一新塾で何より大切にしている“現場主義”。
「社会の現実」に「自分の人生」を投げいれて生きる姿勢そのものです。


“現場主義”を貫いているのが、熱海で、社会起業家として
地域づくり・まちづくりに奮闘されている一新塾OBの市来広一郎さん。

1月13日は、市来さんを講師に、60名で熱海を訪れての現場視察講座でした。

 

市来広一郎さんは、ビジネスコンサルティング会社のサラリーマン時代の2006年
に一新塾18期に入塾。翌年、生まれ育った熱海にUターンし、脱サラ起業。
2008年にatamistaを設立(2010年NPO法人化)。熱海の魅力を満喫する
体験交流型プログラム「熱海温泉玉手箱(オンたま)」をプロデュース。

 

次なる挑戦は、2011年に株式会社machimoriを起業。“Creativeな30代に選ばれる都市”
をビジョンに掲げて、シャッター街となっていた熱海のまちなか再生に着手。


第一弾として2012年7月に「CAFE RoCA」をオープン。
第二弾として2015年夏には「Guesthouse MARUYA」。
第三弾として2016年には、コワーキングスペース&シェアオフィス「naedoco」。
第四弾として2019年に「ホテル ロマンス座カド」をオープン。

 

熱海の中心市街地のリノベーションまちづくりに取り組まれています。

 

そして、
不動産価値を上げ、
雇用を生み出し、
人口を増やす、
こうした成果がすでに数字となって現れています。

 

その舞台裏でのご苦労やそれを乗り越えた
一つ一つのドラマが心に響きました。

 

「たった一人の思いから地域は変わる!」
市来さんの熱き志が一人また一人と連鎖していく歩み。

熱海にUターンされた2007年から13年間の
奮闘の日々の積み上げの重みが響きました。

 

やってから謝る。
謝ることをきっかけにビジョンを伝える。
反対者が続々とかけがえのない協力者に変わっていく
お話にたくさんの勇気とエネルギーをいただきました。

 

ビジョンは大きくアクションのハードルは小さくのモデルを
示していただきました!

 

【一新塾】「体験セミナー&説明会」予約スタート!
〜東京・大阪・名古屋・仙台・通信〜
 <社会起業・政策提言・市民活動>
https://www.isshinjuku.com/