すべての人は志を生きられる!

11月5日は、39期卒塾式&40期中間発表&41期入塾式でした。
41期開講を迎えて一新塾の塾生は5000人となりました。

 

前半は、青山貞一氏による基調講演をいただきました。
青山氏は40歳で(株)環境総合研究所を立ち上げられ、環境にかかわる政策、施策、計画などの代替案を国民、納税者の立場から立案、提案し、自然保護、公共事業の見直し、地方財政健全化等に成果を上げられてきました。
今回は、衆院選を経て、これからの日本を考え、草の根からオルタナティブな国づくりをするためにはどうすべきかについて講義をいただきました。
「日本の外交・安保、経済、税制の問題は?」「GDPありきでなく幸福度ありきの地域づくり・国づくりとは?」「先進国で最悪な経済格差、貧困、教育の問題の根源は?」さまざまな切り口から掘り下げました。

 

後半は東京本科39期と40期のプロジェクトのプレゼンテーションを行い、

一新塾理事にてコンサルテーションをさせていただきました。
一新塾でのプロジェクトは
「一市民としてゼロベースでビジョンを描くこと」
「現場主義であること」
「自分だからこそのミッションを掘り下げること」
等、大切にしていることがあります。

 

この試練の現実があったからこそ自分の殻に亀裂が入り、この同志がいたからこそ現場に身を投じられる。

今回も、多様なミッション、多様な社会テーマで挑戦するプロジェクトが次々と発信され、

笑いあり、涙あり、後悔あり、感動あり、と会場全体で共感の輪が大きく広がりました。

 

■新刊『人生と社会を変える「根っこ力」政策提言・社会起業・市民活動』

志を生きるガイドブックです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306