<< 説明会の冒頭で「ふるさと納税」始まりの物語をお話しします! | main | 10月14日投開票の岩国市議会議員で一新塾12期生の姫野敦子さんがトップ当選! >>

『シャイニング・キッズ・ファミリー』

 今回は、一新塾39・41期生の山北千束さんのメッセージをお届けいたします。
 山北さんは、お仕事では、外資系の法人でウエディングプランナーとして
ご活躍をしながら、仕事の傍ら、都内の児童養護施設で遊びや学びの
ボランティアとして10年間携わってこられました。

 2017年10月に、今を生きる子ども達に寄り添いながら、社会全体で子ども達を
応援し、必要なサポートを考えていく団体『シャイニング・キッズ・ファミリー』
をスタートさせました。

 山北さんの志を生きる挑戦をお伝えさせていただきます。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

塾生活動レポート

     『シャイニング・キッズ・ファミリー』

                一新塾39・41期東京本科
                       山北千束
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


 生まれや育ちの環境の格差で子どもが未来を諦めてしまう現状を打破したい。
どんな子どもも自分なりの幸せを感じて前を向いて人生を歩めるように。


●注目が集まった目黒の虐待事件(社会の現状)

 目黒の幼児虐待死を受け、虐待の問題に人々の注目が集まりました。
悲しいニュースのその陰で、全国で約3万6千人の子ども達が、育児放棄を含む、
虐待、親の病気、貧困、親の服役などの理由で、親と離れ、社会的養護を受け
ながら暮らしています。

 その子ども達は、どの様な気持ちで、どこに向かいどうやって育っていくのか?
社会的養護の“社会”にいる私達に何ができるでしょうか?


●私の生い立ち

 仕事は、外資系の法人でウエディングプランナーとして、たくさんの新しい
家族の誕生を見届けています。国や文化、習慣や宗教も越えて家族になって
いく人々のドラマを受け止める事は私にとって深い学びに繋がっています。

 私自身は、愛に溢れた家族の中で育ちました。家族と過ごす時間が何よりも
大好きでした。末っ子ので人に甘えてばかりの幼少期。しかし、アメリカで
過ごした学生時代にステップファミリーや、フォスターファミリーなど、家族
には様々な複雑な形があり、それが機能している事を知りました。

 日本に帰国後、しばらくして母を突然の病気で亡くしました。太陽のような
母に照らされていた家族が、暗闇に包まれたようでした。心にどう折り合いを
つけて暮らしていけばいいのか、わからなくなりました。


●児童養護施設との関わり

 そんな時、親と暮らせない子ども達が生活する、児童養護施設の存在を知りました。
社会貢献に興味があった訳ではなく、子ども達がどんな理由でそこ来なくてはなら
なかったのか、どんな気持ちで日々を過ごしているのか、育っていく過程やその後
を知りたくなり、仕事の傍ら遊びや学びのボランティアとして、関わるようになりました。

 元気に走り回る子ども達の澄んだ目の奥には、隠した寂しさが透けて見えました。
ふとした時の言動に、背負わなくてもいい、たくさんの問題を抱えながら生きている
現実が浮き彫りになっていました。

“この子達に本当に必要な支援は何か?
一時的に笑顔にする、絆創膏のような支援ではなく、もっと深いところで子ども達の
長い人生に関わっていかないと、解決には繋がらないのではないか?”と思い始め
ました。しかしながら社会の問題が複雑に絡み合っており、私なんかには、到底解決
できないと、子ども達を前にして自分の無力さに歯がゆい思いを募らせていました。

 じっくりと10年携わると、子ども達ひとりひとりの特性や困りごとも見えてきました。
ただの『ボランティアさん』ではなく、家族ではないけれど『いつもそばにいる人』と
認識されるようになりました。また施設との信頼関係も強まり、相談事を打ち明けて
下さるようになりました。


●子ども達に教えられた事

 家族の始まりを見せる気持ちで、子ども達を招き、児童養護施設内で
自分のささやかな結婚式を挙げさせて頂きました。子ども達が内緒で練習した
『君は愛されるために生まれた♪』という歌を披露してくれました。
私は、はっとしました。子ども達への支援をする事ばかりを考えていましたが、
彼らはすでに大切なものが見えていたのです。辛くても前を向き、人を想い人を
愛する、子ども達はそんな強さも兼ね備えているのです。
子ども達の持つ魅力、エネルギーを社会の人に伝えていこうと決心しました。
そして、一人でも多くの人が社会の子ども達を皆で応援し、育ち合っていく意識
を持てるような、活動に繋げていきたいと思っています。


●一新塾が気づきをくれた

 ライフワークの活動では、簡単には解決できない問題を小さな子どもが抱えて
生きているという現実に直面しました。一方、仕事では、人生の大きな節目「結婚」
に関わり、人が人を想う温かい気持ちに触れてきました。結婚する時に実感する
幸せをほんの少し必要とするところに「シェア」出来る仕組みを作りたいと思い、
一新塾の門を叩きました。

 一新塾に入り、自分の覚悟を試しながら、直球だけではなく多方面からの
アプローチの必要性を知り、活躍している講師・先輩方からのアドバイスや、
同志からの叱咤激励が、背中を押してくれています。仕事をしながらの活動は、
なかなか進まなこともあります。
そこで、仕事、家庭、一新塾、シャイニング・キッズ・ファミリーをバランス
よく分けて考えるのではなく、自分の人生の中に、マルっと全てを繋げて活動する
ことを意識しています。視野がグンと広がって新しい発想が生まれるようになりました。


●『シャイニング・キッズ・ファミリー』をスタート

 私は、今を生きる子ども達に寄り添いながら、社会全体で子ども達を応援し、
必要なサポートを考えていく団体『シャイニング・キッズ・ファミリー』を
スタートさせました。

 施設にいる子どもたちが生まれた場所はそれぞれです。
しかし、子どもによっては16年も施設のある地域で生活をしていくことになります。
子ども達のふるさとになる地域の皆で、子ども達を守り育てていく事が当たり前
になるように。そんな想いで『心のファミリー』を増やす活動をしています。

 施設を退園すると社会的養護の枠から外れ、子ども達は自立の道を歩みます。
退園後も、心配事があれば気兼ねなく『心のファミリー』にSOSを出せるような
距離感を保ちながら、進学、就労、生活、プライベートに関しても相談できるよう、
長いスパンで見守っていく事を私達は目指しています。


●子どもの“ふるさと”には愛がある

 施設のある赤羽の人たちは、自分達の大好きな街を皆で一緒に魅力ある場所に
しようという動きが活発です。

 施設の子ども達の存在を知って貰う為、地域の皆さんに向けたイベントを
開催したところ、『施設の存在や子どもの現状を知らなかった。』
『我らの地域の子ども達を応援しよう!』とたくさんの方に賛同頂きました。
今までは、なんとなく触れづらい、閉鎖的な場所であった児童養護施設に人々が
注目し始め、何が今必要なのかを皆で一緒に考える、そんな風が吹いてきました。

・商店街のお店や病院にパンフレット募金箱
・北マルシェにPRブース
・街の人が児童養護施設に足を運んで頂けるイベント開催
・シャイニング合唱団を結成し、子どもの澄んだ歌声を披露
などを実施してきました。

また今後は、
・地域のお母さん達のネットワークと一緒に子どもの未来を考える
・地元の商品を活用した寄附商品の開発
などさらに人々からの理解がより増える事を目指します。


●子ども達が傷ついた心を癒し回復するための『サローネ』再建設プロジェクト

 老朽化の為、建て壊しの決まった児童養護施設の『サローネ』というホールの
再建設を目指しています。

 イタリア語で集う場という意味のサローネ。ここでは、歌ったり、音楽を
奏でたり、踊ったり、アートに触れたり、スポーツをしたり、伸び伸びとした
自分なりの表現が発揮でき、自己肯定感を上げる大切な場所として、施設に
併設されています。

 クリスマスには、全子ども達、全職員スタッフが一丸となって、生誕劇を
300名の前で上演します。オーディションを受けて配役が決まり、学校が終わる
とサローネに集まり、何度も何度もセリフや動作を練習します。高校生になると、
大道具や照明、音響などの裏方に回って劇を盛り上げます。

 その他、退園した子ども達が、年に1度集まるサローネは、懐かしい仲間に
会える、子ども達のふるさとの役目をはたしています。余談ですが、生前の
マイケル・ジャクソンもこの赤羽にある『サローネ』を訪れ、子ども達に愛を
伝えてくれました!

 サローネは、生活の場所ではないため、公的な資金で賄えず、寄附を募って
います。一定の寄附を頂く方には、お名前やメッセージをプレートにして、
サローネに刻んでいく事を考えています。


●地域を越えた活動

 児童福祉問題を多角的に見ながら、海外の方と議論をする事も、新しい発見に
繋がります。現在は、広尾にある、西町インターナショナルの社会貢献の授業
の中に、児童養護施設の子ども達との触れ合いを組み込んで頂くことになりました。

 また、寄附を募る際に、使用目的を明確にすることで、支援者が増え
『子ども達の夏の合宿』を実現する事が出来ました。今後も大使館や外資企業
の皆様との交流をしながら、子ども達への支援の質を上げることに繋げています。

 公的な資金内で、特性の違うこどもひとりひとりのケアをすることには限界が
あります。注目度が上がり、たくさんの人の理解と人手、モノ、資金的な支援が
入ることでその一人一人に、適切で丁寧な対応ができるようになります。
それは、子ども達が大人になった後にも大きな影響を与える程大切な基盤となります。


●時代と共に子どもの成長に寄り添う

 子どもを取り巻く環境は年々複雑さを増しています。
 シャイニング・キッズ・ファミリーは、いつも子どもと寄り添い、子どもを
いつも真ん中に置く事を意識しています。厚生労働省の新しい養育ビジョンへの
議論も活発化しています。私達はたくさんの『心のファミリー』と手を組みながら、
どんな育ちの子ども達も、自分なりの幸せを感じて生きていけるような、
愛のある社会を広げていきます。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾(2018年11月4日開講)

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会開催中!

ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/

 

 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM