今回の一新塾講義には、飯島博さん(NPO法人アサザ基金代表理事)をお迎えいたしました。

講義テーマは『イノベーションの掟〜潜在性浮上型事業による社会変革』。

 

「アサザ・プロジェクト」は、霞ヶ浦再生に向け、市民型公共事業として、

のべ28万人もの人々が参加し、200を超える学校を結びつけた壮大な社会実験となっています。

 

「世界を“全体最適”で読み替える」可能性にわくわくしました。

「最後の相談相手はあなたの中にいる子ども」とのお言葉にハッとさせられました。

「既存の枠組みの外に潜在するものを求める問いの連鎖」一新塾の場でも大切にしたいと思います。

 

多くの参加者の既成概念に亀裂が入り、自らの世界観を問直し、志を奮起する機会をいただきました。

 

一新塾には2004年から今回が14回目。

何度お聞きしても、飯島さんの突き抜けたビジョンと哲学の深さには圧倒されます。

 

■アサザ基金

http://www.asaza.jp/