時代の転換点、従来のシステムが限界を露呈する中、
今ほど「根っこ」が求められる時代はありません。

「根っこ」さえしっかりしていれば、
どんな嵐が来ても耐えることができます。

「根っこ」は、肩書や経歴とは違います。
自分自身の奥底にある揺るがぬ重心です。

自らの人生の羅針盤であり、
自ら描く社会ビジョンの羅針盤です。

「根っこ力」によって、
どれだけ人生が拓かれるのか?
どれだけ社会に拓けをもたらすのか?

 

 

誰もが志を生きる一新塾「体験セミナー&説明会」 

東京   10月の水曜と土曜
大阪   10/22(火祝)最終回
名古屋  10/22(火祝)最終回

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/

「やりたいことが漠然としているのですが、一新塾で何かみつかりますか?」
よくご質問いただくことの一つです。

 

激動の時代の中、多くの方が「もやもや」を抱えています。
サラリーマンであっても、経営者であっても、
どんなバックグラウンドの方であっても、
誰もが不透明な未来を抱えています。

 

一新塾では、講義を通じて、社会のテーマを広く深く学び、
志を鮮明に生きるロールモデルの講師の方々と出会う中で、
自分の根っこの思いが鮮明になってきます。

 

また、やりたいことを定めるための塾生同士のワークショップ
と個別コンサルテーションもご用意しています。

一新塾は多様なバックグラウンドの方が「社会への疑問」を持ち、
講義をきっかけに、ゼロベースで未来を拓くビジョンにアクセスする場です。
一人で考えるより最短距離で自分だからの道を発見できると思います。

 

※一新塾45期は、いよいよ11月10日(日)に開講です。

 

--------------------------------------------------

 

■一新塾 45期 体験セミナー&説明会
https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

主な内容:
●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●社会変革者の舞台裏のストーリー
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ」と「幹」をつなげる『6つの箱』
●「社会起業」「政策提言」「市民活動」3つの方法論
●OBOGのプロジェクト紹介

 

【東京会場】--------------------------

10月9日(水)19:30〜21:45
10月12日(土)15:00〜17:45
10月16日(水)19:30〜21:45
10月19日(土)15:00〜17:45【最終】

会場:一新塾セミナールーム(東京都港区芝3-28-2 カスターニ芝ビル2F)
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)https://isshinjuku.com/map.html

 

【名古屋会場】------------------------

2019年10月22日(火祝)13:00〜15:00【最終】

会場:「ウィルあいち(愛知県女性総合センター)」会議室1
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

 

【大阪会場】--------------------------

2019年10月22日(火祝)19:00〜21:00【最終】

会場:「新大阪丸ビル新館」408号室
(住所)大阪市東淀川区東中島1-18-27(JR新大阪駅から徒歩2分)
(地図)https://marubiru-honkan-shinkan.com/pdf/jpl_honakan_map.pdf

 

--------------------------------------------------

 

日本社会には、よきリーダーがいないと言われることがありますが、よきリーダーを育てるメンバーがいないのではないでしょうか?
よきリーダーは、よきメンバーなしには生まれない。
よきリーダーは成長し続け、よきメンバーは成長を促し続けます。

火曜日は、44期本科のメンバーシップ講座。

 

 

一新塾「体験セミナー&説明会」予定 11月10日開講

東京   10月の水曜と土曜に開催中
大阪   10/22(火祝)最終回
名古屋  10/22(火祝)最終回

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/

 

世界を掻き回すトランプ大統領。目が離せないブレグジット。
西欧型民主主義国家モデルの崩壊。


こういう時代だからこそ、地方に軸足を移せばいい。
国家が混乱しても地方は繁栄できる。


これからの繁栄の単位は主権国家ではなく、地域国家である。
オリンピックや万博などイベントで人を呼ぶのではなく、
地域を磨くことで、毎日、人が来る、企業が来る、情報が来る、お金が来る。


そのためには、道州制!

日本を北海道、東北、関東、首都圏、中部、北陸、関西、中国、四国、九州、沖縄の11の道州に分割し、自治権を与え、各道州は、知恵を絞って世界からヒト、モノ、カネ、情報を呼び込み発展を競い合う。
 

週末の大阪、名古屋での講座にて。

 

 

 

一新塾「体験セミナー&説明会」予定 11月10日開講

東京   10月の水曜と土曜に開催中
大阪   10/22(火祝)最終回
名古屋  10/22(火祝)最終回

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/

 

昨日は、OBOGコンサルティングコース講座。


現場での実践が何より尊いことを実感する時間でした。
現場に飛び込み、まず動いてみることの重要さ!
壁にぶつかっても、すぐに芽が出なくても、根っこを掘り下げ、継続することの大切さ!この場では、解決の糸口が見えない難題を、現場に飛び込み、試行錯誤の連続でもがきながら、手探りで道を見出してきた先輩方の歩みが原動力となり、次に続く挑戦者の背中を押していただいています。

 

【一新塾卒塾生のアドバイザーご紹介】

●中村淑代さん
中村さんは、NPO法人らぷらんど( https://www.rapland.org/ )の代表として、「就労継続支援A型事業所の運営」「自立訓練(生活訓練)」「児童発達支援・放課後等デイサービス」に取り組まれています。一新塾第34期では、多忙な時間をやりくりして、熊本から飛行機で東京の一新塾教室まで熱心に通っていただきました。そして、多様な仲間たちの収益アップのために株式会社NILSを設立。卒塾後、熊本に加え、東京でも「らぷらんど調布」を開設されました。現在、フィリピンと日本を往復し、子ども時からプログラミングに慣れるプラットフォーム作り、フィリピンからの情報発信する若者の支援にも奔走。

 

●河内智之さん
河内さんは、一新塾第27期で「理想の学校を創ろうプロジェクト」のリーダーとしてチーム活動に取り組まれました。2014年2月にはNPO法人未来をつかむスタディーズを設立。
http://www.mirasuta.net/index.html
多様な経歴とネットワークを活かして、学校におけるキャリア教育、グローバル教育を推進。これまでに中学校・高校を中心に、約70校、700コマ、在日の外国人とも協働して授業を
実践。現在、神奈川県立高校と業務提携し、2019-2020 2年間の毎週、新しい科目「総合的な探究の時間」カリキュラム構築・授業実践中。

 

●坂田静子さん
坂田さんは、墨田区職員として「中小企業振興」公害対策など環境問題に関わり、一新塾第16期入塾時は、福祉保健部長でした。一新塾では「団塊の世代が地域で輝くハッピーセカンドライフ」プロジェクトを立ち上げ。区役所退職後、国際ファッションセンター(株)常務取締役として中小企業の応援に関わり、墨田区内の中学生が東京スカイツリーのおみやげを考案し地元の企業が製品化する『中学生おみやげアイデアコンテスト』を手掛けたり、『すみだ六次化支援ネット』( https://sumida6.or.jp/ )の理事としても活躍。

 

 

■一新塾「体験セミナー&説明会」予定 11月10日開講

東京   10月の水曜と土曜に開催中
大阪   10/22(火祝)最終回
名古屋  10/22(火祝)最終回

 

一新塾ホームページよりご予約下さい。
https://www.isshinjuku.com/