4月14日の一新塾講義には一新塾のOBである阿部等氏(株式会社ライトレール代表取締役社長)をお迎えし「人と環境にやさしい交通の実現に人生を賭ける!」をテーマにご講義いただきした。


「排ガスを撒き散らしたくさんの交通事故を起こすクルマが、世の中で使われ過ぎている」
「鉄道をもっと合理的に運行すれば、はるかに便利にできる」
との思いを小学生から35 年抱き続け、2005年、一大奮起して、17 年間勤務したJR東日本を
退職し、将来は鉄道会社を興すことも念頭に起業した阿部氏。


道路渋滞・大気汚染・交通事故・通勤地獄・公共交通の低利便性や衰退といった交通問題が
深刻な中、「各人が“個別”交通システムを“所有”するのでなく、“共用”交通システムを
“利用”できる社会の実現を!」とビジョンを描き、奮闘を続けています。


社会変革には、「理念」と「技術」の2つを兼ね備える必要性を実感させていただきました。
「理念」面では、阿部さんが小学生の時の車社会への問題意識から始まり、仕事での経験を
積み上げる中で、突き抜けたビジョンが育まれていく人生の歩み。
「技術」面でも、数々の経験を重ね現場主義を生きる中で蓄積されてきた知識、スキル
の重要性。


一新塾の同志である阿部氏の姿勢を通じて、信念を貫き起業するとはどういうことであるのか、
徹底的に迫る講義となりました。