昨日は一新塾卒塾生の菊地真紀子さんが運営されている大田区蒲田の「キネマフューチャーセンター」の現場にて広報戦略講座&コンサルテーションの講義でした。

 

菊地さんは2007年11月に一新塾第21期に入塾され、卒塾後、合同会社VALN設立、大田区のものづくり企業、出産・子育てのためにキャリアを断念せざるを得ない女性たちと共に地域の問題解決をする取り組みを展開されました。NPO法人ワップフィルムの活動で、地域映画「商店街な人」「未来シャッター」を制作。対話型映画として上映される「未来シャッター」は3年9ケ月のロングラン上映記録へ。2013年7月には、商店街の空き店舗を活用してコミュニティカフェ・コワーキングスペース「キネマフューチャーセンター」を設立。そこでは、「未来シャッター」も上映し、キネマ子ども食堂も開催されています。2016年より一新塾の理事も担っていただいています。

 

ビジネス中心の生活をされていた菊地さんが一新塾に入られ、地域で活動されるようになってから11年。ゼロから始める地域コミュニティづくり、地域の広報戦略の知恵をたくさん持っていらっしゃる菊地さんのこれまでの活動をミッション基軸でお話しいただきました。同時に人を巻き込むための練り上げられた広報戦略の知恵もお話しいただき、一新塾生のプロジェクトに様々なアドバイスをいただきました。生い立ち、お仕事、一新塾でチーム活動を立ち上げて地域活動をされる歩みが、菊地さんのミッション・ビジョンで貫かれていることが実感され、心の底から感動いたしました。
 

●「キネマフューチャーセンター」
https://kinemafc2013.wixsite.com/kinemafuturecenter

 

 

<一新塾「体験&説明会」開催中 5月開講>
第二の人生は「志」でチャレンジしませんか?社会を広く学び志を生きる技術を体得できます。
【東 京】 4/13,17,20,24,5/2
【大 阪 】4/27(土)
【名古屋】4/28(日)
【仙 台】 5/3(金祝)
ご予約はこちら?https://www.isshinjuku.com