裂を入れること。
人生の必然を鮮明に掴むこと。

 

 

【一新塾】「体験セミナー&説明会」予約受付中
〜東京・大阪・名古屋・仙台・通信〜

<社会起業・政策提言・市民活動>
https://www.isshinjuku.com/

2020年の一新塾講義のキックオフは、“発明起業家”の藤村靖之氏にお越しいただきました。テーマは「発明と非電化で時代を拓くローカルアントレプレナー」。

 

藤村氏は1984年に(株)カンキョーを設立。
発明した電子式空気清浄機クリアベールは、世界記録となる累積200万台を販売しました。

現在は、栃木県の那須町で非電化工房を設立し、電気に依存しない新しいライフスタイルを実現する発明に尽力。2017年からはパク・ウォンスン市長の要請で「韓国非電化工房」をソウル市で展開されていらっしゃいます。

さらに、「地方で いいことで 愉しく稼げる仕事」を生み出したい人のための“月3万円ビジネス”を提唱し、ローカルアントレプレナーを育成されています。

 

年明け早々に起こった、アメリカとイランの緊張関係。自国至上主義が蔓延する中、平和が脅かされ、地球環境の危機が叫ばれ、資本主義経済の綻びも指摘される中、藤村先生の深い哲学とお知恵に触れさせていただき、心より感謝いたします。
まさに文明の転換期にあって、私たちがどう振る舞うかで、文明の行き着く先が変わる、その意味の重さをしっかり受け止めさせていただきました。

 

「MAYAKASHIの時代をキヨラカに生きる!」
このテーマがずしんと胸に響きました。

 

以下、塾生の皆さんの胸に響いたお言葉の一部です。

 

●エネルギーとお金を使わなくても豊かになれる。
●ものづくりとは、自分の魂を磨き続けること。
●10年先に達成したいことこの一年で達成する。
●相反する自由と平等が両立するには、人類愛。
●欲望が大きくなると生きにくくなる。
●何かを捨てなければ何かを得られない。
●一つの技術で3つのビジネスモデル。
●できることは山ほどある。

 

藤村氏に一新塾にお越しいただくのは、今回で18回目。
2020年に入って第一回目の一新塾講義、参加者一同、志のスイッチが入りました!

 

 

【一新塾】「体験セミナー&説明会」予約スタート!
〜東京・大阪・名古屋・仙台・通信〜
 <社会起業・政策提言・市民活動>
https://www.isshinjuku.com/

新年おめでとうございます。
いつも志を生きる挑戦をありがとうございます。
2020年を迎えての実感をお伝えさせてください。

 

新しい時代の始まる鼓動が聞こえます。
それは、生活の現場での私たち一人ひとりの志の奮起によって、
すべての人が志を生きることでもたらされるものだと思います。

 

激動の時代、世界の秩序が大きく揺れ動き、
少子化・高齢化の波がますます加速しています。
さらに、AIやIoT等、世の中の仕組みは
どんどん進化しているはずなのに、
格差・分断・孤立、
なぜか、人が幸せになれない社会を
生み出してしまった私たち。

 

だからこそ、
既成概念を横に置いて、
現場に身を投じてみる。
問題を自分の肌で感じてみる。
感じるのは、脈々と湧き上がる生命の鼓動。
一人ひとりの志の疼き。

 

何か新しい創造が生まれたときは、
きまって、個人の志が鮮明に発信されたとき。
その人の人生を賭けて身を投じた生き方への
共感が生まれたときです。

 

お蔭さまで、一新塾は創設から25周年を迎えました。
この場に集った多様なバックグラウンドの5400名の同志。

 

人生の根っこを掘り下げ、現場のニーズを深く受け止めながら、
政策提言、社会起業、市民活動など、この場で生まれた
社会変革プロジェクトは1200を超えました。

 

一新塾出身の社会起業家は280名。
国会議員は10名、自治体首長は13名、地方議員は178名。

 

「生活者主権の国づくりに挑む、主体的市民の輩出」
この創設の理念の重みをひしひしと実感しています。

 

すべての人たちが志を生きる生活者が主役の国づくりに向けて、
2020年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

体験セミナー&説明会予約スタート!

https://www.isshinjuku.com/

2019年は一新塾は創設より25年を迎えさせていただきました。


多くの方々に支えていただきながら、
「志を生き、社会を変える」挑戦をしてゆく方々と
共に歩ませていただけましたこと、
心から感謝致します。

 

激動の時代、明治維新の時もそうでしたが、
「志を育みあうコミュニティ」の大切さを
一層、実感しています。

 

誰にもある「志の芽」を、どう育て合ってゆくかが
日本の未来を決定してゆくと思います。

 

課題は山のようにある状況ですが、
地域や、学校や、会社で、志の芽を育てあってゆく風土が出来れば、日本は変わり、未来は拓けることは間違いありません。

 

その小さな一端を、少しでも一新塾が担うことができますようにと願いながら、2019年を終えたいと思います。
皆さま、今年もありがとうございました。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

体験セミナー&説明会予約スタート!

https://www.isshinjuku.com/

 

「イメージ」や「空気」は事実と違う!
「常識」や「理論」も事実からずれる!
現場主義の真髄に迫る講義でした。

 

今週の一新塾講師は、地域エコノミストの藻谷浩介さん(日本総合研究所調査部主席研究員)。テーマは「里山資本主義〜思い込みの殻にヒビを入れよう」。

 

藻谷さんは、マクロな視点を持ちながら平成合併前の3200市町村のすべて、海外95カ国を私費で訪問され、現場主義を貫いています。

 

日本の国際競争の実態、原発停止後の化石燃料輸入量、今伸びている産業などなど、今年も目からウロコの講義で、知ってるつもりの思い込みに亀裂を入れて、事実にアクセスさせていただきました。

 

以下、塾生の皆さんの感想の一部です。

 

●思い込みは危険である
●メディアや人の話で思い込んでしまっている
●共同主観を生きていたことにショックの連続
●知ったかぶりでやっていく危険性を痛感
●分からないことは分からないと認め事実を調べよう
●データを押さえて議論できる環境をつくりたい
●気づいてもらうには、クイズで答えさせる

 

現場と数字にとことんこだわり本質を鋭くえぐる姿勢を学ばせていただきました。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

体験セミナー&説明会予約スタート!

https://www.isshinjuku.com/

先週末は、全国研修合宿。
どのような社会を創造したいのか、どのように人は生きるべきか。
そして、自分はどの現場で、誰のための社会変革プロジェクトに挑むのか。
一人ひとり『志を生きる土俵』づくりに挑んでいただきました。


『志を生きる土俵』は、10人10色。100人いれば100通り。モノサシは一つではありません。
そして、『志を生きる土俵』とは、一人ひとりの「6つの箱」です。

 

閉塞日本ですが、一人ひとりが、自ら取り組まれた「6つの箱」を生き始め、
全員のビジョンが実現すれば、きっと日本社会に揺らぎが起こると思います。
未来を拓く知恵は、既に、皆さんの中にあります。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

https://www.isshinjuku.com/