<< 戸田市長選挙で一新塾16期生の菅原文仁さん(42歳)が初当選! | main | 一新塾講師に湯浅誠氏!「1ミリでも進める子どもの貧困対策」 >>

『大転換時代 今こそ揺るがぬ「自分軸」を!』

「将来なくなる仕事」・・・衝撃的な内容がニュースになった。
たとえニュースにならなくても現場で働いている人々は予測できる
事も多かったと思うが、一覧になって知らされるとショックが大きい。

オクスフォード大学は、今後10〜20年程度で約47%の仕事が
自動化されるリスクが高いとの予測を発表。
コンピューターの”技術革新”の勢いは誰もがわかっているが、
人間にしかできないとこれまで思われていた仕事が、ロボットや
機械が代わりに行うことになる。
果たして人間にしかできないことは何だろうか。

一新塾最新刊の本にも以下のように書かせていただいた。


一新塾本「人生と社会を変える根っこ力」はじめに より抜粋

--------------------------------------------------------

●私たちが生きているのは大転換時代

 世界の秩序が揺れ動く時代にあって、私たちの生き方も、働き方も、
社会の在り方も転換を迫られます。人生100年時代と言われる中、サラ
リーマンであれば、一つの会社で定年を迎えて終わりとはならず、定年
後の第2の人生のレールは自ら敷かなければなりません。あるいは、こ
れからは、一つの会社だけでなくパラレルキャリアが普通になっていく
かもしれません。働き方は、ますます多様化、流動化し、転職、起業、
UIJターンもさらに加速していくでしょう。

 私たちが生きているのは大転換時代です。

こういう時代だからこそ、時代の波にのみこまれることなく、自分軸を
しっかり定めたいと思います。揺るがぬ志の杭をあなたの足元に
打ち込んでください。

計り知れないあなたの可能性を完全燃焼させるためには、
揺るがぬ「根っこ」が必要なのです。

--------------------------------------------- 抜粋終了

国連の関連機関がまとめる「世界幸福度報告書」の2018年度版
では日本のランキングは54位。前年より3つ下げた。
上位はフィンランド、ノルウェー、デンマーク。

小中学生の不登校の人数も年々増えている。
原因は「不安」「無気力」友人関係や家庭の状況が影響している。
日本の夫婦は3組に1組が離婚しているという現状もある。

高齢化社会による介護の問題、現役世代の減少、地方消滅の危機、
課題をあげればきりがない。

けれども、上記の一新塾本に書かせていただいたように、
こういう時代だからこそ、一人一人が自分軸をしっかり定める
ことが必要なのだ。それはこの23年間の一新塾の歩みの中で
心底実感させていただいた。

社会の試練は、一人一人の「主体性」を引き出すきっかけ。
「この問題を放っておけない」「目をつぶれない」という
思いが出てきたら、できれば、諦めずに、勇気を持って、
社会の現実と自分自身にじっくり向き合ってみてほしい。

一新塾では「自分」と「社会」を重ね合わせることを一番大切にしている。

社会と自分との違和感をそのままにしない。
そこから新しいビジョンを描いてみる。
社会創造への一歩を仲間と踏み出してみる。

そのためにこそ、揺るがぬ一人一人の「自分軸」が
しっかりと定まることが必要なのだ。
 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM