根っこが切り取られた
混迷の現実が私たちをのみ込む。

 

自国至上主義が地球を覆い、
地球環境が悲鳴を上げる。
世界の分断、格差の拡大、孤立の深まり。
目先に翻弄され、自分しか見えなくなる。

 

だからこそ、自分をはみ出してみる。
それは、
本来の自分に原点回帰することだ。
そして、
自分の人生を社会と響き合わせることだ。

 

自分の内から湧き上がる意志と
時代からの呼びかけを一体化させて
今こそ、志を生きる一歩を踏み出そう。

 

 

 

誰もが志を生きる一新塾「体験セミナー&説明会」 

東京   10月の水曜と土曜
大阪   10/22(火祝)最終回
名古屋  10/22(火祝)最終回

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/

時代の転換点、従来のシステムが限界を露呈する中、
今ほど「根っこ」が求められる時代はありません。

「根っこ」さえしっかりしていれば、
どんな嵐が来ても耐えることができます。

「根っこ」は、肩書や経歴とは違います。
自分自身の奥底にある揺るがぬ重心です。

自らの人生の羅針盤であり、
自ら描く社会ビジョンの羅針盤です。

「根っこ力」によって、
どれだけ人生が拓かれるのか?
どれだけ社会に拓けをもたらすのか?

 

 

誰もが志を生きる一新塾「体験セミナー&説明会」 

東京   10月の水曜と土曜
大阪   10/22(火祝)最終回
名古屋  10/22(火祝)最終回

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/

「やりたいことが漠然としているのですが、一新塾で何かみつかりますか?」
よくご質問いただくことの一つです。

 

激動の時代の中、多くの方が「もやもや」を抱えています。
サラリーマンであっても、経営者であっても、
どんなバックグラウンドの方であっても、
誰もが不透明な未来を抱えています。

 

一新塾では、講義を通じて、社会のテーマを広く深く学び、
志を鮮明に生きるロールモデルの講師の方々と出会う中で、
自分の根っこの思いが鮮明になってきます。

 

また、やりたいことを定めるための塾生同士のワークショップ
と個別コンサルテーションもご用意しています。

一新塾は多様なバックグラウンドの方が「社会への疑問」を持ち、
講義をきっかけに、ゼロベースで未来を拓くビジョンにアクセスする場です。
一人で考えるより最短距離で自分だからの道を発見できると思います。

 

※一新塾45期は、いよいよ11月10日(日)に開講です。

 

--------------------------------------------------

 

■一新塾 45期 体験セミナー&説明会
https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

主な内容:
●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●社会変革者の舞台裏のストーリー
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ」と「幹」をつなげる『6つの箱』
●「社会起業」「政策提言」「市民活動」3つの方法論
●OBOGのプロジェクト紹介

 

【東京会場】--------------------------

10月9日(水)19:30〜21:45
10月12日(土)15:00〜17:45
10月16日(水)19:30〜21:45
10月19日(土)15:00〜17:45【最終】

会場:一新塾セミナールーム(東京都港区芝3-28-2 カスターニ芝ビル2F)
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)https://isshinjuku.com/map.html

 

【名古屋会場】------------------------

2019年10月22日(火祝)13:00〜15:00【最終】

会場:「ウィルあいち(愛知県女性総合センター)」会議室1
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

 

【大阪会場】--------------------------

2019年10月22日(火祝)19:00〜21:00【最終】

会場:「新大阪丸ビル新館」408号室
(住所)大阪市東淀川区東中島1-18-27(JR新大阪駅から徒歩2分)
(地図)https://marubiru-honkan-shinkan.com/pdf/jpl_honakan_map.pdf

 

--------------------------------------------------

 

 

現場には二つある。業界と地域だ。

 

●業界のフィールド

 

私たちは、戦後の高度成長から、集団就職、東京一極集中、核家族と、土地から切り離されて、サラリーマンとなり「業界のフィールド」に身を置いてきた。

サラリーマンは企業戦士となり「業界のフィールド」で、朝早くから夜遅くまで働いて、専門知識を身に着けて、会社のために業界の発展のために貢献してきた。毎年、イノベーションも起こり、業界の仕組みは進化し続けている。

 

しかし、格差、分断、孤立を社会に生み出し、人の幸せという観点からは、社会は後退しているようにも思える。2019年の国連の発表によると日本の幸福度は、前年の54位から一歩後退し、58位。モノの豊かさでは世界有数のこの国で何が足りないのか?

 

もしかしたら、私たちは、大切なものを、どこかに置き忘れてしまったのではないか?

 

●地域のフィールド

 

そう、その大切なものは、「地域のフィールド」である。

 

それは、生活文化であり、伝統であり、歴史である。

それらは、地域に密着しているものだ。

 

地域につながれば、何百年、何千年の地域の歴史とつながれる。

そして、歴史的資産を享受できる。

これが、ブランドだ。

 

ヨーロッパでは、歴史に敬意を払い、ブランドを扱う企業は人気企業だ。

若い人が歴史的に育まれてきた資産を喜んで継承する文化がある。

 

一方、日本では、後継者不足が深刻化しているが、

歴史的資産を継承する若い世代が出てこず、

ブランドを消滅させている。

 

2つのフィールドを駆け抜ける生き方

 

さあ、これから、新しい生き方が始まる。

それは、「業界のフィールド」と「地域のフィールド」を縦横無尽に駆け抜ける生き方だ。

 

伝統も歴史も、土地に根差している。政治もそうだ。

その伝統、歴史の資産をしっかり受け継ぎ、新しい価値を付加して、次世代につなぐ。

そして、政治も私たちの手に取り戻す。

 

地域づくり、国づくりを同時に進行させる新しい生き方が、いよいよ始まる!

 

 

■一新塾「体験セミナー&説明会」予定 11月10日開講

東京   9月は水曜と土曜に開催中
仙台   9/8(日)終了
大阪   9/28(土)
名古屋  9/29(日)

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/

 

●揺るぎない確かなもの

 

激動の時代にあって、
社会は巨大なジグゾーパズルです。
どのピースを自分が担うべきか、
実験を繰り返しながら、
試行錯誤しながら、
自分が使命を果たす場所はどこなのか
を探求し続ける日々でした。

 

そして、「ここだ!」と
志を果たすフィールドが定まれば、
高らかに志の旗を掲げて行動します。

 

訪れた試練が、未来への道を拓き、
志を生きる挑戦につながっていく場。
それが一新塾です。

 

最初からやり方を規定せず、
自分の根っこの思いを掘り下げ、
それを社会課題と結び付けて、
ゼローベースでビジョンを描いて、
行動していく人たちが切磋琢磨する場所。

こういう時代だからこそ、
揺るぎない確かなものが求められます。


それは、生活者としての拠り所であり、
未来を拓く哲学です。その拠り所を、
私は市民性に求めたいと思うのです。

 

 

■一新塾「体験セミナー&説明会」予定 11月10日開講

東京   9月は水曜と土曜に開催中
仙台   9/8(日)最終回
大阪   9/28(土)最終回
名古屋  9/29(日)最終回

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/

根っこが切り取られた
混迷の現実が私たちをのみ込む。

 

自国至上主義が地球を覆い、
地球環境が悲鳴を上げ、
世界は分断され、格差は拡大し、孤立は深まる。
目先のことに翻弄され、自分しか見えなくなる。

 

だからこそ、自分をはみ出してみる。
それは、本来の自分に原点回帰することだ。
そして、人生と社会を響き合わせることだ。

 

自分の内から湧き上がる意志と
時代からの呼びかけを一体化させて
今こそ、志を生きる一歩を踏み出そう。

 

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」予約受付中!
●東京 8/17(土),21(水),24(土),28(水)
●大阪 8/31(土)
●名古屋 9/1(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/

従来の価値観に沿っての提案は、すぐに受け入れてもらいやすいものです。
一方、自分の思いに忠実な、自らのミッション基軸の提案は、

すぐに受け入れてもらいにくいものです。

また、批判にさらされやすいものです。

 

マハトマ・ガンジーが、このようなことを語ったそうです。


新しいことをするとき、
他人は、


最初は、無視する。
次に、笑う。
次に、攻撃する。
最後に、称賛する。


もし、あなたの提案に対して、皆に無視されたり、笑われたり、攻撃されたりしたら、

それは、社会変革者としての道を歩んでいる
証かもしれません。

 

 

 

<一新塾 「体験セミナー&説明会」予約受付中!>
https://www.isshinjuku.com/
東京 8/14(水),17(土),21(水),24(土)
大阪   8/31(土)
名古屋 9/1(日)
仙台  9/8(日)

 

こだわっていたのは、すべての人は志を生きられる社会。全員参加の国づくり。

これまでの時代は、国づくりは官僚や政治家など一部の限られた人に丸投げ。

国民は自分の仕事さえやっていれば社会が回るという既成概念に亀裂を入れる。

 

 

■新しい時代を拓く一新塾
第二の人生は「志」でチャレンジしませんか?
東   京:5/15・18
名古屋:5/14
説明会ご予約はこちら⇒https://www.isshinjuku.com/

━━━━━━━━━━━━━━

『平成を振り返ってみる』
〜サラリーマンという目線で〜
━━━━━━━━━━━━━━


平成元年が訪れたのは、私にとっては社会人になって一年目。
住宅メーカーでのサラリーマン時代が9年、市民活動の世界に転身してから23年。

 

「第一の人生」から「第二の人生」へ。
「組織のミッション」から「個人のミッション」へ。
「業界の論理」から「市民の論理」へ。

 

平成を通じて、私自身、こうしたパラダイムの転換を体験させていただいた。

サラリーマンという目線で平成を振り返ってみる。
大きく3つの変化があった。

 

--------------------------------------------
1つ目は、
「第一の人生」から「第二の人生」へ。
--------------------------------------------
平成が始まった1989年はバブル経済のピーク。
当時は会社の存在が大きく、会社コミュニティが社員とその家族全員の人生を
支える基盤となって「丸ごと死ぬまで面倒見ますよ」といった感じで、国家に
代わる役割を果たす勢いだった。それを支えていたのは、社員一人ひとりの
会社への忠誠心であり企業戦士として奮闘した。

しかし、バブルは間もなくはじけ、会社コミュニティも幻想に終わる。
終身雇用の前提も崩れ始めた。

 

P・F・ドラッカーは、1990年代に「歴史上初めて、人間の方が組織より長命になった。
そこで全く新しい問題が生まれた。第二の人生をどうするかである。」と指摘。
第二の人生では、もっと社会のために、もっと自分のミッションで生きるようになる。

その方法も様々。

 

「第一の方法は、文字通り第二の人生を持つことである。たんに組織を変わることでも良い。
第二の方法は、パラレル・キャリア、すなわち本業にありながらもう一つ別の世界を持つことである。
第三の方法は、ソーシャル・アントレプレナー(社会的起業家)になることである。」

 

かつてドラッカーの語っていた「第二の人生」と、
いま言われている「人生100年時代」がピタッと重なる。

 

働き方はどんどん多様化し、転職も、副業も、起業も、早期退職も、UIJターンも増えてきた。
サラリーマンの誰もが、どこかで、「第一の人生」から「第二の人生」へ、
志を生きる人生へギアチェンジをする時代となった。

 

------------------------------------------------
2つ目は、
「組織のミッション」から「個人のミッション」へ。
-------------------------------------------------
一般に日本社会では、一個人、一市民の立場で“ものを言う”ことはあまりない。
組織の論理が幅をきかせるサラリーマンの世界では特に顕著だ。
なぜか、主語が自分でなく、企業であったり、国であったり、
自分を主語とせずに、評論家になってしまう。
そして、気づかぬうちに、かけがえのない「個人のミッション」を
埋もれさせ「組織のミッション」で上塗りされていく。

 

個人が表に出ることがあまり歓迎されない空気を感じる時がある。
その背景には、個人を強く出すと、個人の“エゴ”が出てしまった時の
警戒心があるのかもしれない。

 

しかし、個人のもう一つの側面に“志”がある。
何か新しい創造が生まれた時は、その人の志が鮮明に発信され、
その人の人生を賭けて身を投じた生き方に感動して、それが求心力となって
人を巻き込んでいったときだ。自己の利益や欲望や野心とは違う、自分の内に
ある志を表に出すことができたときだ。志の中には、自己実現も利他の精神も
社会変革への切なる願いも込められている。

 

そうした個人の思いを、IT革命によって誰もが低コストで発信できるようになった。
タテ割りを超えて個で繋がれるようになり、新しいコミュニティも続々と
生まれている。

 

私たちは組織人である前に、一人の人間である。
主語を、「私」に変える人が増えてきた。
それこそが、「組織のミッション」から「個人のミッション」を生きることである。

 

---------------------------------------------
3つ目は、
「業界の論理」から「市民の論理」へ。
---------------------------------------------
これまで日本社会は巨大な二つのエンジンが牽引役。
一つは「行政セクター」。
もう一つは「ビジネスセクター」。

 

かつては、ものすごく機能したこの2つのセクターも、右肩上がりの時代は終わり、
人口減少、少子化、高齢化、格差拡大など、時代の変化についていけず、制度疲労
を患っている。何かに困っていたら行政がすべての相談に乗ってくれるという
時代は終焉。また、企業の経済力が人々の生活や心をさらに豊かにしてくれる
という企業神話も崩壊。

 

IT革命で、「行政セクター」も「ビジネスセクター」もシステムは進化している
はずなのに、格差・分断・孤立の現実を生み出し、人間の幸福度という観点からは
豊かさをもたらせてはいない。

 

こうした中、生活者としての論理を取り戻すために台頭してきたのが、「市民セクター」だ。
「市民セクター」は、阪神淡路大震災や東日本大震災など、切実な試練に遭遇する
たびに、そのプレイヤーは続々と増えてきた。「市民セクター」のプレイヤーは、
社会起業家やNPO、仕事の合間を縫ってボランティアする私たち市民一人ひとりだ。
地域の様々な問題を解決し、豊かなコミュニティをつくり上げることで志を生きる人たち。

 

「市民セクター」では、自己実現ができ、社会にも貢献し、楽しく事業も起こし、
お金も回していく。行政の役割を「市民セクター」がどんどん担っていけば、
税金の無駄をなくし、サービスのクオリティを上げることもできる。

 

「行政セクター」「ビジネスセクター」(業界の論理)だけでなく、
「市民セクター」(市民の論理)が加わってきた。

 

このような3つの潮流を生み出した平成。
マジョリティであるサラリーマンの意識が大きく変わった時代とも言える。


これまで、どっぷり「ビジネスセクター」の住人だったサラリーマンが、
いつでも、市民活動家に、社会起業家に、政治家に、なれる。
誰もが、地域づくり・国づくりのプレイヤーだ。

 

令和の時代は、私たち一人ひとりが、個人として、志を生きる人生にギアチェンジし、
自らのミッションを邁進することこそが、新時代創造のエンジンとなるのではないだろうか。

 

これまで平成維新を旗に5000人の同志が集い、果敢に社会変革に挑戦してきた一新塾。
令和の時代は、同志10000人を目指して、新たに志を立て、始めてゆきたい。
新しい時代を「市民の論理」を土台に「個人のミッション」で「第二の人生」を拓いて社会創造に関わってゆきたいと志す方は、ぜひ、一新塾から生み出された「志を生きる方程式」で挑戦する同志になっていただきたいと切に願う。

 

 

【一新塾「体験&説明会」開催中 5月開講】
第二の人生は「志」でチャレンジしませんか?

社会を広く学び志を生きる技術を体得できます。
【東 京】 5/2,6,8,11
【名古屋】5/14(火)
【仙 台】 5/3(金祝)
ご予約はこちら⇒https://www.isshinjuku.com/

 

平成を振り返ってみますと、
「個人の時代」へギアチェンジした時代
と言えるかもしれません。

 

国や企業の主導では何も決められない。
時代を先導するのは個人の生き方です。

 

個人のすごいところは爆発的な成長力です。
やむにやまれぬ思いで現場に身を投じたときに、
これまで眠っていた志が呼び覚まされます。

壁も訪れますが、


壁にぶつかるからこそ、
自分の思い込みのタコツボに亀裂が入ります。

そして、一人の目覚めは周りの仲間へと連鎖していって、
地域や業界に風穴を開けることがあります。

 

「人は変われない」と言う方もいますが、
この場では、「人はここまで変われるのか!」と
いつも驚嘆させられます。

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾(5月開講)

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/