先週末に、一新塾にお越しいただいた前南相馬市長の桜井勝延氏。
東日本大震災から8年。南相馬市の当時から今日までを振り返りつつ、

未来に向けて、私たちに何ができるか向き合う機会となりました。


※今回は、これまで一新塾の講義でいただいた色紙の言葉4つを

写真と共に並べさせていただきました。


桜井氏の農家に生まれて宮澤賢治の大学に進学した動機、農業の現場の過酷な生活、

産廃処分場の試練、市長としての東日本大震災の試練、それぞれを通して蓄積された

人生哲学を感じさせていただく言葉の一つ一つです。

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/