先週のOBOGコンサルティングコース講座。
今回、アドバイザーは、15期賀川祐二さんと15期本多慶吉さんと27期河内智之さんでした。

8名の塾生のプレゼンに対して、現場主義での実践的なアドバイスをいただきました。

 

●行動をずっと継続する重要性
●根っこを掘り下げることの重要性
●人生で出会ったご縁を育む重要性

 

■賀川祐二さんは、サラリーマン時代、共働きで、子どもが病気のときの保育サービスの不足を実感。2004年7月に退社し、2004年11月に一新塾第15期入塾されました。子育てと仕事の両立ができる社会基盤づくりを目指して活動を開始、2005年12月に「NPO法人病児保育を作る会」を設立されました。
http://byoujihoiku.take-uma.net/

 

■本多さんは、2006年にNPO法人生き活き元気塾を設立。起業のきっかけは認知症高齢者の介護現場に携わった経験から来るものでした。起業から10年、元気で楽しく、健康で長生きの出来る高齢社会、地域社会の実現にますます邁進されています。
http://tempoc.matrix.jp/genkijuku/

 

■河内智之さんは、一新塾第27期で「理想の学校を創ろうプロジェクト」のリーダーとしてチーム活動に取り組まれました。2014年2月にはNPO法人未来をつかむスタディーズを設立。6年間で、鎌倉市内など、主に中学生・高校生を対象に、約50校、500コマ、いろんな授業を実践しています。
http://www.mirasuta.net/

 

 

■新しい時代を創造する一新塾
説明会残りわずか。11月5日開講!
http://www.isshinjuku.com/