昨日は、一新塾オンライン講義。
ファクトリエ代表の山田敏夫さんにご登壇いただきました。
テーマは、『日本のものづくりから世界一流ブランドを作る!〜ファクトリエが起こす「服」革命』です。

 

1982年熊本生まれの山田さんは1917年創業の老舗婦人服店の次男。
大学留学中にフランスへ留学し、グッチ・パリ店で働かれた時、フランス人の方に問われたことで衝撃を受けられました。
「なぜ日本には本物のファッションブランドがないんだ?」

 

アパレル製品の製造がコストの安い海外にシフトした結果、日本国内の
アパレル品国産比率は1990年の50.1%から、現在は2%近くまで減少しています。

しかしながら、世界の名だたるアパレルブランドは、“メイドインジャパン”
への信頼が高く、製造を日本の工場に委託しているケースが多々あります。

 

世界から絶賛されるメイドインジャパンが失われようとしている状況を変えようと立上ったのが山田さんです。

日本初の工場直結ジャパンブランド「ファクトリエ」を立ち上げました。

 

全国700以上の工場に直接訪問、世界で戦える技術や誇りを持っている一流の工場と提携。
「工場直販」のビジネスモデルで、工場が希望価格を決め、ブランドとして工場名のついたタグがつきます。
お客様には従来の「2分の1」の価格で最高の商品を実現しています。
さらに、地方のアパレル工場が抱える後継者不足の課題解決にも取り組まれています。

 

コロナ禍にあって、アパレル業界は厳しい環境にある中、

ファクトリエは、2020年4月の緊急事態宣言以降も、売上が前年比を超えています。

 

コロナ禍の試練をチャンスに変えて、
ミッション・ビジョンをさらに加速化されている
山田さんの姿勢に本当に勇気づけられました。

 

今こそ、ミッション邁進のチャンスと
受けとめさせていただきました。

 

「世界一のクラフトマンシップの伝え手となる。」
このビジョンを熱く熱く語られました。

 

山田さんが繰り返された
「自分の内面を見て、すべて言語化する。」
との言葉が焼き付いています。

 

哲学を生み出す力。
哲学を形にする力。
今年も圧倒されました。

 

ラストメッセージは『一隅を照らす』。
新しい光を暗闇にさしてゆく、あらゆる社会的活動は一隅を照らす活動であり、
その人がいないと照らされない場所がある、と一新塾生の活動に励ましをいただきました。

 

また、山田さんから講義後のご感想をいただきました。
『今夜は、NPO法人の社会起業・政策学校「一新塾 」でオンラインで話をさせていただいたんですが、Q&Aの量と質と熱がすさまじまった・・改めて、すごいコミュニティ。』

 

■ファクトリエ
https://factelier.com/

 

 

■新しい時代を拓く一新塾
体験セミナー&説明会開催中!
https://www.isshinjuku.com/

人間のすごいところは爆発的な成長力です。

やむにやまれぬ思いで現場に身を投じたときに、
これまで眠っていた志が呼び覚まされます。

 

壁も訪れますが、壁を乗り越えたときは、
きまって自分の思い込みのタコツボに亀裂が入ったとき。

そして、一人の目覚めは周りの仲間へと連鎖して
いって、地域や業界に風穴を開けることがあります。

 

「人は変われない」とよく言われますが、しかし、
この場では、「人はここまで変われるのか!」
といつも驚嘆させられます。

 

一人の人間の計り知れない可能性には驚かされることばかりです。

 

ここは、市民の知恵の伝承の場です。

身を投じて現場に飛び込んでいった塾生の
挑戦から紡ぎだされた「市民の知恵」。

 

その「市民の知恵」を私が架け橋となって、
次に続く人たちへお伝えさせていただいています。


◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

東京・大阪・名古屋・仙台・通信
「一新塾体験セミナー&説明会」予約受付
(各回10名程度)

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

 

試練の時代だからこそ、
この社会と人生にじっくり向き合ってみませんか?

ともに新しいステージに向かいましょう。
ご予約をお待ちしています。

 

主な内容:
●アフターコロナ時代のビジョンを描く!
●第2の人生は、"志"を生きる
●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●志を生きる方程式とは?〜社会変革者の舞台裏のストーリー
●今こそ現場主義
●根っこと幹をつなげる「6つの箱」
●社会を変える3つの方法論「社会起業」「政策提言」「市民活動」
●志のコミュニティ 卒塾生プロジェクト紹介
●一新塾第47期プログラム案内

 

講師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)
「アフターコロナの時代こそ“根っこ力”」
参加費:無料
申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

---------------------------------
【東京リアル&オンライン説明会】
---------------------------------
日時:2020年
9月19日(土)15:00〜17:15【リアル】
9月23日(水)19:30〜21:30【リアル】
9月30日(水)19:30〜20:40【オンライン】
10月3日(土)15:00〜17:15【リアル】
10月7日(水)19:30〜21:30【リアル】

 

【リアル】
説明会の会場:一新塾セミナールーム
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)https://isshinjuku.com/map.html

 

【オンライン】
オンラインの開催方法:Zoomミーティング

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

--------------------------------
【大阪リアル&オンライン説明会】
--------------------------------
日時:2020年
9月20日(日)15:00〜16:10 【オンライン】
9月26日(土)13:00〜15:15 【リアル】

【リアル】
会場:難波市民学習センター
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階

【オンライン】
オンラインの開催方法:Zoomミーティング

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

----------------------------------
【名古屋リアル&オンライン説明会】
----------------------------------
日時:2020年
9月20日(日)15:00〜16:10 【オンライン】
9月27日(日)13:00〜15:15 【リアル】

【リアル】
会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地

【オンライン】
オンラインの開催方法:Zoomミーティング

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

----------------------------------
【仙台リアル&オンライン説明会】
----------------------------------
日時:2020年
9月13日(日)13:00〜15:15 【リアル】
9月20日(日)15:00〜16:10 【オンライン】

会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

-----------------------------------
【通信科 オンライン説明 】
-----------------------------------
日時:
2020年9月20日(日)15:00〜16:10 【オンライン】

【オンライン】
オンラインの開催方法:Zoomミーティング

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


【講師プロフィール】

森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

1964年生まれ。
1988年慶應大学卒、住宅メーカーに入社。
「都市開発・まちづくり」に携わる中で、
一新塾へ入塾。
1997年政策学校一新塾マネジャーへ。
大前研一氏の下で薫陶を受ける。
2002年一新塾NPO化で、代表理事・事務局長就任。
23年で5000名の塾生の“志を生きる挑戦”
に立ち会い人生の転機での相談役。
これまで、1300のプロジェクト立上げを支援。
「政策提言」「社会起業」「NPO」立ち上げ
の独自の方法論を一新塾メソッドとして確立。
年間100の講座と800回の個別コンサルティング。
市民起点の新しい国づくり、地域づくりの支援に
全国を日々奔走。体験セミナーは全国で1250回。
1万2000人が受講。
主体的市民プロデューサー。

 

著書に
『人生と社会を変える根っこ力』(一藝社)、
『根っこ力が社会を変える』(ぎょうせい)、
共著に
『一新力』(文屋)、『今のニッポンを変えろ!』、
『大前研一の一新塾』(プレジデント社)、
『新しい日本をつくるために私ができることあなたができること』(ダイヤモンド社)

昨日は、特訓講座(45期本科&OBOGコース合同)。
ねらいは、3つ。
(1)コロナ時代の哲学の問い直し
私たちの暮らし方、働き方、地域の在り方はどうあるべきか。
プロジェクトの土台となる哲学を問い直し。
(2)待つことの意味
どんな試練でも右肩下がりがずっと続くことはあり得ない。
必ず、右肩上がりに反転するときが来る、
(3)ストーリー戦略
人生、山あり谷あり。
プロジェクトも、山あり谷あり。
谷の時こそ、進化成長の時。
■一新塾体験セミナー説明会開催中 (11月開講)!
ご予約は一新塾ホームページから
https://www.isshinjuku.com/

先週の講義は元三重県知事の北川正恭氏に直接お越しいただき、リアルでの心揺さぶる講義をいただきました。北川氏は、三重県議会議員(3期)、衆議員議員(4期)、三重県知事(2期)つとめられた方です。テーマは「生活者起点!チーム議会が地域を変える」でした。

 

 

北川氏の取り組みのキーコンセプトは生活者起点。キーワードは情報公開。タックスイーターのための政治から、タックスペイヤーのための政治へ。現在の政治情勢の中、この情報公開の重要性が胸に突き刺さる講義となりました。

生活者起点を実現するには、民意を反映する「地方議会」が目覚めること。従来型の議員単体での活動のブラッシュアップの限界を問われ、議会総体として、議員、事務局職員、そして住民が一体となって「議会基本条例」等に掲げた議会像の実現を目指す「チーム議会」の大きな可能性を語っていただきました。

 

 

また、三重県知事の時に、芦浜原発では、国策のため推進か凍結の2つの選択肢しかない中、地域社会が分断を回避するために、「白紙撤回」を決断されたご経験を語って下さり、住民も国も電力会社もWin-Win-Winで道をつける知事という役割の重要さを知る機会となりました。

 

今回は、『地方から国を、地方議会から地方を変革しよう!』との色紙のメッセージをいただきました。

 

この一年を人生の転機にとの思いを抱く塾生たち、地域の課題を解決したい塾生たち、政治の道を目指す塾生たちの背中を大きく押していただきました。時代の転換点、しっかり基本哲学を持つことの大切さ、揺るがぬ信念で、社会にぶつかっていくことの意義を刻ませていただきました。

 

 

【塾生の感想】
◎個人や生活者起点の動きの大切さを刻みました。
◎本当の意味での民主主義とは何かを考えさせられました。
◎オープン、フェアー、フリー。
◎民意を反映する地方議会の重要性がわかりました。
◎違和感を感じたことをスルーせずに自分が納得できるところまで掘り下げられる姿勢に学ばせていただきました。
◎対話の重要性に気付きました。
◎あらためて、日本は転換点を迎えていると感じた。
◎公害経済から環境経済への転換に30年もかかったとは驚いた。
◎やっぱりリアルの講義はありがたいです。

 


【一新塾体験セミナー説明会開催中 11月開講!】
「コロナの時代こそ”根っこ力
〜社会起業・政策提言・市民活動」
●リアル体験セミナー
東京:9月9日(水),12日(土),16日(水),19日(土).23日(水),30日(水)
仙台:9月13日(日),9月20日(日)
大阪:9月20日(日),9月26日(土)
名古屋:9月20日(日),9月27日(日)
●オンライン体験セミナーは、9月12日と20日
◆参加予約は一新塾ホームページから
https://www.isshinjuku.com/

先日は、NPO人アサザ基金代表理事の飯島博氏をお迎えしてのオンライン講義。テーマは『霞ヶ浦再生〜問いの連鎖で壁を溶かす市民型公共事業』です。
飯島さんが取り組まれている「アサザ・プロジェクト」は、霞ヶ浦再生に向け“湖と森と人を結ぶ”市民型公共事業として、のべ30万人もの人々が参加し、200を超える学校、企業、農林水産業、研究機関、行政を結びつけた壮大な社会実験となっています。
飯島さんに一新塾でご講義いただくのは2004年から今回が17回目。何度お聞きしても、飯島さんの突き抜けたビジョンと哲学の深さには圧倒されます。そして、この哲学が貫かれた事業を霞ヶ浦に生み出され、そのモデルが全国各地に連鎖し、社会変革の波を起こしています。
講義の冒頭は、飯島さんからの「問い」で始まりました。
コロナ禍は、本当に災いなのか?
そもそも世界に本当に災いはあるのか?
これは、全部、問いではないのか?
ハッとさせられました。
遠くてあたたかな距離。
自然構造と重なり合う。
これまでの枠組みを取っ払う勇気。
そして、暗黙知の大切さ。
飯島さんからいただいた数々の「問い」をしっかり胸に刻んで、
新しい時代創造に向かってゆきたいと思います。
塾生の皆さんからいただいた気づきの一部を共有させていただきます。
●とにかくイメージを持って、それが途絶えないようにしながら、具体化すること
●Vision実現していく上でチーム・組織・社会との「問いの共有」の大切さ
●場を生成する、という考えがとても共感できた
●子どもの知性を大事に、子どもと一緒に考えることの大切さ
●小さなことから始めることがつながりを生み出す
●潜在的なものを浮上させることができれば新しいものが生まれる
●土木事業が福祉事業をつなげる展開される取り組みは参考になった
●NPOは、行政の下請けではない参加型で成し遂げること
●答えを探し続けるのをやめる。問題に応え、相手のニーズを聞き出し、相手と協働できる関係を築いていく
■アサザ基金
【一新塾体験セミナー&説明会(11月開講) 】
「コロナの時代こそ”根っこ力”」
ご予約は以下をクリックください。
◆一新塾ホームページ
提案を実現させるには、一回いうだけでは動かない。
何度も、何度も、何度も、何度も、何度も!
能力は2〜3倍の差。やる気は100倍の差!!
柏市長の秋山浩保さん(一新塾OB)のオンライン講座での熱いメッセージです。
【一新塾 説明会 リアル・オンライン】
「アフターコロナの時代こそ”根っこ力”」
東京:9月2日(水),5日(土),9日(水),12日(土),16日(水)
大阪:8月29日(土),9月20日(日),9月26日(土)
名古屋:8月30日(日),9月20日(日),9月27日(日)
仙台:9月13日(日),9月20日(日)
ご予約はこちらから
昨日は、東京本科で特訓研修「チーム結成 ビジョンメイキング&スケジューリング」講座をリアルで開催致しました。
(窓を開けて、ディスタンスをとって、全員マスクをしての開催です)
仲間と人生を受け止め合い、志を生きるチャレンジに向かうために、確かな杭が打たれました。
コロナ時代のリーダーシップは、"リアル”と"オンライン"の使い分け。
限られた時間でも2倍の密度のコミュニケーション。
主体的市民が生み出されてきた一新塾メソッドで一人一人の志をさらに掘り下げ、未来創造に向けて、次なる一歩を仲間と踏み出すことが出来ました。参加された皆さんの熱き思いに心から感謝いたします。
【一新塾 説明会 リアル・オンライン】
「アフターコロナの時代こそ”根っこ力”」
東京:9月2日(水),5日(土),9日(水),12日(土)
大阪:8月29日(土),9月20日(日),9月26日(土)
名古屋:8月30日(日),9月20日(日),9月27日(日)
仙台:9月13日(日),9月20日(日)
ご予約はこちらから

昨日は、柏市長で一新塾OBの秋山浩保さんのオンライン講座。
テーマは『未来の柏を描く〜主体的市民の底力』。

 

大学生の時に大前研一氏の著書を読み、経営コンサルティング業界に
就職された秋山さん。30代は中小企業再建の仕事に取り組まれ、
41歳で生まれ育った街の市長になる選択をされます。

 

2009年、「民のチカラ!市民本位・民間発想で柏は変わる!」と
市民に訴え、柏市長に初当選。公設市場や中央図書館の移転中止、
事業仕分けの実施などで市の債務残高を379億円減らすなど財政再建に力を注がれました。

 

2017年に三選。
「将来の柏のためにやるべきこと」と「将来の子どもたちにツケを残さない財政運営」の両面を意識して日々奮闘。
「主体的市民が一定のボリュームを超えることによってこそ、変革の道が拓かれる」と市民の可能性を信じています。

 

講義では、熱く熱く、語りかけていただきました。

提案を実現させるには、一回いうだけでは動かない。
何度も、何度も、何度も、何度も、何度も!

 

10万円給付も、手堅く、早く、行き渡らせ、
財政も次世代の負担回避し健全運営。

 

本当に大切な市政の土台を、縁の下の力持ちとして、
しっかり支えている姿勢に心揺さぶられました。

 

民主主義はとても時間もエネルギーも要する作業ですが、
主体的市民への目覚めを促し続け、一緒に考えていこうと
いう姿勢に感動いたしました。

 

塾生の皆さんからのご感想の一部です。

 

●理論の構築を行ってから行動するまでの境が、実は一番難しい。

 

●能力は2〜3倍の差。やる気は100倍の差。

 

●社会参加を分類した、座標軸の説明がとてもよく理解できました。
思いだけでもだめ、理論だけでもだめ。どっちも磨きたいです

 

●何度でも、その想いを語り続けることは自分にとっても仲間にとっても大切。

 

●不屈の精神。地道な努力。
理想と葛藤がたくさんあった中で、最善を尽くそうと模索していることがよく分かりました。

 

●市のトップでありながら、 特別な感じがなく謙虚で親しみやすい印象でした。
全体をバランスよく捉えようとしている視点を持っていることこそ、
市民から支持されているのではないかと思いました。

 

※柏市ホームページ
http://www.city.kashiwa.lg.jp/

 


【一新塾 説明会 リアル・オンライン】
「アフターコロナの時代こそ”根っこ力”」
東京:9月2日(水),5日(土),9日(水),12日(土),16日(水)
大阪:8月29日(土),9月20日(日),9月26日(土)
名古屋:8月30日(日),9月20日(日),9月27日(日)
仙台:9月13日(日),9月20日(日)
ご予約はこちらから
https://www.isshinjuku.com/

 

新型コロナの試練の中で、
従来の延長線上に道はないと、

「もやもや」を抱える方は少なくありません。


何かしたいがどうすればいいかわからない方も、
切実なテーマが浮き彫りになった方も、
次なるチャレンジを急がなければならない方も、
様々な方がいらっしゃいます。

 

誰もが不透明な未来を抱えながら、
自らの志を探求して次なる道を歩み出そうとされています。
様々な制約があっても、準備することはできます。

 

志を生きる歩みは、止めない。

 

ですから、こうした時代だからこそ
ともにこの試練の現実を受けとめ
新しい時代を拓くチャレンジに向かってゆきたいと思います。

 

一新塾47期(11月開講)の体験セミナー&説明会が

今月からから、いよいよスタートです。

 

■新しい時代を創造する一新塾
<社会起業・政策提言・市民活動>
東京・大阪・名古屋・仙台

体験セミナー&説明会ご予約はこちら!
https://www.isshinjuku.com/

 

Withコロナ、Afterコロナを見据え、いち早く新時代のビジョンを描く「6つの箱の体得講座」。
先週より、東京本科、大阪・名古屋・仙台地域科、一部地域ではオンラインでの開催でした。


コロナ禍にあって、様々なバックグラウンドの塾生から、暮らしの影響、働き方への影響を
じっくり伺いました。ビジネス、自治体、医療、介護、福祉、教育、農業など、様々な業界の
切実な現状を肌身で感じる機会となりました。

 

制約条件があっても、志を生きる歩みは止めない。
たとえ半分の時間でも2倍の深さのコミュニケーションの鍛錬もいたしました。

 

 

【一新塾 説明会8月からスタート】 
「アフターコロナは志を生きる」
<社会起業・政策提言・市民活動>
東京:8月19日(水),22日(土),26日(水)
大阪:8月29日(土)
名古屋:8月30日(日)
仙台:9月13日(日)
https://www.isshinjuku.com/