「自分を生きる学校を日本に創る!」
 茅ケ崎で、新しい学校づくりにチャレンジしている夫婦がいます。
 2008年、『湘南サドベリースクール』を立ち上げた木村聡さんと由紀さんです。

 サドベリースクールは約40前、米国東海岸のボストン郊外、サドベリーバレーで始まった教育方法。『人間本来の成長する力を重視する』という理念のものと、子どもたちの自由と自治を重視し、勉強する内容や時間、掃除の方法などのルールをすべて自分たちで決めるのが特徴です。デモクラティック・スクール(民主主義の学校)とも呼ばれています。

 聡さんがサドベリースクールに出会ったのは2年半前。
子どもの好奇心を最大限に尊重した場をつくろうと一新塾に再入塾。志を同じくする大学生の同志に『世界一素敵な学校』という一冊の本を紹介されたのがきっかけでした。
 一新塾の同志とともに、米国マサチューセッツ州の本場サドベリーバレースクールを訪問。創設者のダニエル・グリーンバーグ氏をはじめ、多くの方との出会いから運命が切り拓けてきた実感があったそうです。

 「自ら学校を設立したい!」との聡さんの思い。そして、サドベリースクールの理念に由紀さんも共感。さらには、隣の町内の「サドベリースクール校に通わせたかった」という家族との奇跡的な出会いが重なり、聡さんと由紀さんは『湘南サドベリースクール』の開校を決意します。

 今回は、聡さん、由紀さんそれぞれに、これまでに受けてきた教育、人生の歩み、問題意識や葛藤、人生の転機、理想の教育との出会いなどについてお話いただきます。
そして、「湘南サドベリースクール」の理念と実践を存分に語っていただき、ネクストステージへの飛躍に向けて、参加者の皆さんと一緒に、今、抱えている課題の解決策を考える機会としたいと思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   『 自分を生きる学校を日本に創る! 』
     〜 湘南サドベリースクール立ち上げ奮闘記 〜

 講師:木村 聡氏(湘南サドベリースクール ファウンダー・一新塾OB)
    木村由紀氏(湘南サドベリースクール ファウンダー)
 日時:2009年5月6日(水祝)13:00〜15:00
 会場:NPO法人一新塾教室(東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      
  ■プログラム概要:木村 聡氏 講演 (20分)
           木村由起氏 講演 (20分)
           Sudbury Valley School映像(5分)
           湘南サドベリーの実践(15分)         
           質疑応答     (25分)
           ミニワークショップ(35分)

 ■会 場:一新塾セミナールーム
     [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
     [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html      [交通] JR「田町」駅より徒歩8分、
          都営三田線「芝公園駅」「三田駅」より徒歩6分
          都営浅草線「三田駅」より徒歩7分
          都営大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩5分

 ■主 催:NPO法人一新塾 http://www.isshinjuku.com/

 ■参加費:1000円(当日、受付にて承ります)

 ■申込み:http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html

【 講師プロフィール 】

<木村 聡 氏>
1972年生。
1997年3月 東京大学教養学部卒。
1998年4月 新卒で就職した企業を退社。
     その後、家で引きこもりニートとなる。
     由紀と再会し、さもざまな仕事を経て2000年結婚。
2002年5月 一新塾10期入塾、(その後、15、17、19期と入塾)
2006年5月『世界一素敵な学校』と出会い、一新塾にてチーム活動。
2008年4月 湘南サドベリースクールを有志と設立。

<木村 由紀 氏>
湘南サドベリースクールのファウンダー兼スタッフ。
1996-97年、10代の終わりに参加した世界一周・アジア一周の船旅での体験を通して、改めて日本社会に興味を掻き立てられる。
結婚、4児の出産・育児を通して、乳幼児の知的好奇心と感性に感動。
子どもの発達や教育をめぐる諸制度について学び、子ども達の意欲や知的好奇心をサポートしたいと活動している。