7月8日の講義は、
『オルタナティブを事業化する!』をテーマに、
市民NGO企業「大地を守る会」藤田和芳氏を講師にお越しいただきました。
藤田さんの人生の歩みをお伺いさせていただいて、

「農薬の危険性を100万回叫ぶよりも、
 1本の無農薬の大根を作り、運び、食べることから始めよう!」

とのメッセージ、胸に刻ませていただきました。

大地を守る会は、1975年、有機農業運動という市民運動として活動をスタートされました。農薬を使わない農作物をなんとか売ろうと始まり、共同購入や宅配事業へと展開。そして、発足から30年を過ぎた今でも、揺るがぬ理念を基軸に、NGOとしての側面と、企業としての側面の両方を持って活動を広げています。

望ましくないことがあっても、ただ「反対運動」するのではなく、代替案を提示して持続可能なように「事業化」し、経済的にも自立させます。
そして、「画一的な農業」から「多様な農業」へ。
さらに、「画一的な社会」から「多様な社会」への社会変革を促します。

1975年からスタートした「大地を守る会」は、まさに、
日本の社会起業の原点であり、パイオニアとしての知恵と持続の知恵、
そして、発展の知恵を学ばせていただきました。

また、塾生からも以下のような感想をいただきました。

●農の大切さを改めて感じさせられました。やはり、多様性と地産地消の時代へと進むしか人類の未来はないと感じます。
●自分の理念を事業化するヒントを得ることができました。
●地球に優しい生き方をしていきたい!そして、大地に触れる生活をしたいと思いました。そうすると未来の人間らしい姿に近づいていくことができる気がしました。
●食の事業を通じて革命ができる。革命は高邁な理論ではなく、誰もが必要とする食から起こせるんだ!誰も犠牲が出ずに成功する。政治に頼らず市民ができることを見させていただきました。
●変革をもたらすには、生産者・流通・消費者の全てを変えなければならないことが実感できました。
6月28日、一新塾21期の吉田雄人さん(33)が神奈川県横須賀市長選挙に、そして、一新塾6期の久保田后子さん(54)が山口県宇部市長選挙に当選されました!

吉田さんは、現役市長では、全国で三番目に若い市長となります。
朝日新聞

久保田さんは、山口県内で初の女性市長誕生となります。
読売新聞

吉田さん、久保田さんにとりましては、市政改革に向けてこれから本格的な挑戦がスタートいたします。ぜひとも、志を貫き邁進していただきたいと思います。
 一新塾18期 熊谷俊人さん(31)が千葉市長に当選!
全国最年少の市長となり、いよいよ千葉市政改革に挑みます!

 この度、ニュースサイト「 J-CASTニュース 」にて、
 インタビューを受けましたので、以下をご覧ください。

 『公用車やめモノレール出勤 31歳・新千葉市長の政治哲学』
  → http://www.j-cast.com/2009/06/15043246.html
昨日の一新塾の講師は飯島博さん(NPO法人アサザ基金代表理事)でした。
講義では、かつての常識が次々と覆されるモノの見方に圧倒されました。
「こんなに、人間には、物には、潜在力が詰まっていたのか!」と、それを引き出す飯島さんの知恵に驚かされました。

飯島さんが提案するのは、中心のないネットワーク!
アサザプロジェクトの取り組みを通じて、霞ヶ浦の環境再生のために、流域の170を超える小学校や企業、霞ヶ関、自治体、漁業組合、森林組合、研究機関などをネットワークしています。
のべ17万人もの市民が参加する壮大な社会実験となっているのも、中心がないからこそです。

一方、これまでの20世紀型のプロジェクトは中心のあるネットワーク。中心に人や組織が据えられます。そこに、権威や権力も集中。縦割りでどんどん分断していくので、関わる人たちは様々な檻に囲われてしまう。当然、プロジェクトは広がりません。個々の潜在力も開かれません。

だから中心のないネットワーク!
「中心のないネットワークは、関わる人たちや物の潜在力が存分に開かれる。そこに物語が続々と生まれ、良き出会いの連鎖でプロジェクトは広がっていく!」
と飯島さんは熱く語ります。

一新塾もまさに中心のないネットワークです!
中心に誰かがいるのではなく、塾生一人ひとりが主役です!一新塾という場を活用し、塾生は自ら主体的に伸び伸びと個性を発揮して社会変革実験に挑んでいます。
個々の塾生の潜在力は大きく開かれ、次から次へと物語が生まれ、それが続々と連鎖してくのです。

中心のないネットワーク。
それは、関わる人たちの潜在力が存分に引き出されることを何より大切にする、人を育むシステムです。
一新塾のプロジェクトは木に例えることができます。
志が「根っこ」なら、しくみは「幹」です。

新しいことをやるには志である「根っこ」が大切。
そして「根っこ」から地上に「幹」を伸ばしていくには、一人では限界があります。仲間が必要です。

しかし、一人の作業から、仲間との協働の作業となると、いきなり大きな罠
が待っています。

仲間とミーティングすると「最先端のマーケティング手法ではこうしたほうがいい!」とか、「お年寄りをターゲットとするよりは、子どもをターゲットにすべきだ!」とか、いろんなことを言ってきます。
そうなると、私たちは外部評価に呑まれやすく、自分の「根っこ」とは違う
ところに「幹」を伸ばしてしまうことがあります。
しかし、どんなに「幹」が伸び太くなっても、必ずどこかで破綻します。
当然です。「根っこ」が繋がっていないのですから。

では、どうすればいいでしょうか?

「根っこ」と繋がっていないところに「幹」を伸ばそうとしていたら、
仲間に大きなNGを出してください。
「自分の「根っこ」のど真ん中に「幹」を伸ばしてくれ!」と、
ここだけは絶対に妥協してはならないのです。

そして、「幹」を伸ばそうとすると、すぐに壁にぶつかるでしょう。
その壁を乗り越えるには、「根っこ」に立ち戻るしかありません。
「根っこ」で自らを掘り下げて、勢いつけて「幹」を伸ばす。
そうすると、現実の壁を越えられます。
しかし、すかさず、次のさらに高い壁がやってきます。
そしたら、また、「根っこ」に立ち戻るのです。
行ったり来たり。
次のステージに向かうには、「根っこ」に立ち戻るしかないのです。
「根っこ」にこそ、知恵とエネルギーの源泉があるからです。