先週は一新塾OBの深田智之氏(会津東山温泉くつろぎ宿社長・湯瀬温泉せせらぎ宿社長)にご講義いただきました。
テーマは「事業再生は街づくり・人づくり〜高知・会津・秋田」。

 

深田さんは、元々、第一勧銀総合研究所(現みずほ総研)で大規模公共施設のコンサルティングに携わっていました。
あるとき、毎年7000万円の運営赤字を出し続けていた高知県須崎市のグリーンピア土佐横浪(大規模年金保養基地)と出合います。そして、株式会社リゾート・コンベンション企画を起業し、運営を受託。2年目で黒字(1,200万円)を達成し、利用者数の3割増、さらに従業員の業務意欲向上、地域振興を実現。

 

そして、次なる深田さんの挑戦は、会津東山温泉での地域再生ファンドを活用しての破綻寸前の三旅館の同時再生でした。
かつて竹久夢二や与謝野晶子も愛した東山温泉。最盛期には旅館数33を数えた温泉街もバブル崩壊で、温泉への入込み客は1992年の約81万人から、2006年は約42万人に半減。そうした苦境も跳ね除けて、徹底的なコスト削減を図り、3館の特色を色分け、わずか1年半で黒字を達成、3年余りで再生を完了させました。

 

そんな中、襲った東日本大震災。震災直後、行政支援が本格始動する前に旅館をいち早く無料開放。ピーク時には1,400名ほどの被災者の方の支えとなりました。2011年4月3日からは大熊町の方々の二次避難場所としてピーク時は520名の方々にご利用いただきました。

 

さらに、2014年7月より、秋田県鹿角市の湯瀬ホテルの譲渡を受けて新たな挑戦に挑まれています。

 

◎企業として人のためになる理念
◎理念を貫き通す「志」と「収益」
◎収益向上には、正しい「コスト削減」と「増収策の展開」

 

東山温泉での難しい景観の問題もしっかり道をつけられ、
人材の可能性を存分に引き出し、地域の資源を発掘し磨き上げる、深田さんの経営哲学、改めて刻ませていただきました。

 

◎会津東山温泉 旅館 くつろぎ宿

http://www.kutsurogijuku.jp/

◎ 四季彩り秋田づくし 湯瀬ホテル

http://yuzehotel.jp/

 

 

■新しい時代を拓く一新塾

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/