昨日は前南相馬市長の桜井勝延氏を一新塾にお迎えしました。
テーマは『市民と共に現場から南相馬の復興に挑む』。

 

桜井氏は、宮沢賢治に憧れ岩手大学農学部に進学。
卒業後、農業の現場で働くことを選択。稲作と酪農に没頭する中、産業廃棄物処分場の建設問題に直面。命と環境を守るため市民運動に立ち上がりました。

 

そして、市議会議員となり、2010年1月に南相馬市長に初当選。

 

2011年3月11日、東日本大震災。
さらに、福島第一原発の原子炉建屋が相次いで爆発。
南相馬市は、原発から半径20キロ、30キロで市域が分断され物流が断絶。市内にとどまっていた2万人の市民に救援物資も届かない。桜井氏は動画投稿サイト「YouTube」で窮状を訴え、反響は大きく、世界各国から物資が送られました。米国タイム誌から2011年版の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれました。

 

その後も、切実な厳しい現実と試練、難しい判断を迫られる中で、地域住民のために随所で徹底して現場感覚を貫き、揺るがぬ信念でリーダーシップを発揮してこられた桜井氏。

 

講義では、志を貫く人生に感動いたしました!

 

また、「世界一ロボットの実験がしやすいまち」や試練を経験し

スイッチが入った若者の今後の活躍もとても楽しみです。

 

「原点は、現場で汗をかくこと」
「お金よりも心の再生が重要」
「自分の弱さを見つめる」

深い哲学を伴ったお言葉の一つ一つが深く響きました。

 

東日本大震災から間もなく8年。
南相馬市の当時から今日までを振り返りつつ、未来に向けて、私たちに何ができるか向き合う機会となりました。

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/