昨日は、41期東京本科のオリエンテーション。


「ビジョンは大きく、アクションのハードルは小さく」
「中心軸を1つに絞る。2つあったらコマだって回らない」
「志とエゴの弁別」

 

いよいよ道なきところに道を拓く挑戦が始まります。
従来の常識を信じるのか?それとも、自分の根っこを信じるのか?
常に、自問自答しながらの日々です。

 

★新刊「人生と社会を変える根っこ力」

https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306

 

 

週末は、大阪、名古屋における卒入塾の節目の機会でした。

 

「6つの箱を回し続けたら、根っこと幹が本当につながりました」
「根っこに重心ができると、逆に、拠り所が出来て、自由に動けるようになった」
「自分の土俵に立って相手の話を聞く。相手の土俵に立つとブレブレになる」

 

先輩の志のバトンが次に続く塾生に引き継がれる機会となりました。

 

 

★新刊「人生と社会を変える根っこ力」

https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306

すべての人は志を生きられる!

11月5日は、39期卒塾式&40期中間発表&41期入塾式でした。
41期開講を迎えて一新塾の塾生は5000人となりました。

 

前半は、青山貞一氏による基調講演をいただきました。
青山氏は40歳で(株)環境総合研究所を立ち上げられ、環境にかかわる政策、施策、計画などの代替案を国民、納税者の立場から立案、提案し、自然保護、公共事業の見直し、地方財政健全化等に成果を上げられてきました。
今回は、衆院選を経て、これからの日本を考え、草の根からオルタナティブな国づくりをするためにはどうすべきかについて講義をいただきました。
「日本の外交・安保、経済、税制の問題は?」「GDPありきでなく幸福度ありきの地域づくり・国づくりとは?」「先進国で最悪な経済格差、貧困、教育の問題の根源は?」さまざまな切り口から掘り下げました。

 

後半は東京本科39期と40期のプロジェクトのプレゼンテーションを行い、

一新塾理事にてコンサルテーションをさせていただきました。
一新塾でのプロジェクトは
「一市民としてゼロベースでビジョンを描くこと」
「現場主義であること」
「自分だからこそのミッションを掘り下げること」
等、大切にしていることがあります。

 

この試練の現実があったからこそ自分の殻に亀裂が入り、この同志がいたからこそ現場に身を投じられる。

今回も、多様なミッション、多様な社会テーマで挑戦するプロジェクトが次々と発信され、

笑いあり、涙あり、後悔あり、感動あり、と会場全体で共感の輪が大きく広がりました。

 

■新刊『人生と社会を変える「根っこ力」政策提言・社会起業・市民活動』

志を生きるガイドブックです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306

 

本日で一新塾23周年となりました!これまで、一新塾を支えてくださった

講師の方、塾生の方、ご縁のあったすべての方に心より感謝申し上げます。
これからも、志を生きる主体的な市民を育みあう学校として前進してまいります。

混迷と激動の世界・社会にあって、何よりも大切なのは一人一人の志とゼロベースで

描く理想の社会ビジョンです。あらためて、一新塾創設からの理念をご覧いただければ嬉しいです。
http://www.isshinjuku.com/about/principles.html

 

昨日は、映画監督のジャン・ユンカーマン氏を一新塾にお迎えいたしました。
テーマは「沖縄の声をアメリカに届けよう!〜沖縄うりずんの雨」です。

 

戦後70年を迎えた2015年夏、戦争に翻弄されてきた沖縄の近現代史を見つめ、人々の尊厳を伝えるドキュメンタリー『沖縄 うりずんの雨』を公開したジャン・ユンカーマン監督。
(制作は一新塾理事の前澤哲爾さん)

 

ジャン氏は、さらに、全米上映を目標に、アメリカ人が見ても理解できるように、追加取材、撮影を行い、編集も新たな『アメリカ上映版』の制作を決意され奮闘されています。

 

「想像もつかないほどの戦争体験をした沖縄の人々は、一貫して戦争を拒絶してきました。しかし米軍は沖縄を「戦利品」として扱い、膨大な基地を建設。沖縄を「戦利品」としての運命から解放する責任を負っているのは、沖縄の人々ではありません。アメリカの市民、そして日本の市民です。問われているのは私たちなのです。」


米国で生まれ生後間もなく日本で9ヶ月暮らし、その後、ベトナム戦争さなかのアメリカに育ち戦争をなくしたいとの願いと戦争を放棄した日本に憧れを持たれたジャンさん。父親から母親から受け継いだもの、ずっと戦争に向き合われ、ジャーナリストとして、映画監督として伝える使命に生き、日米の架け橋の役割を担ってこられたジャンさんの人生に感動いたしました。

 

ジャンさんには、
2003年「ドキュメンタリストの社会への関わり方」
2006年「世界から見た日本国憲法」
これまで一新塾にて2回のご講義をいただいておりました。

 

参加者一同、当事者として、自分事として、沖縄、戦争、そして、日米関係に向き合うかけがえのない機会をいただきました。


http://okinawa-urizun.com/

昨日は、卒塾一ヵ月前の39期本科対象の「広報戦略講座&コンサルテーション&蒲田現場視察講座」。
一新塾OG・理事の菊地真紀子さんの大田区蒲田の「キネマフューチャーセンター」を訪問しての現場視察型の講座でした。


菊地さんは、地域ニーズに価値を見出す地域密着型広報代理店をコンセプトに、東京都大田区で合同会社VALNを起業。
そして、地域映画「商店街な人」「未来シャッター」を制作。

 

さらに、商店街の空き店舗をリノベーションして、キネマフューチャーセンター、コワーキングスペース、子ども食堂など、コミュニティの拠点をつくり、多様な人が集うまちの居場所づくりに取り組まれています。

 

菊地さんに広報戦略のレクチャーの後、塾生チーム毎にプレゼンし、現場での実践の積み上げから紡ぎ出された知恵でアドバイスをいただきました。ミッション・ビジョンを発信し、共感を広げ、人を巻き込んでいくための「広報戦略」「コミュニティビルディング戦略」を磨いていく機会となりました。

 

◎キネマフューチャーセンター

http://kinemafc2013.wixsite.com/kinemafuturecenter

 

■新しい時代を創造する一新塾
説明会残りわずか。11月5日開講!
http://www.isshinjuku.com/

昨日の一新塾講師は、一新塾理事で、山梨県立大学名誉教授の前澤哲爾さん。テーマは、「地域プロデューサー養成講座〜脱皮人生で社会を変える」。

今でこそ、日本全国に普及しているフィルムコミッションですが、1999年まで日本には一か所もありませんでした。
このフィルムコミッションを日本で初めて普及させる旗振り役になったのが、前澤哲爾さんです。

1999年、前澤さんは、ソニーPCL広報室長としての本業の傍ら、「日本にフィルムコミッション(FC)設立を!」と、活動をスタート。2001年には、全国組織「全国FC連絡協議会」を設立。8年間で全国101ヶ所に設立する大きなムーブメントを起こしました。(「全国FC連絡協議会」は2009年4月に「NPO法人ジャパン・フィルムコミッション」に組織移行。)

 

さらに前澤さんは、自らのミッションを「映像を使った地域再生」と打ちたて、山梨県立大学教授として、地域のフィールドに飛び込み、「地域プロデューサー」として、映像を活用したまちづくりを実践。東日本大震災直後、教え子が故郷の陸前高田を撮影したドキュメンタリー映画『きょうを守る』の制作をサポート。映画「沖縄うりずんの雨」(2015年6月ロードショー)の製作にも携わられました。

 

今回は、人生の転機で、成長のために古い殻を捨てる“脱皮”を繰り返してきたという前澤さんの脱皮人生に触れさせていただきました。


参加者一同、枠をはみ出すエネルギーに触発されました。

 

●逆算して想定する
●ギブ&ギブ
●危機管理能力の大切さ
●失敗から学ぶ
●ユーザーオリエンティッド
●5年のタームで考える
●組織化すべし
●脱東京

 

◎前澤哲爾氏ホームページ

http://maezawatetsuji.com/wp/

 

また、前澤さんの本質を突くお言葉の一つひとつが刺さりました。

 

 

■新しい時代を創造する一新塾
説明会残りわずか。11月5日開講!
http://www.isshinjuku.com/

先週のOBOGコンサルティングコース講座。
今回、アドバイザーは、15期賀川祐二さんと15期本多慶吉さんと27期河内智之さんでした。

8名の塾生のプレゼンに対して、現場主義での実践的なアドバイスをいただきました。

 

●行動をずっと継続する重要性
●根っこを掘り下げることの重要性
●人生で出会ったご縁を育む重要性

 

■賀川祐二さんは、サラリーマン時代、共働きで、子どもが病気のときの保育サービスの不足を実感。2004年7月に退社し、2004年11月に一新塾第15期入塾されました。子育てと仕事の両立ができる社会基盤づくりを目指して活動を開始、2005年12月に「NPO法人病児保育を作る会」を設立されました。
http://byoujihoiku.take-uma.net/

 

■本多さんは、2006年にNPO法人生き活き元気塾を設立。起業のきっかけは認知症高齢者の介護現場に携わった経験から来るものでした。起業から10年、元気で楽しく、健康で長生きの出来る高齢社会、地域社会の実現にますます邁進されています。
http://tempoc.matrix.jp/genkijuku/

 

■河内智之さんは、一新塾第27期で「理想の学校を創ろうプロジェクト」のリーダーとしてチーム活動に取り組まれました。2014年2月にはNPO法人未来をつかむスタディーズを設立。6年間で、鎌倉市内など、主に中学生・高校生を対象に、約50校、500コマ、いろんな授業を実践しています。
http://www.mirasuta.net/

 

 

■新しい時代を創造する一新塾
説明会残りわずか。11月5日開講!
http://www.isshinjuku.com/

 

『人生と社会を変える 「根っこ力」政策提言・社会起業・市民活動』 【一藝社】

 NPO法人一新塾 森嶋伸夫 (編著)

 

本書では、新しい時代を拓く鍵である『根っこ力』に迫ります。
自らの「根っこ」に根差して、社会創造に挑んでいったときに、何が起こるのか。

社会変革者の先駆者の実践が、次に続く方にどのように伝承され、

人生にどのような化学変化が起こり、どのような社会変革の行動が生まれてきたのか。

あらゆるバックグラウンドの一人ひとりが、市民として志を生きるチャレンジに挑んだ実践例を通じて、その計り知れない可能性を感じていただきたいと思います。

 

 

●アマゾン 

https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1505392101&sr=8-2&keywords=%E6%A0%B9%E3%81%A3%E3%81%93

 

●一藝社 http://www.ichigeisha.co.jp/

 

目次

 

 

第1章 志を生きる方程式 一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫


1 伝承される市民の知恵
典型的な会社人間
主体的市民という生き方
市民の知恵の伝承の場
志を生きられるのは一部の限られた人たちだけではない

 

2 志を育む場はこうして生まれた!
創設者大前研一氏のゼロベースでの挑戦
政策提言はコンサルタントに似ている
一新塾生が“言い切る”政策提言した「ふるさと納税」
NPO法人として独立
1000を超える「社会を変えるプロジェクト」

 

3 すべての人が志を生きるための道
人生の革命

「市民セクター」の台頭
志を生きる方程式
「根っこ」と「幹」をつなげる『6つの箱』
平成の松下村塾


第2章 志を生きるロールモデル 一新塾の講師陣

 

一新塾代表理事・環境総合研究所顧問・東京都市大学名誉教授
青山貞一 ミッション、パッション、アクション、「闘うシンクタンク」


元三重県知事・早稲田大学マニフェスト研究所顧問
北川正恭 生活者起点で一点突破、全面展開

 

蠧本総合研究所 調査部 主席研究員
藻谷浩介 里山資本主義で描く日本の未来

 

NPO 法人アサザ基金代表理事
飯島 博 霞ヶ浦再生に向けてて28万人の市民が参加した「アサザ・プロジェクト」


非電化工房主宰・日本大学工学部教授
藤村靖之 地方で、いいことで、愉しく稼ぐローカルアントレプレナー


評論家・JET日本語学校 名誉理事長
金 美齢 日本と台湾の懸け橋でありたい


社会活動家・法政大学現代福祉学部教授
湯浅誠 貧困の現場から見える日本社会


NPO 法人自殺対策支援センターライフリンク代表
清水康之 誰も自殺に追い込まれることのない社会


元三鷹市立第四小学校長・元三鷹市教育長・東京家政大学特任教授
貝ノ鷦 地域と学校をつなぐ、コミュニティ・スクール


一新塾理事・山梨県立大学名誉教授
前澤哲爾 日本にフィルム・コミッションをつくる

 

これまでの「一新塾」講師(1994年〜 2017年)

 

第3章 すべての人は志を生きられる 一新塾の卒業生


1 まちづくり


グッドモーニング仙川!プロジェクト代表
児島秀樹 誰もが自分の街のキャスト(出演者)になれるまち

 

「渋谷のラジオ」ファウンダー・チーフプロデューサー・渋谷みつばちプロジェクト」代表
佐藤 勝 市民・企業・行政が本音で協働できる情報プラットホーム 「渋谷のラジオ」


ペットシッター・ペットホテル「ニャンワンクラブ」代表
菊池信恵 「るーぷる仙台」に手を振ろう〜受容する街をめざして 72

 

「旅宿 コットンクラブ」ペンション経営
早野慎哉 地元阿蘇の「阿蘇らしさ」を後世に残すために


2 商店街


NPO 法人atamista 代表理事・株式会社machimori 代表取締役
市来広一郎 100年後も豊かな暮らしができる熱海をつくる

 

合同会社VALN代表社員・NPO 法人ワップフィルム事務局長
菊地真紀子 商店街を舞台にした、多様な人が集う居場所づくり


3 観光・旅館


株式会社たびえもん代表取締役
木舟周作 旅育を提唱する「たびえもん」の挑戦


株式会社くつろぎ宿代表取締役社長・株式会社せせらぎ宿代表取締役社長
深田智之 事業を再生させ、地域を再生させる!〜会津東山温泉の三旅館の同時再生


4 子育て・女性


NPO 法人マザーリンク・ジャパン代表
寝占理絵 災地支援で知った「母子家庭の貧困」や「子どもの貧困」


NPO 法人大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAD)代表
徳丸ゆき子 子どもの貧困を解決するシングルマザー100人調査を起点に


NPO 法人病児保育を作る会代表理事
賀川祐二 安心して預けられる病児保育を当たり前のサービスへ

 

5文化


株式会社Culture Generation Japan 代表取締役
堀田卓哉 日本文化の継承と世界への発信


映画監督・執筆業
野田香里 異なる価値観や違った文化が触れ合うことで、 人は元気になる、社会は進化する


6 農業


株式会社みやじ豚 代表取締役社長・NPO 法人農家のこせがれネットワーク代表理事
宮治勇輔 一次産業を「かっこよくて、感動があって、稼げる」3K産業に


株式会社MITU代表
佐藤好宣 ソーシャル・ファームバレーせんだいプロジェクト

 

7 福祉


一般社団法人happy choice 代表理事
白根邦子 すべての人間の価値がお互いに認められる社会へ 〜障害者の施設製品を社会へ

 

NPO 法人両育わーるどファウンダー・feese運営責任者
重光喬之 知的・発達障害児と関わる人がともに学び合う、「両育」のある社会へ


8 介護


オムソーリ・プロジェクト代表
齋藤哲 認知症から家族を守る、分かち合い社会の実現


株式会社スタイリッシュハウス代表取締役
佐藤秀雄 絶対やりたくないと思っていたことが生きるテーマに


NPO法人 生き活き元気塾 代表理事・塾長
本多慶吉 介護予防体操で、高齢社会に挑む


9 医療


生きがい訪問診療所 院長
木暮 裕 自分で居場所や治療方針を選択できる医療


株式会社ペイシェントフッド代表取締役
宿野部武志 臓病・透析に関わるすべての人の幸せのために


医療法人社団鉄祐会理事長
武藤真祐 在宅医療の現場から高齢先進国モデルをつくる


10 グローバル


株式会社レアジョブ創設者
加藤智久 世界中の人々が国境や言語の壁を越えて活躍できる社会

 

NPO 法人未来をつかむスタディーズ代表理事
河内智之 誰もが自分らしく生きられる世の中へ

 

11 教育

 

うらやす子ども起業塾 運営委員長
峰松めぐみ うらやす子ども起業塾〜失敗を恐れず Let’ challenge


谷町キッズポップフィルハーモニー楽団設立・応援団長
北原さとみ 「谷町キッズポップフィルハーモニー楽団」立ち上げ

 

La CLo 代表・NPO法人親育ネットワーク代表理事
黒田忠晃 総合共育で、夢や目標を持てる人を育みたい〜仮説から確信へ

 

12 政治


千葉市長
熊谷俊人 日本変革に向けて地方分権のモデルを千葉で創る


宇部市長
久保田后子 暮らして良し! 働いて良し! わがまち創生チャレンジ! 山口県内で、初の女性市長

 

上峰町長
武広勇平 オンリーワンのモデルを目指す

 

金沢市長
山野之義 自立した市民が新しい金沢を拓く

 

柏市長
秋山浩保 主体的市民の輪を広げよう

 

豊明市長
小浮正典 壁のない豊明市を市民一丸で実現する

 

枚方市長
伏見隆 未来への投資〜 20年後の枚方のために

 

第4章 「根っこ力」の育み方 一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫


1 一新塾の根っこ力を育むプログラム

2 誰もが志を生きるマネジメント
3 一新塾を支えてくれる、志を生きる同志からのメッセージ

 

あとがき


プロフィール NPO法人一新塾 森嶋伸夫
一新塾募集要項

 

 

■新しい時代を創造する一新塾
説明会開催中。11月開講!
http://www.isshinjuku.com/

 

一新塾は第41期が、2017年11月5日に開講します。
一新塾体験セミナー&説明会を開催中です!

今、時代が求めるのは、「根っこでつながる力」。
志を軸に、仲間と真の協働を果たすことができるか。

「社会起業」「市民活動」「政策提言」で未来創造に挑んでみませんか?
そのヒントが一新塾体験セミナー&説明会で学べます。
ぜひ、ご参加ください。

【主な内容】
●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●激動の時代、なぜ、今、市民なのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ(志)」と「幹」をつなげる問題解決フレームワーク『6つの箱』とは?
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)
テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!」
参加費:無料
申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

----------------------------------
【東京本科 体験セミナー&説明会】
----------------------------------
日時:
9月20日(水)19:30〜21:45
9月23日(土祝)15:00〜17:45
9月27日(水)19:30〜21:45
10月4日(水)19:30〜21:45
10月7日(土)15:00〜17:45

※現時点で決定しているスケジュールです。
ご都合あわない方はこの先も予定しています。

会場:一新塾セミナールーム
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)http://isshinjuku.com/map.html

申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


--------------------------------------
【大阪地域科 体験セミナー&説明会】
--------------------------------------
日時:
9月30日(土)13:00〜15:45(最終回)

会場:難波市民学習センター
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
(地図)http://www.osakademanabu.com/namba/

申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

---------------------------------------
【名古屋地域科 体験セミナー&説明会】
---------------------------------------
日時:
10月1日(日)13:00〜15:45(最終回)

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


---------------------------------------
【仙台地域科 体験セミナー&説明会】
---------------------------------------
日時:
9月10日(日) 13:00〜15:45
10月9日(月祝)13:00〜15:45

会場:仙台市民会館 
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号
(地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

-----------------------------------
【通信科 電話での個別説明 】
-----------------------------------
ご多忙な方、上記地域以外の方を対象に通信科をご用意しています。
随時、お電話での個別説明を10〜15分程度させていただきます。
(東京・大阪・名古屋・仙台での説明会へのご参加も大歓迎です)

申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html