今週は、一新塾講師として北川正恭氏(元三重県知事、早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所顧問)にご講義いただきました。テーマは、「生活者起点!地方議会から日本を変える」です。

 

人生の歩みを通じて、政治家として生きるとはどういうことか、最初の衆院選への挑戦で467回の語る会の開催で空気を一変させたこと。政治改革で与野党でやりあった時に壁がなくなったと感じられた体験も響きました。

 

そして、1995年の地方分権推進法の年に三重県知事に就任され、徹底的なダイアログ(対話)で、官官接待を断ち、情報公開の徹底、地方分権を加速し、生活者起点の改革に邁進されたこと。県庁に事業評価(PDCA)を導入し、政治にもDCAを導入しようと、マニフェストを日本の政治に根付かせた北川先生の社会変革者の姿勢に感銘を受けました。

 

時代の岐路に立ち、考え方の基本哲学を磨き、徹底的に対話し、マニフェストを武器に社会にぶつかっていくことの意義を刻ませていただきました。

 

ミクロの“ゆらぎ”がマクロを制するが如く「一点突破全面展開」でムーブメントを巻き起こし続けている北川氏の生き方から学ばせていただきました。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」開催中!
●東京 9/4(水),7(土),11(水),14(土),18(水),21(土)
●大阪 9/28(土)
●名古屋 9/29(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/