9月27日に行われたOBOGコンサルティングコース講座。
アドバイザーは、卒塾生の河内智之さんと中村淑代さんと坂田静子さんです。
先輩の現場での奮闘、壁にぶつかっても何度も乗り越え、志を貫いている姿に、参加者一同、たくさんの勇気をいただきました!

 

●河内智之さんは、銀行員⇒青年海外協力隊⇒法律事務所⇒塾講師などを経て一新塾第27期に入塾。「理想の学校を創ろうプロジェクト」立上げ。2014年2月にはNPO法人未来をつかむスタディーズを設立。
http://www.mirasuta.net/index.html
中学校・高校を中心にキャリア教育、グローバル教育を推進。これまでに約60校、600コマ、さまざまな新しい授業に挑戦しています。

 

●中村淑代さんは、NPO法人らぷらんど( https://www.rapland.org/ )の代表として、「就労継続支援A型事業所」「自立訓練(生活訓練)」「児童発達支援・放課後等デイサービス」を運営されています。一新塾第34期では、多忙の合間を縫って、熊本から飛行機で東京の一新塾教室まで通っていただきました。卒塾後、熊本に加え、東京でも「らぷらんど調布」を開設されました。

 

●坂田静子さんは、墨田区の福祉保健部長の時に一新塾第16期で入塾されました。団塊世代が地域で輝く「ハッピーセカンドライフ」プロジェクトを立ち上げ。区役所退職後、国際ファッションセンター株式会社常務取締役、現在、東京東信用金庫で
中小企業支援に関わり墨田区の発展にご尽力されています。墨田区内の中学生が東京スカイツリーのおみやげを考案、地元の企業が製品化するコンテストを手掛けたり、『すみだ六次化支援ネット』( https://sumida6.or.jp/ )の理事としても活躍。
自治体への政策提言、行政との協働、産業振興や福祉など後押しいただいています。

 

 

■新しい時代を拓く一新塾(2018年11月4日開講)

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会開催中!

ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/