一新塾33期の工藤雅生さんが4月4日に癌のため他界されたとのご連絡をいただきました。名古屋の仲間がずっと声をかけ励まし寄り添っていただいておりました。
                                       
工藤さんは、「マネー至上主義」の効率優先社会についていけない人たちが心を病んで孤立していることに大きな問題意識を抱いていました。
人間が人間として自信を持って生き生きと生きている社会、人の為に自分を生かせる生き方をしている社会を切望されていました。

 

工藤さんが取り組まれたのは、「リヤカーをバトンに日本一周リレー旅」プロジェクト。
東日本大震災のボランティアの際にがれきの中から見つけた壊れたリヤカー。それをバトンにリレーで日本一周を目指します。 
誰かが次の街までリヤカーを牽いてそしてまた誰かが次の町まで牽いていくプロジェクトです。

 

「一見意味の無さそうな事を懸命に取り組むことで分かる『生きている』という実感、これを多くの人に感じてもらいたい」と語っていた工藤さん。

 

昨年6月にお会いした時の元気な工藤さんが脳裏に焼き付いていて、未だ信じられませんが、
工藤さんの志をしっかり受け継いで歩んでまいりたいと思います。