昨日は、元三重県知事、早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所顧問でいらっしゃる北川正恭氏に一新塾でご講義ただきました。

 

テーマは「生活者起点!善政競争によって地方から日本を変える」です。

三重県知事時代、「生活者起点」の理念を掲げ、県庁を事務事業評価システムでPDCAを回す仕組みを導入。道を拓いたのは、県庁職員との徹底的なダイアログ(対話)。

 

次は、議会にPDCAを回す仕組みをと「マニフェスト」を提唱。マニフェストは2003年の統一地方選挙と総選挙に取り入れられてから、日本の政治においてもすっかり根付きました。
2004年には「早稲田大学マニフェスト研究所」を設立し、ローカル・マニフェストによって地域から新しい民主主義を創造するための調査・研究を推進されています。

 

ミクロの“ゆらぎ”がマクロを制するが如く「一点突破全面展開」でムーブメントを巻き起こし続けている北川氏の突出した社会変革者としての知恵を学ばせていただきました。

塾生の皆さんからの気づきの言葉です。


●マニフェストは、自分の体験、人生を交え、心に響くものをつくる
●検証可能な政策を掲げPDCAサイクルを回す
●時代の変化を見据える
●対話を繰り返し渦をつくる
●生活者起点のためにはアカウンタビリティ
●政治は手段である
●政治は変わりつつある
●マニフェストは武器になる

 

地方を変えるには議会を変えること。地方議員は民意の反映機関。生活者起点の社会創造に向けて、地方議員の果たす役割の重さがズシンと響きました。

 

 

■新しい時代を拓く一新塾

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/