昨日は、OBOGコンサルティングコース講座。


現場での実践が何より尊いことを実感する時間でした。
現場に飛び込み、まず動いてみることの重要さ!
壁にぶつかっても、すぐに芽が出なくても、根っこを掘り下げ、継続することの大切さ!この場では、解決の糸口が見えない難題を、現場に飛び込み、試行錯誤の連続でもがきながら、手探りで道を見出してきた先輩方の歩みが原動力となり、次に続く挑戦者の背中を押していただいています。

 

【一新塾卒塾生のアドバイザーご紹介】

●中村淑代さん
中村さんは、NPO法人らぷらんど( https://www.rapland.org/ )の代表として、「就労継続支援A型事業所の運営」「自立訓練(生活訓練)」「児童発達支援・放課後等デイサービス」に取り組まれています。一新塾第34期では、多忙な時間をやりくりして、熊本から飛行機で東京の一新塾教室まで熱心に通っていただきました。そして、多様な仲間たちの収益アップのために株式会社NILSを設立。卒塾後、熊本に加え、東京でも「らぷらんど調布」を開設されました。現在、フィリピンと日本を往復し、子ども時からプログラミングに慣れるプラットフォーム作り、フィリピンからの情報発信する若者の支援にも奔走。

 

●河内智之さん
河内さんは、一新塾第27期で「理想の学校を創ろうプロジェクト」のリーダーとしてチーム活動に取り組まれました。2014年2月にはNPO法人未来をつかむスタディーズを設立。
http://www.mirasuta.net/index.html
多様な経歴とネットワークを活かして、学校におけるキャリア教育、グローバル教育を推進。これまでに中学校・高校を中心に、約70校、700コマ、在日の外国人とも協働して授業を
実践。現在、神奈川県立高校と業務提携し、2019-2020 2年間の毎週、新しい科目「総合的な探究の時間」カリキュラム構築・授業実践中。

 

●坂田静子さん
坂田さんは、墨田区職員として「中小企業振興」公害対策など環境問題に関わり、一新塾第16期入塾時は、福祉保健部長でした。一新塾では「団塊の世代が地域で輝くハッピーセカンドライフ」プロジェクトを立ち上げ。区役所退職後、国際ファッションセンター(株)常務取締役として中小企業の応援に関わり、墨田区内の中学生が東京スカイツリーのおみやげを考案し地元の企業が製品化する『中学生おみやげアイデアコンテスト』を手掛けたり、『すみだ六次化支援ネット』( https://sumida6.or.jp/ )の理事としても活躍。

 

 

■一新塾「体験セミナー&説明会」予定 11月10日開講

東京   10月の水曜と土曜に開催中
大阪   10/22(火祝)最終回
名古屋  10/22(火祝)最終回

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/