<< 志を生きる人生にシフトする一新塾 | main | 一新塾講師に、NPO 法人リベラヒューマンサポート理事長の三好徹史氏! >>

塾生活動レポート『つまずきによる転倒を予防するインソールを開発!』 一新塾33期 長野放さん

今回は、2014年11月に一新塾第33期を卒塾された長野放さんのメッセージ
をお届けいただきます。

長野さんは、オーストラリアのVictoria大学にて、歩行バイオメカニクス
の研究者として、高齢者の転倒防止問題に取り組まれ、
転びにくくなる靴の中敷き(インソール)の開発に成功されました。

「研究成果を社会に還元したい!」との思いで、法人を起ち上げ、
「ISEALインソール」として商品化、「世界で最もイノベーティブな
新しいケア商品」として、ロンドンで表彰もされました。

長野さんの志を生きる挑戦をお伝えさせていただきます。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
塾生活動レポート

『つまずきによる転倒を予防するインソールを開発!』

                     一新塾33期 長野放

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


●父の言葉

 私が小さな子供だったある日、予備校の講師であった父が珍しく
酔っぱらって帰ってきて、突然私の両肩をグッと掴み、目を直視しながら、
こう言いました。

「残念ながら、お前は俺の子供だから、天賦の才は無い。
ただ一つだけ…志の追求のためには、努力をして諦めない才能がある。」

 それだけ言い残し、父は寝てしまいました。
 子供に対して「才能が無い」と言うのはまずいと思いますが、その日から
私の心にその言葉が強く刻まれました。

 そんな私が、自分の志を燃やす場所を探し続けて、回り道をしながら
行き着いた先は「シニアの方達が、転倒しないようにする」という社会貢献でした。


●祖父の転倒

 私は北九州で生まれ、横浜で育ちました。高校生の頃から「健康科学」に
興味を持っていましたが、偏差値や受験科目で大学へ進学したため、どう
しても自分の選んだ道だと思えず、大学を中退して健康や運動の研究が
さかんなオーストラリアのVictoria大学に留学することになりました。
そこで、バイオメカニクスという学問において優秀な成績を収めたとのことで、
教授よりHonours学位(優等学位)という研究学位に推薦されました。
その研究テーマが、「シニアの方の転倒予防」でした。

 教授には「人生を懸ける覚悟があるなら、やってみなさい。」と言われ、
その言葉に幼い頃に刻まれた父の刻印が反応を始め「よし!やってみよう!」
という気持ちになりかけました。

 しかし、いまいちピンとこなかったのは、「転びたくはないけど、擦り剥く
くらいでしょ?」という見識だったからです。やるなら本気でやりたいが、
本当にこれなのだろうか?と思っていたある日、母から「父(私の祖父)が
転んで骨折して、病院に搬送された!」と連絡があったので、急いで北九州
の祖父のところに行きました。

 幸い命に別条はありませんでしたが、全く歩けなくなり、そこから長い
リハビリが始まることになりました。


●志のための完全燃焼

 この件がきっかけで、「転倒予防に全エネルギーを注ぎ込もう。」と決心
しました。調べてみると、転倒はシニアの方にとって大きな問題であることが
分かりました。

◎多くの方が転倒により怪我をして、要支援・要介護に陥っている。
◎個人レベルでも国家レベルでも医療費増大の要因となっている。

 Honours学位の一年間…幼いころからの願いであった「志のための完全燃焼」
を初めてすることができました!

 リハビリをしている祖父に会うたびに、「何があっても必ず結果を出すから、
諦めずに頑張って!」と言い続けてきました。

 後に引けない状況を作り、とにかく全てを出し尽くした一年間。
結果として、最高成績を取り表彰され、研究成果は国際論文にて発表されましたが、
あれだけやれば誰でもできて当たり前と言える位、とにかく努力をすることができました。


●インソールの開発に成功

 そして博士課程で、転びにくくなる靴の中敷き(インソール)の開発に成功
しました。インソールは、足首の角度をコントロールするように設計されていて、
転倒の最大の原因であるつまずきのリスクを軽減し、バランスや反射速度も向上
します。日本では転倒率を1%下げる毎に直接的な医療費だけで365億円以上削減
できるので、皆がインソールを履けば、大きく転倒予防に繋がるのではないか?
という思いで開発しました。こうした業績を評価され、ISEALという研究機関で
働き始めました。

 しかし、ここで自分の中の志の炎が燻りだしたのです。


●疑問の芽生えと一新塾

 その理由は、インソールが完成したのに、誰も履いていないという事実からでした。
私は研究者として、インソールを開発しましたが、誰かが広めてくれるという
わけではありませんでした。

 それどころか、「インソールの研究も成功に終わったし、次はVRやAIを使った
歩行研究だ!」と言われ、それらを始めている自分に疑問が芽生え始めました。
インソールが完成したのに、それを世に出さずして、他の研究を始める?
これでは、結局誰一人の転倒予防にも貢献していないのでは?

 「研究者は研究が仕事」という現実と「研究成果を社会に還元したい」という
自分の思いがバラバラになり、「志を生きる」という原点を考え、行きついた先が
一新塾でした。


●とにかく動いてみる

 私は通信科でしたが、帰国時に合宿やセミナーに参加して、自己変革のきっかけ
を掴むことができました。

 特に「6つの箱」はいつでも自分の指針です。
 当時、「社会ビジョン」「社会の現状」は明確だったものの、何故か燻っている
自分を変革するために、「根本原因」を考えてみました。
自分自身の弱点と向き合うことで、研究者が陥りやすい「机上の空論」に傾倒していて、
「とにかく動いてみる」ということが欠如しているのだと気付きました。
それを軸に「これまでの人生」→「新しい人生」を考えると、「研究者」という自己像から、
研究を社会に役立てる「社会事業家」という自己像が見えてきました。


●世界で最もイノベーティブな新しいケア商品

 「解決策」として、法人を起ち上げ、飛び込みでとにかく色々な靴会社を訪問し、
転倒予防効果のあるインソールを開発してください!と伝えてきました。

 門前払いもありましたが、志の共鳴が起こることもあり、様々な方達のサポート
を得て、インソール入りの靴が販売開始され、オーストラリアの新聞に取り上げられ、
「世界で最もイノベーティブな新しいケア商品」として、ロンドンで表彰もされました。

 そして、所属していたISEAL研究所の名前を取り「ISEALインソール」として、
オンラインショップにて販売も開始しました。
https://www.iseal-insole.net/jp 

 まだ始めたばかりですが、社会事業として、売り上げは色々と還元したく思っています。
例えば、(現在交渉中ですが)バングラデッシュの靴メーカーとの話が進めば、
売り上げを用いて、バングラデッシュの学生がオーストラリアで勉強するための
奨学金を作りたいと考えています。

 もちろんシニアの健康促進には引き続き積極的に参加したく思っております。


●今後に向けて

 日本は、世界一の超高齢社会を迎え、医療費や介護の問題など社会保障制度の破綻
が危惧されています。しかし、さまざまな工夫や、合理的な対応により問題は徐々に
解決されていくでしょう。私は、高齢化に付随する問題を解決するための、サービスや
商品を提供する産業(特に健康産業)の活性化に力を尽くしていきたいと考えています。

 

 

★新しい時代を拓く一新塾(東京・大阪・名古屋・仙台)

「体験セミナー&説明会」 開催中!
以下のHPからお申し込みください!
https://www.isshinjuku.com/ 

 

★【一新塾書籍 志を生きる講師と卒塾生45人】
「人生と社会を変える根っこ力〜政策提言・社会起業・市民活動」
https://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM