横須賀市長選&宇部市長選で一新塾出身者が当選!

6月28日、一新塾21期の吉田雄人さん(33)が神奈川県横須賀市長選挙に、そして、一新塾6期の久保田后子さん(54)が山口県宇部市長選挙に当選されました!

吉田さんは、現役市長では、全国で三番目に若い市長となります。
朝日新聞

久保田さんは、山口県内で初の女性市長誕生となります。
読売新聞

吉田さん、久保田さんにとりましては、市政改革に向けてこれから本格的な挑戦がスタートいたします。ぜひとも、志を貫き邁進していただきたいと思います。

一新塾出身 熊谷俊人さん(31)が千葉市長に当選!

 一新塾18期 熊谷俊人さん(31)が千葉市長に当選!
全国最年少の市長となり、いよいよ千葉市政改革に挑みます!

 この度、ニュースサイト「 J-CASTニュース 」にて、
 インタビューを受けましたので、以下をご覧ください。

 『公用車やめモノレール出勤 31歳・新千葉市長の政治哲学』
  → http://www.j-cast.com/2009/06/15043246.html

『中心のないネットワーク』 一新塾講義 飯島博氏(6月10日)

昨日の一新塾の講師は飯島博さん(NPO法人アサザ基金代表理事)でした。
講義では、かつての常識が次々と覆されるモノの見方に圧倒されました。
「こんなに、人間には、物には、潜在力が詰まっていたのか!」と、それを引き出す飯島さんの知恵に驚かされました。

飯島さんが提案するのは、中心のないネットワーク!
アサザプロジェクトの取り組みを通じて、霞ヶ浦の環境再生のために、流域の170を超える小学校や企業、霞ヶ関、自治体、漁業組合、森林組合、研究機関などをネットワークしています。
のべ17万人もの市民が参加する壮大な社会実験となっているのも、中心がないからこそです。

一方、これまでの20世紀型のプロジェクトは中心のあるネットワーク。中心に人や組織が据えられます。そこに、権威や権力も集中。縦割りでどんどん分断していくので、関わる人たちは様々な檻に囲われてしまう。当然、プロジェクトは広がりません。個々の潜在力も開かれません。

だから中心のないネットワーク!
「中心のないネットワークは、関わる人たちや物の潜在力が存分に開かれる。そこに物語が続々と生まれ、良き出会いの連鎖でプロジェクトは広がっていく!」
と飯島さんは熱く語ります。

一新塾もまさに中心のないネットワークです!
中心に誰かがいるのではなく、塾生一人ひとりが主役です!一新塾という場を活用し、塾生は自ら主体的に伸び伸びと個性を発揮して社会変革実験に挑んでいます。
個々の塾生の潜在力は大きく開かれ、次から次へと物語が生まれ、それが続々と連鎖してくのです。

中心のないネットワーク。
それは、関わる人たちの潜在力が存分に引き出されることを何より大切にする、人を育むシステムです。

根っこ理論!

一新塾のプロジェクトは木に例えることができます。
志が「根っこ」なら、しくみは「幹」です。

新しいことをやるには志である「根っこ」が大切。
そして「根っこ」から地上に「幹」を伸ばしていくには、一人では限界があります。仲間が必要です。

しかし、一人の作業から、仲間との協働の作業となると、いきなり大きな罠
が待っています。

仲間とミーティングすると「最先端のマーケティング手法ではこうしたほうがいい!」とか、「お年寄りをターゲットとするよりは、子どもをターゲットにすべきだ!」とか、いろんなことを言ってきます。
そうなると、私たちは外部評価に呑まれやすく、自分の「根っこ」とは違う
ところに「幹」を伸ばしてしまうことがあります。
しかし、どんなに「幹」が伸び太くなっても、必ずどこかで破綻します。
当然です。「根っこ」が繋がっていないのですから。

では、どうすればいいでしょうか?

「根っこ」と繋がっていないところに「幹」を伸ばそうとしていたら、
仲間に大きなNGを出してください。
「自分の「根っこ」のど真ん中に「幹」を伸ばしてくれ!」と、
ここだけは絶対に妥協してはならないのです。

そして、「幹」を伸ばそうとすると、すぐに壁にぶつかるでしょう。
その壁を乗り越えるには、「根っこ」に立ち戻るしかありません。
「根っこ」で自らを掘り下げて、勢いつけて「幹」を伸ばす。
そうすると、現実の壁を越えられます。
しかし、すかさず、次のさらに高い壁がやってきます。
そしたら、また、「根っこ」に立ち戻るのです。
行ったり来たり。
次のステージに向かうには、「根っこ」に立ち戻るしかないのです。
「根っこ」にこそ、知恵とエネルギーの源泉があるからです。

『ハイコンセプト』著者のダニエル・ピンク氏の3つの指摘!

 大前研一氏が翻訳を手がけた『ハイコンセプト』。
 著者のダニエル・ピンク氏はこれからの社会で生き残るためには、
次の3つを自問する必要があると述べています。

(1)この仕事は、他の国ならもっと安くやれるだろうか?
(2)この仕事は、コンピューターならもっと早くやれるだろうか?
(3)自分が提供しているものは、豊かな時代の非物質的で超越した欲望を
   満足させられるだろうか?

 この3つの指摘をまさに実践した起業家がいます!
 それが、「株式会社レアジョブ」を起業した一新塾OBの加藤智久さんです。

 ぜひ、加藤さんの公開講座にご参加ください!
http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM