一新塾OBの田中大二郎さんが、アゴラ(言論プラットフォーム)で低コストな大学設立を提言されています!

 

公民連携型で低コストな大学を設立可能にせよ(上)
http://agora-web.jp/archives/2046443.html

 

公民連携型で低コストな大学を設立可能にせよ(下)
http://agora-web.jp/archives/2046488.html

志を歩む道は、常に試練と共にあります。

 

思わぬ壁が訪れ、
44期本科生はスモールモデル誕生の直前に、
45期本科生は現場に飛び込むタイミングで、
ブレーキ。

 

試練が訪れたからこそ、
人生の本当の意味を掘り下げ、
社会の本来の在り方にアクセス。

 

制約条件があっても
前進できることが
明かされました。

 

週末は、
同志と共に試行錯誤の奮闘の日々を称え合い、
エールを送り合う機会となりました。

大転換時代。
時代の変化に翻弄されるのではなく、
新しい時代を自ら創造していく
生き方があります。


誰もが組織の立場から一個人に立ち戻り、
一市民として社会と向き合い、
ゼロベースで
新しい人生に生まれ変わることができます。

 

たとえ転んだとしても、
人は何度でもギアチェンジでき、
志を生きる人生を
進化させ続けることができます。

 

ビジネスも、市民活動も、社会起業も、政治も、
未来創造の可能性に溢れています。
すべての人たちが使命を発揮して、
新しい地域づくり、
国づくりに向かう道が必ずあります。

一昨日は、東京本科&OBOGコース合同オンライン講義。
44期本科生にとっては、卒塾式前の最後の講義!

 

社会変革に必要なものは、2つ。
1つ目は、研ぎ澄まされたミッション・ビジョン。
2つ目は、多くの人たちを巻き込む共感力。
あとは、現場に飛び込み実践あるのみです。

 

今回は、一新塾40期の黒江三栄子さん(一般社団法人グローバル文化協働支援センター代表理事)をゲスト講師にお招きして、地域の現場での奮闘を語っていただきました。

 

テーマは、以下です。
「試練の現実の向き合い方」
「業界のフィールドから地域のフィールドへ」

 

黒江さんは公務員を辞めて、1984年、27歳のとき、ダンススクールを創設しました。アーティストとして、7年間ニューヨークに行ったり来たりの生活。リーマンショックや311の経営難を契機に、地域のフィールドに飛び込み、新しい世界が広がります。

 

ダンスをご縁にベトナムとの異文化交流や留学生支援をきっかけに、現在はダンススクールを経営しながら近くでベトナムレストランも開いています。

 

一新塾では、川崎市民とベトナム、インド、中国等の外国人との共生を目指して、新たなリベラルの教育の場づくりのために「僕らのグローバルスクールをつくろう!」プロジェクトを立ち上げました。

 

今、さらなる地域コミュニティづくりのために仲間を得て「ふれあいふるさと食堂」も運営し毎回大盛況!行政とも連携して多文化共生の「まちづくり」にも取り組んでいます。

 

 

【一新塾 「オンライン説明会」予約受付中】
あなたの志で新時代を拓いてゆきませんか?

<社会起業・政策提言・市民活動>
https://www.isshinjuku.com/

◎東 京:5/23,24,27,29
◎名古屋:5/23, 6/6
◎大 阪:5/23, 6/6
◎仙 台:5/23, 6/6
◎通 信:5/23, 6/6

5月17日投開票の神奈川県小田原市長選挙で
守屋輝彦さん(一新塾21期)が初当選を果たされました。

 

●令和2年5月17日執行 小田原市長選挙 開票結果(小田原市HP)
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/municipality/election/mayor/200517/200517kaihyo.html?fbclid=IwAR0f-ZbsLxXaWZDL6QLzcGgXjwobiFln15fcWAy3Dq6ShDA_Zb2GqH-tTrY

 

守屋さんにおかれましては、小田原市の未来創造に向けて、
志を思いっきり邁進されますことを願っております。

 

 

【一新塾 「オンライン説明会」予約受付中】
あなたの志で新時代を拓いてゆきませんか?

<社会起業・政策提言・市民活動>
https://www.isshinjuku.com/

◎東 京:5/20,23,24,27,29
◎名古屋:5/23, 6/6
◎大 阪:5/23, 6/6
◎仙 台:5/23, 6/6
◎通 信:5/23, 6/6