今週の一新塾講師は、一新塾OBの起業家である深田智之さん(会津東山温泉くつろぎ宿社長・湯瀬温泉せせらぎ宿社長)。テーマは「事業を再生させ、地域を発展させる〜高知・会津・秋田」です。

 

深田さんは、元々、第一勧銀総合研究所(現みずほ総研)で大規模公共施設のコンサルティングに携わっていました。

 

あるとき、毎年7000万円の運営赤字を出し続けていた高知県須崎市のグリーンピア土佐横浪(大規模年金保養基地)と出会います。そして、株式会社リゾート・コンベンション企画を起業し、運営を受託し、2年目で黒字(1,200万円)を達成し、利用者数の3割増、さらに従業員の業務意欲向上、地域振興を実現。

 

次なる挑戦は、会津東山温泉での地域再生ファンドを活用しての破綻寸前の三旅館の同時再生に決まり、今度は単身で会津に向かわれました。かつて竹久夢二や与謝野晶子も愛した東山温泉。最盛期には旅館数33を数えた温泉街もバブル崩壊で買収や合併が相次ぎ、温泉への入込み客は約81万人(1992年)から約42万人(2006年)に半減。そうした苦境の中、深田氏は、徹底的なコスト削減を図り、3館の特徴を色分けわずか1年半で黒字を達成、3年余りで再生を完了させました。 
       
そんな中、襲った東日本大震災。震災直後、行政支援が本格始動する前に旅館をいち早く無料開放。ピーク時には1,400名ほど、2011年4月10日までに延べ12954名の被災者の方の支えとなりました。2011年4月3日からは大熊町の方々の二次避難場所としてピーク時は520名の方々にご利用いただきました。

 

さらに、2014年7月より、秋田県鹿角市の湯瀬ホテルの譲渡を受けて新たな挑戦に挑まれています。

 

深田さんは厳しい現実の壁にぶつかった時には、何のためにやっていたのか、初心に立ち戻るそうです。そして、必ず、地元で事業再生を切実に求める方の顔が思い浮かぶそうです。深田さんのご経験の一つひとつがビジョン実現のためにすべてつながっているように思います。そして、深田さんが経営者として時代の試練を次から次へと乗り越えられてこられたとともに、現在は、業界の人材育成、地域の人材育成においても大きな使命を果たされていることに感銘を受けました。

 

●会津東山温泉 旅館 くつろぎ宿
http://www.kutsurogijuku.jp/
●湯瀬ホテル せせらぎ宿

http://yuzehotel.jp/

 

■未来を創造する一新塾
説明会予約スタート!
http://www.isshinjuku.com/