2016年の熊本地震では「ふるさと納税」の震災支援で2か月で30億円を
超えた。「被災地を助けたい」との思いを市民がすぐに形にできる
ようになり、現地にボランティアに行けなくても、こういう形でも
支援できることは本当にありがたいことだと思う。

 

「ふるさと納税」制度は一新塾生が2002年に政策提言活動を始めた
結果生まれた制度である。その始まりについて一新塾の最新刊でも
書かせていただいたので以下に抜粋してご紹介する。

 

以下「人生と社会を変える根っこ力」はじめに より抜粋

 

---------------------------------------------------------

「ふるさと納税」のはじまり

「ふるさと納税」といえば、応援したい自治体に寄附ができる制度。
今は誰もが知るところになった政策ですが、これは2002年に普通の市民
である一新塾生の議論の中で「生まれ育ったふるさとにこそ恩返しとし
て納税したいのに、なぜできないのか」という思いから始まった政策提
言活動でした。政策は、決して政治家や官僚だけのものではなく、本来、
この時代を生きるすべての人たちに開かれたものです。

さて、「ふるさと納税」についてですが、返礼品という仕組みまで政
策提言していたわけではなく、このような過熱した返礼品競争が起こる
とは当時は思いもよりませんでした。また、住んでいなかったところへ
納税、しかも複数の自治体へ納税できるようになることも想定外でした。
「自分を育ててくれたふるさとへの恩返し」は骨抜きとなり、政策提言
において、着地点までの理念を貫くことの難しさを痛感した出来事でし
た。また、提言に留まることなく、「政策提言」と共に自ら主体となっ
て行動する「市民活動」や「社会起業」の重要性も改めて実感する機会
となりました。

------------------------------------------------- 抜粋終了

 

このように「ふるさと納税」制度は「ふるさとへの恩返し」との
思いから生まれたものだ。制度や「仕組み」になった後、本来の
趣旨からかけ離れてしまうことがあったにせよ、底流を貫くのは、
一人ひとりの個人の思いの強さだ。

 

阪神淡路大震災や東日本大震災の出来事も、国や組織を超えて、
何とかしなければという切実感と「力になりたい」という個々の
市民の志がインターネットの情報も得て現地に向かわせた。
日本人だけでなく、世界中から支援物資が届き、駆け付けた。

東日本大震災以後に始まったWEB上で資金提供を呼びかける
クラウドファンディングも参加者がどんどん増えている。


必要なところに自ら資金を投じる意志を表しやすくなった。

「市民」が税金でなく、「最も必要だと思うこと」に寄付できる文化。
そこには一市民としての”主体性”と”選択”が生まれている。
「国も会社もやらないなら、自分で身を投じよう」と行動する人々。

 

そんな時代の「ふるさと納税」の制度は「市民の時代の象徴」だと思う。

 

昨今、これまでの常識を覆す様々な出来事がニュースになる中、
「国ありき」「組織ありき」のシステムの限界が露呈されている。

いまこそ、「市民の時代」を牽引する主体的市民が待ち望まれている。

 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会スタート!ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/

 

★一新塾新刊「人生と社会を変える根っこ力〜政策提言・社会起業・市民活動」
https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html

 

 

 

直面する試練の現実。
自分の目で見て、耳で聞いて、
現場で体当たりすることで発見できる
ものがある。

 

価値観が全く違う相手。
人生を掘り下げ受けとめていく中で
深いところで共感しわかりあえる
ときがある。

 

今こそ、求められるのは根っこ力。

 

溢れる情報、溢れる出来事、溢れる出会い。
激動の時代にのまれることなく
本来の自分に立ち戻り
日々の出来事を深く深く掘り下げる力。

 

私たちの経験する日常の中にこそ、
人生と社会と未来を拓く知恵が
散りばめられている。

 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会スタート!ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/

 

★一新塾新刊「人生と社会を変える根っこ力〜政策提言・社会起業・市民活動」
https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html

 

 

社会が変わっても
人々の志が埋もれたままでは
意味がない。

たとえ新しい組織が
生まれても、
たとえ新しいコミュニティが
生まれても、

一部の限られた人だけが
志を生きるのも違う。

すべての人たちが
志を生きるのでなければ、
社会を変える意味がない。
 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会のご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

先週は、41期本科チームのリーダーシップ研修会の第一回目!3月下旬にチームが立ち上がり、人生の受けとめ合ってのチームビルディングと現場視察でのインタビューなど、徐々にエンジンがかかってきました。まずは、対象者のニーズをどこまで深く受けとめて行けるか、現場主義の奮闘が始まります。

 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会スタート!ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/

一新塾創設者の大前研一氏は、
「かつて巨大企業が大量のマンパワーと先進技術と大資本を
注ぎ込んでようやく実現していたようなソリューションを、
今なら『たった一人の傑出した人間』がやってのけるかもしれない」
と言います。

 

「国>地域>個人」から「個人>地域>国」へと
変化しているのが今。

アップルのスティーブ・ジョブズしかり、
アマゾンのジェフ・ベソスしかり、
個人の生み出したビジョンやアイデアが、
地域に繁栄をもたらしています。

 

私たち一人ひとりが、個人で勝負する時代の到来です。

 

「一新塾体験セミナー&説明会」では、
一個人の目覚めが、どれだけ人生と社会を変えるのか、
そのからくりを紐解かせていただきます。

 

【主な内容】

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ(志)」と「幹」をつなげる問題解決フレームワーク『6つの箱』とは?
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!


━東京会場━━━━━━━━━━━━━━

“根っこ力”が社会を変える

「一新塾体験セミナー&説明会」
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■東京会場 日時

3月28日(水)19:30〜21:45【定員となりました】
3月31日(土)15:00〜17:45
4月 4日(水)19:30〜21:45
4月 7日(土)15:00〜17:45
4月11日(水)19:30〜21:45
4月14日(土)15:00〜17:45

会場:一新塾教室
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)http://isshinjuku.com/map.html


■大阪会場 日時

(1)3月24日(土)13:00〜15:45
(2)4月28日(土)13:00〜15:45

会場:「難波市民学習センター」
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
(地図)http://osakademanabu.com/namba/access


■ 名古屋会場 日時

(1)3月25日(日)13:00〜15:45
(2)4月29日(日)13:00〜15:45

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html


■ 仙台会場 日時

(1)5月3日(木祝)13:00〜15:45

会場:「トークネットホール仙台(仙台市民会館)」
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号
(地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

 


★「一新塾体験セミナー&説明会」ご予約は、こちら!
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

 

今週は東京本科の「社会変革のためのマーケティング&事業計画立案講座」でした。

 

「ビジネスの要素」と「社会変革の要素」を融合させた一新塾独自のメソッドを共有させていただき、自らのプロジェクトに当てはめて、対象者ニーズをより深く掘り下げ、事業プランのエッジを研ぎ澄ます機会となりました。

 

また、「One to Oneマーケティング」と「マスマーケティング」の違いは何か?
その特性を理解したうえで、両方の手法をどのように活用すればいいのか、じっくり向き合いました。

 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会予約スタート!

http://www.isshinjuku.com/

 

今週は、一新塾講師にNPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表の清水康之さんにお越しいただきました。テーマは「誰も置き去りにしない生き心地のよい社会」。

 

清水さんは、NHK時代に「クローズアップ現代」のディレクターとして自死遺児たちの番組を制作。「落ち度のない子たちがなぜこんなに苦しむのか」。

 

自殺は個人の問題と片づけられるものでなく社会の問題と、自らが自殺対策の「つなぎ役」「推進役」を担おうと決意。

2004年ライフリンクを設立し、10万人の署名を集めて「自殺対策基本法」成立に尽力。

 

しかし、法整備だけでは対策は進みません。遺族支援団体を後方支援する全国組織、マスコミと連携しての情報発信、足立区と協定を結んでの自殺対策の都市モデルづくり。

2016年には、基本法改正。

「国」と「自治体」と「現場」とが連動して自殺対策のPDCAが回る仕組みが構築されてきています。

 

その背後には、清水さんの「現場」と「自治体」と「国」をつないでの、心のこもった、きめ細やかな、しっかり準備を整えてのご対応。それに加えて、時に体当たりでの国や自治体を動かすダイナミックさがあってこそ。

 

「慎重であればあるほど大胆になれる」とのお言葉も染み入りました。

 

 

★新しい時代を創造する一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会予約スタート!

http://www.isshinjuku.com/

 

 

昨日のOBOGコンサルティングコース講座。
アドバイザーに、一新塾OBの堀田卓哉さん(27期)と木舟周作さん(17期)。

『日本文化』と『旅行』の世界に、ミッション基軸で新しい風を起こしているお二人に、

一人ひとりのプロジェクトに親身にコンサルいただきました。

 

■堀田卓哉さんは一新塾で「日本文化をロスジェネ世代につなぐ」チームを立ち上げ、

在塾中の2011年9月に株式会社Culture Generation Japanを起業。

2011年11月からは29期OBOGコンサルティングコースで学びながら、事業戦略をブラッシュアップ。

2012年には、東京都美術館との協働プロジェクト「Tokyo Crafts & Design」で

伝統工芸の職人とデザイナー10組のマッチング、新商品をプロデュース。

2016年より「JAPAN BRAND FESTIVAL」の運営事務局。フランスにも店舗を出店。

今年の「JAPAN BRAND FESTIVAL」は、間もなく、3月2日から渋谷ヒカリヘで開催です!

 

◎JAPAN BRAND FESTIVAL 2018 → http://www.jbfes.com/
◎Culture Generation Japan   → http://culgene.jp/
◎『人生と社会を変える「根っこ力」』→https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306

 

■木舟周作さんは、2001年5月から、906日間かけて自転車で世界一周。走行距離は何と40856km!

木舟さんは一新塾で『「旅人天国」日本』チームを立ち上げ。その延長線上で「旅育」を提唱し、

2011年12月に株式会社たびえもんを起業。2012年春に東京・練馬に『旅に行きたくなるカフェ「たびえもん」』オープン。

2015年12月には、著著『海外旅行で子供は育つ!!子供の人生を豊かにする“旅育”のススメ』(イカロス出版)を出版。


◎たびえもんホームページ      → http://tabiiku.org/
◎著書『海外旅行で子供は育つ!!   → http://www.amazon.co.jp/dp/4802201311
◎『人生と社会を変える「根っこ力」』→https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306

 

 

昨日は、一新塾に伊勢崎賢治氏(東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)をお迎えしました。

テーマは『現場主義の国防論〜主権なき平和国家』です。

 

国際NGOの職員としてアフリカの貧困問題に取り組んだり、国連平和維持軍を統括したり、

またある時は日本の外務省から指名を受け、30年以上にわたって、世界各国の紛争現場で、

紛争処理や武装解除の活動を行ってきた伊勢崎氏。

 

大学で教鞭をとる現在も自らを「紛争屋」と称する伊勢崎氏に、

マスコミではほとんど語られない「現場主義の国防論」を紐解いていただきました。

 

主権を大きく損なわれている「日米地位協定」により、自国のことを自国で決められない日本。

他国はアメリカとの地位協定改定を実現し主権を回復してきましたが、

なぜ日米地位協定は1960年の締結以来一度も改定されてこなかったのか。

地位協定を改定して主権を回復しなければ、憲法改正の議論をしても意味がありません。

 

なぜこの状況を打開できないのか?どうすればいいのか?

 

伊勢崎氏の現場での実体験とともに語られるお言葉の一つ一つがズシンと胸に響きました。

世界の常識からかけ離れた主権なき日本という国家をダイレクトに突きつけられました。

当事者意識、恐怖に翻弄されない冷静さ、胆力の重要性も、刻ませていただきました。

 

ぜひ、「主権なき平和国家〜地位協定の国際比較からみる日本の姿」ご覧ください。

https://www.amazon.co.jp/dp/4420310774

 

 

★新しい時代を創造する一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会予約スタート!

http://www.isshinjuku.com/

社会は目まぐるしく移り変わる。
それに合わせて自分が変わらなければならないのではない。
その環境変化が刺激となって本来の自分を引き出すのだ。
激動の時代にあって、あなたはあなたのままでいい。
志を生きるとは、本来の自分を生きることだと思う。

 

 

★新しい時代を創造する一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会予約スタート!

http://www.isshinjuku.com/