<< 一新塾講師に、前松阪市長であり在宅診療の医師である山中光茂氏! | main | 「大前研一政策研究」講義 >>

『COMMUNITY CAFE & PUB 時々 SPA PROJECT』

今回は、一新塾38・40期生の柿沼靖さんのメッセージをお届けいたします。
 柿沼さんは都内で働くサラリーマンとして活躍されながら、埼玉県羽生市
の実家で認知症のお母さまを老々介護されているお父さまに思いを寄せて
『COMMUNITY CAFE & PUB 時々 SPA PROJECT』を立ち上げました。

家族が認知症になっても誰も苦しまない、安心して認知症になれる街に
羽生市をしていきたいとのビジョンを掲げ、2018年3月に羽生市の実家の
茶室「游庵(ゆうあん)」を活用した認知症カフェを開催されました。
 
 多忙な仕事の合間を縫って活動される柿沼さんの志を生きる挑戦を
お伝えさせていただきます。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

塾生活動レポート

『COMMUNITY CAFE & PUB 時々 SPA PROJECT』
〜多世代の游び場 茶寮「游庵」(ゆうあん)を
 埼玉県羽生市に開設することを目指すプロジェクト

                一新塾38・40期東京本科
                       柿沼 靖
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


●何か行動しなければ

 私は港区の不動産会社に勤務するサラリーマンです。
さいたま市に住んでおりあまり自己主張しない普通の会社人間でした。
実家は埼玉県羽生市ですが、ほとんど帰らず無関心でした。
このままでは成長できず、世の中の流れから取り残されると危機感を持ち、
何か行動しなければいけないと感じました。

 その頃、一新塾が実際にプロジェクト立ち上げをサポートしてくれる
ということ知り、ここならビジネススクール以上のものが学べるのではないか
と思い2016年5月に入塾しました。


●老々介護

 埼玉県羽生市の実家に住んでいる私の母は要介護度3の認知症であり、
父が介護しています。

 母は食事・着替え・トイレ・入浴が一人ではできず、父が母を老々介護しています。
父は介護のため2年前、地域の老人会会長を辞め、趣味を諦め、旅行も行けず、
近所付き合いをする余裕もなく、精神的に煮詰っている様子でした。

 プロジェクト立ち上げの動機は、認知症である母の介護が更に重くなっても
父が自分の人生を生きられるようにしてあげたい。父のため地域交流の場所を
作りたいと思ったことです。


●安心して認知症になれる街に

 現在は家族の誰かが認知症になるとその方を介護する家族の負担が重くなります。
毎日新聞の調査によると自宅で介護している方の約7割が肉体的精神的な限界を感じ、
約2割の方が介護疲れから殺人・心中を考えたことがあるというショッキングな
結果が報告されています。地方自治体の財政負担も益々重くなることが予想され、
認知症が増えれば皆が不幸になり苦しむといのが社会の現状です。

 この現状を変え、家族が認知症になっても誰も苦しまない、安心して認知症に
なれる街に羽生市をしていきたいと考えました。


●プロジェクトがスタート

 羽生市に認知症カフェを立ち上げ、地域交流、多世代交流の拠点とする
と共に両親の癒しの場とすることを決意しました。このプロジェクト名が
「COMMUNITY CAFE & PUB 時々SPA PROJECT」です。

 一新塾のメンバーを得て、プロジェクトがスタートしました。
まずは、都内やさいたま市でイベントを実施することにし、ノウハウを得た後、
羽生市でやることにしました。


●認知症カフェ開催

 2017年2月には、品川区五反田のレストランで認知症カフェを開催。
「行けば元気になる明るく楽しい認知症カフェにしよう」という意見がメンバー
と一致し、既存の認知症カフェとは異なるイベントを実施することにしました。
立ち上がったばかりでまだ地域で認知されてない私たちの活動でしたので、
集客のためにチラシを配布したり、有給休暇を取り公共施設を訪問したりして
かなり頑張りました。参加者は24名。介護者の他、五反田の商店街に住む
認知症に関心がある高齢の方が多く集まりました。

 プログラムは、まず民生委員の方から認知症と介護の話をしてもらいました。
その後、語学学校のフランス人の先生にフランス映画の名場面を例に歳を
取っても魅力的に生きるフランスの女性の生き方を説明していただきました。
そして、フランス語と日本語で「オーシャンゼリゼ」をみんなで歌いました。
最後にフレグランスアドバイザーの方が用意された香水を嗅ぎ、香りは記憶を
呼び覚ます力があるという話を聞きました。 「明るく楽しい」にこだわりましたが、
イベントの内容が魅力的なら集客はできるということが実証できました。

 2017年4月には、さいたま市南区の「ヘルシーカフェのら」で認知症カフェの開催。
7名が参加。最初に地域包括支援センターの方に認知症の話しをしていただき、
その後、BBCのコメンテーターでもあるイギリス人の英語の先生に映画
「ローマの休日」の映像を見ながらオードリーヘップバーンのスキンシップ
の話や欧米夫婦のコミュニケーションの大切さについての解説もしてもらいました。


●本丸である実家のある羽生市で認知症カフェ

 2017年6月以後も一新塾40期OBOGコンサルティングコースを継続し、活動を
続けることにしました。目的は、本丸である実家のある羽生市で認知症カフェを
開催することです。

 最初に羽生市役所の高齢介護課に相談し、次に社協のボランティア団体として
「COMMUNITY CAFE & SPA PROJECT」を登録しました。そして拠点となる場所探し
を始めました。

 できればオシャレな場所で開催したいと考えていましたが、田舎なので適切な
場所がありません。悩んだ結果、実家の茶室「游庵(ゆうあん)」で開催すること
を決めました。母が数年前までお茶を教えており実家にたまたま茶室があったことと、
父が外出を面倒臭がっており自宅を認知症カフェにすれば人が集まり、話す機会も
作れると思ったことが理由です。


●認知症カフェのイメージ

 介護する家族の方は茶室で抹茶を飲んでリラックス。
認知症当事者の方はリビングでスタッフがお世話します。
介護する家族の方には介護のことを忘れていただきたいので別室の茶室で過ごしていただきます。

 2018年3月に、実家の茶室游庵で認知症カフェ「抹茶と和菓子で寛ぐ癒しと閑談の茶寮」
を開催しました。一新塾OGと親戚及び大学時代の友人に手伝いを依頼しました。
お茶のお点前は以前の母の弟子でもある親類の奥さんにお願いすることにしました。
茶室で練り菓子を食べ、抹茶を頂きその後、リビングに移りました。そして、介護の
悩みとその解決方法について話しました。殆どの方とは初対面でしたが、皆さんが
率直に日頃の介護の悩みを話して下さる雰囲気が作れました。ケアマネージャーも
いらしたので、的確なアドバイス も頂きました。

 参加者は8名。参加者は母が通っている介護施設の利用者のご家族の他、父や母に
久しぶりに会おうとやってきた知り合いの方もおり、自宅で認知症カフェを開催した
意義を実感しました。参加者の感想でも「これまで羽生市の認知症カフェはボラン
ティアの方が演奏を披露したり、皆で歌を歌ったりするばかりで参加者同士の交流の
時間はなかったので今回のように交流の時間を持てて良かった」と言って下さり
やはり一方通行でないイベントは満足度が高いということが実証できました。


●今後の目標は

【小目標】:地域交流(REGIONAL EXCHANGE)
 徒歩・自転車圏内の方との交流を再び実施します。
 埼玉県羽生市内の高校茶道部と協力し認知症茶寮を開催したいと考えています。
介護者にとっても若い人との交流によって介護を忘れ元気をもらえるのでWINWIN
の関係になると思うからです。

【中目標】:世代間交流(INTERGENERATIONAL EXCHANGE)
 介護タクシー等の外出支援、足湯体験、野菜収穫体験、小学校・中学校の部活応援、
認知症の方の事業承継、相続の相談を考えています。介護者が地域のことや昔の
遊びを教えたりして子供と接することにより介護のことを一時でも忘れる効果も
あるのではと考えています。

【大目標】:国際交流(INTERNATIONAL EXCHANGE)
 羽生市は藍染が特産です。地元の藍染作家の協力を得て認知症当事者及び
ボランティアと共に藍染の作品を販売し、魅力を世界に発信できないかと考えています。
またアメリカやヨーロッパの認知症カフェや羽生市の姉妹都市であるフィリピンの
バギオ市の介護施設とスカイプ等を通じて交流するイベントを開催し「游庵」を
国際交流のプラットフォームにするのが大目標です。介護の体験を世界の人と共有
することができますし、また英語を使って会話することにより脳を活性化させ介護者
自身の認知症予防に役立てたいと考えているからです。
「田舎であっても多世代の国際交流ができる街それが羽生」を目指します。

 

 

■誰もが志を生きられる一新塾(2018年11月4日開講)

体験セミナー&説明会は残りわずか!

10月24日(水)19:30〜21:45

10月27日(土)15:00〜17:45

ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM