今週は、一新塾OBで佐賀県上峰町長の武広勇平さんをお迎えしました。テーマは『上峰町で、オンリーワンの自治体モデルをつくる!』。

 

上峰町は、佐賀県の東部のほぼ中央部、三養基郡に位置する人口9,551人、3,550世帯が暮らす町です。全国最年少首長(当時)として29歳の若さで上峰町変革に挑んだ武広さんは、自身の給与50パーセント削減や、ふるさと納税(全国5位)等増収施策を積極的にすすめるなど、財政再建を中心に取り組み、2009年からの8年間で、町(財政規模30億) の借金を30億円減らし、20億円の基金(貯金)をつくりだしました。

 

講義では、「志を生きる人生」と「上峰町の政策」の二本柱で熱く語られました。

 

塾生時代から抱いていた人一倍強い正義感。
藻谷浩介さんの講義を通じて「地元に変える決心」をされたこと。

仲間5人で市政の未来を議論し、自ら「町長選に挑む」決断をした転機。

そして、上峰町長となり、孤立しても志を貫き続け、財政健全化に挑む姿勢に感動いたしました。

 

●財政健全化
一般財源規模を37億から120億へ拡大!

 

●ふるさと納税
「ふるさと納税」がもたらす財政健全化への大きな効果。
さらに、新産業の誕生にも「ふるさと納税」が一役買っていること。
ウナギの例はとても興味深く聞かせていただきました。

 

●教育
レアジョブとの協働による小学校での英会話のマンツーマンレッスンで、
「通じた!」という喜びと成功体験で得た自信は本当に大きいようです。
ALT(外国語指導助手)を雇うコストの1/4で実現。
教育格差を緩和する、一人3万円の「教育クーポン」も始まります。

 

●6次化の交流拠点
地域商社の可能性、これから誕生する6次化の交流拠点もとても楽しみです。

 

3期目に突入し、地域の可能性をますます引き出していることに心より敬意を表します。

 

【誰もが志を生きる一新塾】

体験セミナー&説明会@東京

5月16日(水)最終回、ご予約はこちら!

http://www.isshinjuku.com/

 

今回は、一新塾名古屋地域科の木村卓二さんのメッセージをお届けいたします。
木村さんは2017年12月に、在宅医療のクリニックを開業されました。

 

「過ごしたいところで、過ごしたいように、過ごせることをお手伝いする」

 

ことをミッション・ビジョンに、患者さんに日々寄り添われていらっしゃいます。
医療の枠組みだけにとらわれることなく、まちづくりの一員となれる在宅医療の
お取り組み、ぜひ、ご覧ください。

 

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

塾生活動レポート

         『オリーブ在宅クリニックを開業』

                               一新塾38・40期 名古屋地域科
                                                           木村卓二

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


●オリーブ在宅クリニックを開業

 

「過ごしたいところで、過ごしたいように、過ごせることをお手伝いする」
現在、私は、これをミッション・ビジョンとして掲げて在宅医療に取り組ん
でいます。それも、ただ、過ごせればいい、というわけではなく、健康な人も、
病を持った人も、障害を持った人も、その家族もみんな安心して過ごせる。そ
してそれを当たり前にする。

 

このミッション・ビジョンを現実にするために、2017年12月オリーブ在宅
クリニックを開業しました。


●医師を志した理由

 

私が医師を志したのは、もともと小児喘息で医師という存在が身近であった
ことに起因していると思います。

 

そして、心に決めたのは中学2年の職場見学のときでした。職場見学は、
当時のいわゆる老人病院で、関節の拘縮、とこずれ、拘束される、そんな高齢
の方を目の当たりにしました。高齢者がこのような姿で最期を迎えようとして
いることに衝撃をうけたことを覚えています。

 

「戦後の日本を支えてきた方々が、このような最期でいいのか?」

 

驚きと悔しさと、無力さがあり、それならば自分が医師になって少しでも
かえてやる、そんな志をたて医師になりました。


●在宅医療

 

医学部で6年間過ごし、気がついたことがありました。「病気は軽すぎても
重すぎても治療はできない」ということ。そこで卒業のときには「病を持った
生活を支える医師になる」という志をたて、臓器別の専門ではないジェネラリ
ストである総合診療医学、家庭医療学を専門とすることにしました。

 

研修医をへて、救命救急、集中治療、内科、小児科、整形外科を学びながら
総合診療としてまとめ、大学病院、一般病院、都会の診療所、へき地診療所で
勤務する中でもっとも志をもと医療を実践できそうな場面が「在宅医療」でした。

在宅医療を始めた当初は在宅で医療を提供できれば在宅医療ができると考えていました。


●様々な想い

 

在宅医療に取り組むと、様々な想いに出会います。

 

病を抱えたまま、自宅で過ごしたいと願っても、本人の希望よりも治療が
重視され、病院から退院できなかった想い。

 

障害をもった子を生み育てる決断をし、日々育っていることがうれしいが、
育児休暇も終わりいざ現場に復帰しようとしても、預け先がないために働くこと
ができないシングルマザーの想い。

 

癌を煩い、残された時間がわずかとなった今、最期にたべたがっているもの、
食べられる形で調理できない為、たべることができない、食べさせることが
できない想い。

 

長い介護生活を終え、看取った後の方のさみしい想い。

 

こうした想いによく出会うようになりました。


●もやもやとしていた時期

 

いろいろな想いに出会ううちに、医療の提供だけでは不十分ということは
痛いほどわかりました。そうはいっても制度の問題、行政の問題、勤務先の
ルールもあり、すべてを「仕方ない」で片付けていました。

 

しかしながら自分は今のままでいいのか?そんなもやもやとしていた時期、
出会ったのが「誰もが志を生きられる」一新塾でした。

 

実際には業務に追われて一新塾に参加できなかったことも多かったのですが、
合宿に参加することで濃密に得られることが多くありました。そんな中でも
「ミッション・ビジョン基軸」「根っこを大切に」「エゴと志」の考え方は
私の迷ったときの考え方の軸になっています。そのツールが6つの箱です。
また、合宿で出会った方に言われた、「何かをやろうとすると、必ず出る杭に
なる。出る杭は打たれるが、突き抜けてしまえば打たれなくなる」という言葉
が私の支えとなっています。


●出会いと決断

 

同時期に私を大きく変えたのは先天性疾患を負った小児のお母さん方にとの
出会い、そしてそんな家庭を支える制度がついてこないなら自分が立ち上がる
と動いていた方との出会いでした。

 

このまま勤務医のままでは志を果たせない。行動を起こしてこそ、一新塾で
学んだ価値がある。そう決断し、モデルとなる診療所をいくつか見て回り、
決断から3ヶ月後、退職の意志を伝えその半年後に開業しました。

 

「過ごしたいところで、過ごしたいように、過ごせることをお手伝い」を
ミッション・ビジョンとして2017年12月に開業をし、活動しています。具体的な
行動目標として「本人、家族、地域を支える。そのためのすべてのリソースは
その地域にある。リソースに気づき、そしてつながることで、本人、家族、地域
を支えあう町づくりをする」としています。


●チーム作り

 

そのために医師としてのスキルアップ、本人・家族をフォローするチーム作り、
地域をつなげるための勉強会を主催、講演会も引き受けることで実践しています。
喫緊の課題としては、もっと本人・家族を支えるため、在宅医療の導入前、開始、
終了後のフォローに取り組む。さらに病院や地域と連続性をもって取り組むチーム
作りです。

 

これからも、一新塾で学んだマインドを忘れずにミッション・ビジョン基軸
で取り組んでいきます。

 

※オリーブ在宅クリニック
http://olive-homecare.com/

 

◎社会起業・政策学校一新塾

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

 

4月16日はOBOGコンサルティングコースの講座でした。
今回のアドバイザーは地域をフィールドに奮闘している一新塾OBのお二人。熱海から市来広一郎さん。広島から岸保宏さん。お二人とも、点から線へ、線から面への展開に、チャレンジのギアの次元を上げていく人生。揺るがぬビジョンと行動力に触れ、参加者の現場主義のプロジェクトはさらにエンジンがかかってきました。

 

■市来広一郎さん
NPO法人atamista代表理事・株式会社machimori代表取締役・一新塾18・20期東京本科。
1979年熱海生まれ熱海育ち。IBMビジネスコンサルティング サービスに勤務。2006年に一新塾入塾。2007年に熱海にUターン。2009年より「熱海温泉玉手箱(オンたま)」をプロデュース。2008年atamistaを設立。2011年、補助金に頼らないまちづくりを目指して株式会社machimoriを設立。2012年空き店舗をリノベーションしCAFE RoCA オープン。2015年にGuesthouse MARUYA を、2016年にはコワーキングスペース& シェアオフィス「naedoco」をオープン。
http://machimori.jp/
http://atamista.com/
 
■岸保宏さん
株式会社マスタード・シード22代表取締役・一新塾24期福岡地域科
1976年広島県庄原市生まれ。会計事務所勤務の傍ら、農業支援をする株式会社マスタード・シード22の代表取締役を務める。
規格外野菜を使ったベジアイス(商標登録)の企画・販売、地域活性化のためのイベント企画、地域ブランド商品支援、産直拠点の構想支援なども行う。 現在は、クラウドファンディングの組成支援も行い、自らもベジアイスファンドを立ち上げるなど、幅広く活動。2017年12月には著書『地域農業のスプラウト』 (ライフデザインブックス新書) を出版。
https://www.amazon.co.jp/dp/4908492581/

 

◎新しい時代を拓く一新塾

<東京・大阪・名古屋・仙台>

体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

 

先週は、「第40期 広報戦略講座&コンサルテーション&蒲田現場視察講座」。一新塾OG・理事の菊地真紀子さんの運営する地域情報発信の拠点、大田区蒲田の「キネマフューチャーセンター」での開催でした。

 

菊地さんは、地域ニーズに価値を見出す地域密着型広報代理店をコンセプトに合同会社VALNを起業。さらに、NPO法人ワップフィルムのプロデューサーとして地域映画「商店街な人」「未来シャッター」を制作。そして、商店街の空き店舗にコミュニティカフェ&コワーキングスペース機能を兼ね備えた拠点「キネマフューチャーセンター」をつくり、多様な人が集うまちのにぎわい創出に取り組まれています。子どもから大人まで誰もが集える「キネマえがお食堂」を運営も喜ばれています。

 

地域に変革をもたらした活動を見ていくと、そこには、練り上げられた広報戦略が必ず存在します。ミッション・ビジョンを研ぎ澄ます「タテ軸戦略」と情報発信し、共感を広め、地域のさまざまなセクターの方々を巻き込んでいく「ヨコ軸戦略」。


40期本科生は卒塾に向けた総仕上げとして「広報戦略」「コミュニティビルディング」をテーマに、菊地さんの現場の奮闘から生まれた知恵でアドバイスいただきました。

 

【塾生アンケートの気づきの言葉です】

●広報戦略はミッション・ビジョンのタテ軸ありき
●やはり対象者を明確にすべき
●誰をどのように、いつ幸せにするか
●ビジョンを明確に対話で仲間を作っていく
●常に発信していく
●周囲を巻き込む戦略と行動力
●前向きに進めば道が開ける
●拠点となる場所を持つことの重要性

 

 

◎キネマフューチャーセンターホームページ

http://kinemafc2013.wix.com/kinemafuturecenter#

 

◎一新塾新刊(2017.9) 菊地さんも執筆!
「人生と社会を変える根っこ力〜政策提言・社会起業・市民活動」(一藝社)
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html

 

◎新しい時代を拓く一新塾
体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

 

社会は目まぐるしく
移り変わる。

 

それに合わせて
自分が変わらなければ
ならないのではない。

 

その環境変化が刺激となって
本来の自分を引き出すのだ。

 

激動の時代にあって、
あなたはあなたのままでいい。

 

志を生きるとは、
本来の自分を生きることだと思う。

 

━仙台会場━━━━━━━━━━━━━━━

“根っこ力”が社会を変える

仙台「一新塾体験セミナー&説明会」
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 仙台会場 日時

5月3日(木祝)13:00〜15:45【最終回】

会場:「トークネットホール仙台(仙台市民会館)」
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号
(地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!」

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

参加費:無料

お申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


【主な内容】

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ(志)」と「幹」をつなげる問題解決フレームワーク『6つの箱』とは?
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!


【講師プロフィール】

森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

1964年生まれ。1988年慶應義塾大学卒、積水ハウス(株) に入社。
「都市開発」「まちづくり」の仕事に携わる。
1996年一新塾へ入塾。
1997年政策学校一新塾マネジャーへ。大前研一氏の下で薫陶を受ける。
2002年一新塾のNPO化に伴い、代表理事・事務局長就任。
21年で約5000名の塾生の“志を生きる挑戦”に立ち会い、人生の転機での相談役。
これまでに1000を超える「政策提言」「社会起業」「市民プロジェクト」をインキュベート。
誰もが、いつでも、どこでも、市民を生きられる『志を生きる方程式』のメソッドを確立。
年間100の講座と700回の個別コンサルティングを行う。入塾前の体験講座として、
一新塾体験セミナーも担当。これまで、全国で千回開催、1万人が受講。
市民起点の新しい国づくり、地域づくりの支援に全国を日々奔走している。

著書に『人生と社会を変える根っこ力』(一藝社)、『根っこ力が社会を変える』
(ぎょうせい)、共著に『一新力』(文屋)、『今のニッポンを変えろ!』など。