今週は、千葉市長で一新塾OBの熊谷俊人さんを講師にお迎えしました。

テーマは『千葉市の未来をつくる〜誰も置き去りにしない社会へ』。

 

NTTコミュ二ケーションズの社員だった熊谷さんは、
2006年に一新塾入塾。
政治の道を決意され、2007年に千葉市議へ。
そして、2009年、当時31歳で千葉市長に就任。
政令指定都市としては最年少。(現在3期目)
就任後、「脱・財政危機宣言」を発出。
国に先駆けて実施した「市民参加型事業仕分け」。
「子ども未来局」を新設し待機児童ゼロを達成。
ICTを活用して地域の課題解決に市民が参画する『ちばレポ』。
国家戦略特区を活用した「ドローン」など先端技術の施策。

 

「未来のためなら石を投げられてもやることをやる」との責任と覚悟で千葉市改革に奮闘し続けています。

 

このたびの台風・大雨では、被災された住民の方への親身に寄り添われ、現場のニーズをタイミングよく政府に緊急要望書を働きかけ、国の支援を引き出し、日本全体の制度を変えることとなりました。
また、停電した病院、老人ホーム、福祉施設、児童用志施設などへEV車配備。買い物難民化した地域への移動版売車。事前に準備された民間企業との連携。
さらに、Amazonほしいものリストの活用、市町村首長とのネットワーク、SNSでの住民と直接つながっての情報共有など、
危機を想定しての万全の準備に敬服しました。

 

参加された塾生の皆さんの胸に刻まれた言葉です。

 

●何より行動を起こす!
●逆算して計画を立てる
●歴史から未来を見る
●政治は希望をつくる
●首長と議員が経営者
●民間の活用
●ウェットな人間関係でドライな改革
●信頼関係が大切
●敗者をつくらない
●人を動かすには小出しにする
●二階級上の職位で考える

 

毎年、新しい挑戦を積み上げている熊谷さんの熱いエネルギーに、参加者一同、大いに奮起させていただきました。

 

【熊谷俊人さんプロフィール】

1978年生まれ。神戸市出身。父の転勤に伴い千葉、奈良、大阪、兵庫に在住。1995年阪神大震災被災。電気・ガス・水道などのライフラインが全て止まり、自衛隊のポンプ車のお世話に。早稲田大学卒業後、2001年NTTコミュニケーションズ(株)入社。06年一新塾第18期入塾。07年4月千葉市議会議員選挙に当選。09年6月千葉市長選挙に当選、31歳で市長に就任。政令指定都市としては歴代最年少。2013年5月再選。2017年5月三選。

 

■誰もが志を生きる一新塾

https://www.isshinjuku.com/