先週は宇部市長で一新塾OGでもある久保田后子氏をお迎えし、「女性市長が地域を変える〜市民と語る、考える、動く」のテーマでご講義いただきました。2009年6月に山口県内で初の女性市長となった久保田后子氏。爽やかで明るく、尽きぬ「宇部」への情熱を感じさせるエネルギーに圧倒されました。


子どもを育てながら、市議、県議を経て市長としては現在3期目。苦難多き政治の世界で市民を第一とする志を曲げることなく、信念を貫かれ闘い続けてこられた歩みに心揺さぶられました。

 

宇部市は「世界一灰の降るまち」と言われたところから、危機感を感じて草の根でアートを生み出し、人の心を復興させていった歴史があり、街は花と彫刻であふれています。こうした歩みがあってこその「産業」と「緑」と「アート」の調和する、宇部だからこそのまちづくりがありました。

 

現在は、人口減少や少子高齢化を見据えた、安定した雇用、新しい人の流れ、若い世代の結婚・出産・子育て、地域資源活用、スタートアップの支援の充実も力を入れています。

 

久保田氏の活動の原点は「保育園のおやつを添加物のないものに」など、暮らしの中の素朴な思いを発信する草の根市民活動。一主婦の活動から始まった思いがけない政治への道。宇部に夫がUターンしたことで、ご自身がIターンに。その実体験から、UIJターンの政策も実感を込めて進められています。日々の暮らしを原点にされる徹底した姿勢、市民活動から政治の世界に飛び込まれた久保田市長の生活者視点での揺るがぬ「市民軸」。


講義を聞く塾生も人生の分岐点であったり、次なる飛躍、志を生きる人生を政治で、地域で、UターンIターン等も考えている方も多く、後半は質問尽きぬ展開となりました。「現地、現場、対話」が大切だと何度もおっしゃられ、現場にこそ未来を拓く知恵が溢れていることや、市長が現場での対話をどれだけ大切にされているかが伝わってきました。「切実感」「危機感」の共有こそが未来を拓くことも教えていただきました。

 

最後の塾生へのメッセージは


「まずは始めよう!何か成し遂げたいならば!」

 

長い政治の経験からも深く実感されていること、何かを成すには時間がかかる、だから行動しながら走りながら考えようという私たちへの励ましの言葉をいただきました。

 

 

■【一新塾 45期 塾生募集中】
一新塾は人生と志を受け止めあい、共に社会の問題を解決してゆく一歩を踏み出す知恵と方法論を体得する学校です。東京・大阪・名古屋・仙台・通信で学べます。「社会起業」「政策提言」「市民活動」を自らの志で始めませんか?体験セミナー&説明会に参加しませんか?
https://www.isshinjuku.com/ 

 

■【一新塾書籍】久保田市長も執筆いただいています。
「人生と社会を変える根っこ力〜政策提言・社会起業・市民活動」
https://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html