<< 『私が一新塾コミュニティと出会うまで』 | main | 『グッドモーニング仙川!プロジェクト』〜一新塾OBの児島秀樹さん >>

一新塾OBの鮫島正洋さん(弁護士・弁理士)!~ドラマ化もされた池井戸潤氏の小説『下町ロケット』に登場する神谷弁護士のモデル

今週は、一新塾OBの鮫島正洋さん(弁護士法人内田・鮫島法律事務所代表パートナー弁護士・弁理士)をお迎えしました。テーマは「下町ロケット!知財系弁護士の挑戦」です。

 

ドラマ化もされた池井戸潤氏の小説『下町ロケット』に登場する神谷弁護士のモデルとなったのが鮫島さんです!

 

鮫島さんは、弁護士登録する前年に一新塾第5期(1998年)に入塾された一新塾の先輩でもあります。一新塾時代に取り組まれていた「市民のための憲法セミナー」、当時の白熱した議論が蘇ってまいりました。

 

優秀な技術を持った中小・ベンチャー企業は数多く存在しますが、多くは特許・商標を有効に生かせず大手に対して不利な状況を強いられるケースがあります。

 

鮫島さんは、国内でも数少ない技術系弁護士です。技術に特化した弁護士事務所を開設されて、「技術法務」という理念を生み出し、法律業務に加え、技術の収益化や知財戦略のソリューションを提供し、ベンチャーや中小企業経営を大きく後押しされています。知財系弁護士として道なき道を切り拓いてこられた鮫島さんの人生の歩みと、社会起業家として知っておくべき知財・法務の基本を学ばせていただきました。

 

塾生のアンケートでいただいた最も印象に残った鮫島さんのお言葉です。

 

●限界を設定しない
●5年後の自分を明確にする
●好きな事だったらくじけない
●原理原則を貫く
●まず、マーケットを見る
●自分で研究会を主宰する
●ブルーオーシャンを考える
●鶏口牛後、他人の舟に乗らない
●GDPスケールは変えてもいい
●長い目線で利益を考えれば、長い目線で見る人達が集まる
●日本が強くなるためにベンチャーと大企業の連携が有効

 

 

★新しい時代を拓く一新塾
「社会起業」「政策提言」「市民活動」
体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM