激動の時代にあって自らの人生にじっくり向き合い、今後の人生設計に思いを巡らせていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

激動の「社会の現実」に「自分の人生」を投げ入れることで、化学変化が起こり“第2の人生”に向けての道が拓かれる方も少なくありません。

舞台も「業界」から「地域」に乗り換えるなど、縦割りを超えて広い世界を展望して、新しい生き方へ向かう、個々の実験が始まっています

今回は第25期「大阪」地域科の吉見精二さんのメッセージをお届けします。吉見さんの人生の歩みと熱き思い、ぜひ、じっくりお読みください。

■■■■■□─────────────────────────────
■■■■ 塾生活動レポート
■■■
■■ 『地域を元気にするツーリズム創造事業がライフワーク 』
■■    〜旧余呉町の地域創造型観光プロジェクトの取り組み!〜
■■        
■■■               一新塾第25期「大阪」地域科
■■■■    (有)地域観光プロデュースセンター代表取締役社長
■■■■■□                     吉見 精二


●私のこれまでの人生〜会社人間から早期の乗り換え

私はいま66歳です。会社を早期退職して10年が経ちます。
ジェイティービー在職時代は国内旅行の企画商品づくりと販売促進の仕事が長く、沖縄にも駐在し、地域の旅行素材を商品化したり誘客キャンペーンを全国に仕掛けたりするプロデューサーの仕事をしました。いまでいう着地型観光と呼ばれるビジネススタイルの草分け・元祖を自負しています。そのころの沖縄は本土復帰10周年を迎える頃で、JAL・ANAがジャンボ機を飛ばし、激しく競い合うことで沖縄観光が上昇曲線に乗っかった時代です。


●会社時代の私の誇り

当時はオフだった冬の誘客対策に「暖然沖縄」キャンペーンを企画しました。その時、なかでも、地元住民の協力を得て「沖縄伝統芸能の夕べ」は、現在もジェーティビーが誇る「杜の賑わい」沖縄版の原型として繋がっています。

本来は二人か四人で踊る伝統芸能を広い舞台一杯に大勢で登場させる試みは前代未聞でした。これまで琉球舞踊は研究所は300もあり競い合う間柄で一緒に登場することは無かったからです。有名な大先生方を集めた企画会議で熱く語り説得してやっとの思いで開催にこぎつけました。


●会社人間から社会的人間に

会社を早期退職する動機は、55歳を境にして自由奔放に生きたいという気持ちが強かったからです。「夢と棲む人生を送ります」という挨拶状を送って自由の身になりました。始めは趣味の陶芸で悠々自適の陶芸人生を送ろうと、信楽に伝統的な穴窯を築いて作陶と陶芸教室の講師をしていました。

ある時、観光振興セミナーに参加して聞いた「手垢のついた観光」という講師の語るフレーズに衝撃を受けました。旅行会社の行うマス的旧来観光のことを言うのです。これからの観光は地域づくりと一体になってこそ意義有るものになるということなのでしょう。私は、すぐさまそのことについての勉強をしました。ドラッガーを読んでネキスト・ソサエティだとか、NPOであるとかに大いに関心を深める機会にもなったのです。

そして、滋賀県が主宰する「おうみ未来塾」に入塾し、滋賀県中のNPO団体や面白い活動をしている人材と交流を深めたことが、地域プロデューサーを目指した活動を始めるきっかけになったのです。また、機会あるごとに行政の人たちとも意見を交わす関係をつくってゆきました。このことが、自分の人生の転換期といえます。


●イノベーション(新たな価値創造)を期して一新塾に入塾

5年前に、有限会社地域観光プロデュースセンターという会社を創業しました。地域づくり型ツーリズムの手法で地域を元気にしようと提唱しました。
目指す事業は、おもに農山村地域の住民やNPOが地域のプログラムや旅行商品づくりに主体的に取り組んでもらい地域に交流人口を増やすというものです。さらに、コミュニティビジネスを興し経済的に少しだけ豊かになり、また、自分達が主役になって交流事業を行うことで地域への誇りを取り戻すというものです。そのプログラム化、旅行商品化、ツーリストの誘客をコーディネートがビジネスモデルです。言い換えれば、主体的な市民による地域の元気再生プロデュース事業です。

しかし、全県的に啓発フォーラムなどを何度も自費を投じて実施してきましたが、なかなか活動の広がりに火がつきませんでした。あきらめず、どう展開するかが課題となっているときに、思い立って一新塾に入塾することにしました。

いままでの自分は、自分のミッションにこだわる余り準備過剰でしたが、相手方の地域への踏み込みが遅速と不足していたと謙虚に反省するところからスタートしようと考えました。

そして今後は、支援をしたい相手方の地域のホンネが聞くことに本気で取り組みたいと思いました。さらに、特定の地域を選び、一人でなく多彩な人たちと応援プロジェクトを組成して、「着地型観光」の住民主体によるモデル事業を実現させ、いずれは、他の地域へも水平拡大することを目指すことにしました。

一新塾では、「地域を元気にするツーリズム創造事業のサポート」をテーマにしたプロジェクトを立ち上げて、この指とまれと同志を募ることにしました。メンターの力を借りてイノベーションすることにチャレンジしているところです。


●プロジェクトの現場は高齢化する過疎化地域を選ぶ

プロジェクトの対象地域として、今年の1月に長浜市に吸収合併された人口3900人の旧余呉町を選びました。そして、元気な高齢者・女性の集う住民グループ「また来たい余呉を作るアイディア会議」の関係者と親交を深めることにつとめてきました。

活動推進の中心人物は中山克己さんです。もとは学校の先生で退職後地域で活動を始められました。中山さんは体験プログラムの企画・募集によって地域に交流人口が増えることをプロデュースしたい。それにより地域が元気になることが目標にされています。


●一新塾の3月現場視察で旧余呉町を訪ねる

現場視察のプログラムは、老舗の水飴屋さん、古民家を再生した子ども小劇場、そば道場で手打ちそばの昼食と地元交流。古いお寺の囲炉裏端で白玉ぜんざいを頂き、その後、地元メンバーの方々との交流の機会を設ける、という日帰りプランでした。

塾生との交流・座談会と懇親交流会には、地元から10名以上の人が参加してくださり、塾生との和気藹々の談話が交わされました。質問も飛び交っていました。初めての交流にはとても見えない懐かしい光景でした。


●現場視察参加者と旧余呉町について検証

参加者は7名があり、終了後、真摯な意見を聞くことができました。感想・意見 の内容は、「現場に出て自分で見る、話を聞く、ことの大切さに改めて気づきました。行くまでの仮説と現実との違い、つくづく実感しました」。「余呉の皆さん、元気でしたねーこちらが力をいただきました(笑)」と、Sさんから。 また、「地域に行くとやっぱり人が一番面白いと感じました。お寺の奥さんには圧倒されました。話し上手で気遣いもできて、素晴らしい方」。「高齢者の方が若い人をもっと立ててあげる配慮があっても良いと思いました」。という声をFさんから。そして、「教職を退職された方や、元気な奥様方がまちづくりに積極的に参加されていて、人材にもめぐまれていますね。」という感想をOさんからも頂きました。


●現場視察の交流会で聞いた地域への思い・姿勢

一方、地元の人たちの声として印象に残ったものとしては、「うちらの地域には何にもない。けれど、なんでもあるんや!」という意味深い嬉しい発言もお伝えしておきます。また、長浜市余呉支所の中山伊佐美さんからは、「地域で地域の 人たちが何かやろうとした時は、行政が絡まないことには実現しない。これからも。 可能な限り協力してやっていきましょう」という発言があり、合併後も気持ちで支援するとの気概を感じました。


●地域の「現状の問題」、「社会ビジョン」と私のアクション

いま、「社会ビジョン」を官民が共有し行政が主体的市民に協働を委ねることで、 地域課題の解決の最初の一歩となるはずです。
私は、長浜市や滋賀県の自治振興、農村振興、出先の振興局にもタイムリーに提言し、 旧余呉町を応援してゆきます。

 一新塾第21期生の菊地真紀子さんが中心となって、大田区の
 女性ネットワークで合同会社「LLC. VALN」を起業されました!

 本日、2010年4月9日の「羽田経済新聞」にて紹介されました。
 ぜひ、ブログ読者の皆さんに共有させていただきます。

 -----------------------------------------------------------------

 「大田区の女性ネットワークが起業
   〜羽田国際化も念頭に地域資源をマーケティング」

 大田区の主婦を中心とする女性ネットワークが4月1日、ものづくりの技術などの地域資源のマーケティングとコンサルティング業務を多角的に行う合同会社「LLC. VALN」(大田区山王2、TEL 090-1509-4112)を設立した。

 代表の菊地真紀子さんらが中心となり、「地域の課題は地域のニーズ(需要)と地域のシーズ(強み)を知る地域のバリュー(女性の感性)が解決できる」という理念の下、「東京都地域中小企業応援ファンド」の助成を受けて起業。地域の課題を分析し、「ものづくり」を核に中小企業・教育機関・行政・助成と若者ら市民による「持続可能な産官学連携の循環型ネットワーク」の構築を目指すという。社名の「VALN」は、理念である「地域ニーズに価値で応える」を意味する「Value Applied Local Needs」の頭文字を取った。

 今後の具体的な活動としては、すでに「大田ブランド」として認知されている地域発の商品の販促・広報、子育てをする女性らが家にいてもスキルを生かして起業するできる環境の整備、商店街の空き店舗を地域の子育て中の母親と子どもや、多くの人と物が集まる拠点に変える試み、オリジナル商品の企画開発・販売などを予定する。「大田ブランド」の展示販売場所としては今年10月に再拡張・国際化する羽田空港での展開も視野に入れる。

 菊地さんは「大田区には中小企業の技術、さまざまなスキルを持つ女性、アイデア豊富な学生、そして国際化する羽田空港がある。これらの資源をつなぐネットワークの力で地域の産業と人々の働きを変えていく。ものづくり企業に活力を与え、そのエネルギーを地域の女性に、地域全体に、そして全国に波及していきたい」と新たな事業のスタートに意欲をみせる。
(2010年4月9日「羽田経済新聞」          
        http://haneda.keizai.biz/headline/535/
熱海を復活させるために、脱サラ起業した一新塾OBの市来広一郎さんがNHK BS-1「関口知宏のオンリーワン」に出演されました。
http://www.nhk.or.jp/only1/
まち歩き&体験プログラムの『熱海温泉玉手箱』実行委員長として奮闘している舞台裏の様子が紹介されました。

番組制作にあたっては、企画をつくり上げる過程やまち歩きのトライアル実施の様子など、1ヶ月半程度の取材を受けたとのことです。
また、3月19日には、熱海芸妓見番にて、番組の公開収録を行われたそうです。1ヶ月半の間に撮影したVTRを会場の皆様と一緒に見ながら、  関口知宏さん、豊田エリーさん、市来さんのトーク、さらに会場に集まった100名の市民の方々にコメントをいただきながらの進行でした。

▼番組名: NHK BS-1「関口知宏のオンリーワン」
▼内容:
失われた温泉地の誇りを取り戻せ!市民4万人 総ガイド計画
         〜市来広一郎 静岡県熱海市〜
▼放映日時:
2010年4月 3日(土) NHK−BS1 23:00〜23:25(前編)
      4月 9日(金) NHK−BS1  9:20〜 9:45(前編・再放送)

      4月10日(土) NHK−BS1 23:00〜23:20(後編)
      4月11日(日) NHK−BS1 17:30〜17:50(後編・再放送)
      4月16日(金) NHK−BS1  9:20〜 9:40(後編・再放送)
3月10日(水)の一新塾講師には、『日本初のバイリンガルろう教育を実践する〜自分たちの手で学校を創る!』をテーマに、学校法人「明晴学園」理事の玉田さとみさんにお越しいただきました。

2008年4月、日本で初めて「手話」と「書記日本語」の「バイリンガルろう教育」を行うNPOろう学校が東京都品川区内に誕生しました。
立ち上がったのは玉田さんをはじめとするろう児の親たちとろうの青年たちです。学校設立に必要な7500万円の寄付金を6ヶ月で集めました。
これまでろう学校では、一般社会での意思伝達を重視し、70年以上、わずかな聴力を手がかりに発声練習を繰り返す「聴覚口話法」が原則でした。

「ろう児にとって母語は日本手話!
 クチパクや身振りではなく、手話で授業をして欲しい!」

耳が聞こえない子どもたちの気持ちにとことん寄り添って、
子どもたちの真のニーズに応えてゆかれた玉田さんの姿勢から
たくさんの気づきをいただきました。

一見マイナスであることも逆から見れば大きなプラスであること。
そして、違いがあるからこそ、新しい可能性や創造が生まれるということ。
さらに、徹底的に子どもたちの思いにとことんアクセスするからこそ、
目的と手段を取り違えることなく、子どもたちの可能性が存分に拓かれる
本来の目的に向かうことが出来ること。

子どもたちの可能性が拓かれる新しい言語、新しい文化の世界を拓くために既成概念に果敢に挑んでいかれた玉田さんの勇気と知恵に心より敬意を表します。

玉田さんのお取り組みは、まさに塾生がこれから社会変革のプロジェクトを展開する上でとても参考になるお手本になります。
どうもありがとうございました。
2月24日(水)には、今回は「半農半Xの観点からの地域力再生」を
テーマに、塩見直紀氏に一新塾にてご講義いただきました。

「半農半X(エックス)」とは、「持続可能な農ある小さな暮らしをしつつ、
天の才(個性や能力、特技など)を社会のために生かし、天職(X)を行う
生き方のことで循環型社会を目指す思想です。

1995年頃より塩見直紀氏が提唱され、今では、都心に住む多くの方も
新しいライフスタイルとして「半農半X」に憧れを抱き、そして、
実践者も続々と増えています。
さらに、アジアやヨーロッパにも「半農半X」の理念は広がっています。

当日の講義をお受けして、
モノも情報も溢れる中、自分の根っこを見失いがちな時代にあって
「人のXを発見し、Xをプロデュースしたい」との塩見さんの強い思い。
淡々とご自身の人生の歩みと共にお伝えいただいたミッションは
染み入りました。

9時に寝て朝3時に起きる生活の中、朝の3時間は6時間分の価値と、
本来の自分自身を掘り下げる時間にあて、「天職」と「農ある小さな暮らし」
を深める生き方に大変共感いたしました。

“使命多様性”のお言葉もとても新鮮に響きました。
限られた人たちだけが使命を生きられるのではなく
全ての人たちが使命を生きることができるのだということを
強く実感させていただきました。

京都の綾部の地に多勢の人たちを引き付け続ける塩見さんの言葉の求心力。その言葉は、今を生きる人たちが待望している本質的なものを呼び覚ます力を持っているのではないかと思いました。

いただきましたお知恵を、私たち一人ひとりが、自らの根っこを
掘り下げ、志を果たす道を邁進するための糧とさせていただきます。
2月10日(水)には、
「市民が市民をサポートする“敗者復活”応援事業」をテーマに
ビッグイシュー代表の佐野章二氏にご講義いただきました。

『ビッグイシュー』はホームレスが街角に立って販売する、
ホームレスしか売ることのできない雑誌です。1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊。ホームレスの救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援することがミッションです。

創刊から2008年8月までの5年間で800名が販売者に登録、274万冊を販売、3億2,220万円がホームレスの方々の収入になっている。2007年9月には、自立の第2、第3ステップを支援するためのNPO法人「ビッグイシュー基金」(法人認証08年4月)を設立し、就業を含めた総合的なサポートの実現に向け邁進されています。

ホームレスの方が自立に向けて挑戦するマインドは、佐野さんの
優しさとどんな壁が立ちはだかろうと揺るがぬ信念で挑戦する熱が
伝わったのだと実感させていただきました。

また、“100%失敗する”と言われながらも、市民とともに事業を発展
させてきた、佐野さんの志と不屈の精神に心より敬意を表します。
「本当にやろうと思ったら、反論にひるまず正面から立ち向かう!」
胸に刻ませていただきます。

若者のホームレスが増加について、
「年配のホームレスは胸の中にホームがある。
しかし、若者のホームレスは家庭崩壊で胸の中にもホームがない。」
胸に刺さりました。
12月5日(土)の「東京新聞」の夕刊(伝統芸能欄)に塾生の野田香里さんが大きく取り上げられました。
一新塾22期で野田さんが立ち上げた「ホームステイ受け入れプロジェクト」のメンバーとともに、三鷹市立第七小学校で行った「こんにちは歌舞伎の授業」が紹介されています。

「こんにちは歌舞伎の授業」は、2日間にわたって行われました。
1日目は、野田さんが監督として子供歌舞伎を題材に描いたドキュメンタリー映画「こんにちは歌舞伎〜竹本清太夫みなかみへ行く」を活用しての生き方教育の授業でした。
 
2日目は、同映画に出演の歌舞伎指導者、三代目三桝京昇さん、清次郎さん親子(群馬県沼田市在住)による「歌舞伎体験授業」を行いました。
私もこの授業を傍聴させていただきましたが、体験を通じて子どもたちの目が輝き出し、徐々に内側からエネルギーが湧き上がるのを実感させていただきました。

  以下にて、記事がご覧いただけます。ぜひ、ご一読ください。

●<歌舞伎>小学校で歌舞伎体験授業 野田香里監督の映画を題材に
 (「東京新聞」2009年12月5日)
  → http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/tradition/CK2009120502000209.html
 
9月10日の講義は、「社会変革型ビジネス起業の条件」をテーマに、
株式会社フロイデ会長の坂本桂一氏にご講義をいただきました。

日本のITビジネス黎明期より牽引役として活躍されてきた坂本会長
の人生哲学、行動姿勢をくっきりと鮮明に示していただき、
自らの行動姿勢と比較して自らを砕く絶好の機会となりました。

ちり紙交換のお話は目からウロコでした!

手を広げようと3つのコースを回るより、2つのコースのほうが結果が
出て、1つのコースのほうがさらに結果が出るというのです。

月火水木金土
ABCABC 少ない
ABABAB 多い
AAAAAA さらに多い

毎日来てくれるから人間関係が生まれ、驚くような成果が生まれてくると言うのです。「一つのコースに絞り込むからこそ、耕して掘り起こす!」
腑に落ちました。

『スレッショルド(閾値)を超える』との知恵の溢れる言葉を、常に胸に刻んで前進してまいります。
一新塾第23期生で「エコブランド」を起業された東大史さんをリーダーに
5名のメンバーで活動中の「Human+Nature」プロジェクト。

この度、山梨県をフィールドに実践中の「エココン」の取り組みが
8月19日の毎日新聞夕刊の第一面トップに取り上げられました。

-------------------------------------------------------------------
『婚活:お相手探し畑や森で 農婚やエココン』

未婚の男女が結婚相手を見つける「婚活」で、農業体験をしながら男女の交流を深める「農婚」「エココン」イベントが人気だ。何がうけているのか。

木が倒れ始めると辺りは一瞬静かになり、次の瞬間、参加者のどよめきが起きた。ベンチャー企業「エコブランド」(東京都世田谷区)が主催し、5月に山梨県の山林で初めて行われた「ECO(エコ)コン」。

間伐体験はチェーンソーの使い方の講習から始まり、初めは遠巻きにしていた参加者も、仲間が斜面に下りると、後に続き、最後は全員で手伝った。女性も率先してチェーンソーを持ち、男性陣から称賛を浴びた。大型バスで出かけ、バーベキューや温泉にも立ち寄り、男性9000円、女性6000円だ。

おとなしく「草食系」とみられる男性が、積極的に体を動かして自分をアピールすることも。東京都内のIT系企業に勤める男性(28)は「山歩きは得意。都会で会うのとは違う自分を見てもらえる」と満足げだった。

2回目のエココンに埼玉県から参加した女性会社員(30)は「林業に興味がある。普段は自然の中に行くことがないので、婚活にかこつけて行くのもいいかと思い参加した。異性と出会う機会の一つだと思う」と話した。

東大史社長(32)は「居酒屋より森で合コンした方が楽しいし、相手の本当の姿が分かる」と持論を掲げる。

●つづきはコチラ↓
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090819k0000e040079000c.html
                      (8月19日 毎日新聞 夕刊)
7月8日の講義は、
『オルタナティブを事業化する!』をテーマに、
市民NGO企業「大地を守る会」藤田和芳氏を講師にお越しいただきました。
藤田さんの人生の歩みをお伺いさせていただいて、

「農薬の危険性を100万回叫ぶよりも、
 1本の無農薬の大根を作り、運び、食べることから始めよう!」

とのメッセージ、胸に刻ませていただきました。

大地を守る会は、1975年、有機農業運動という市民運動として活動をスタートされました。農薬を使わない農作物をなんとか売ろうと始まり、共同購入や宅配事業へと展開。そして、発足から30年を過ぎた今でも、揺るがぬ理念を基軸に、NGOとしての側面と、企業としての側面の両方を持って活動を広げています。

望ましくないことがあっても、ただ「反対運動」するのではなく、代替案を提示して持続可能なように「事業化」し、経済的にも自立させます。
そして、「画一的な農業」から「多様な農業」へ。
さらに、「画一的な社会」から「多様な社会」への社会変革を促します。

1975年からスタートした「大地を守る会」は、まさに、
日本の社会起業の原点であり、パイオニアとしての知恵と持続の知恵、
そして、発展の知恵を学ばせていただきました。

また、塾生からも以下のような感想をいただきました。

●農の大切さを改めて感じさせられました。やはり、多様性と地産地消の時代へと進むしか人類の未来はないと感じます。
●自分の理念を事業化するヒントを得ることができました。
●地球に優しい生き方をしていきたい!そして、大地に触れる生活をしたいと思いました。そうすると未来の人間らしい姿に近づいていくことができる気がしました。
●食の事業を通じて革命ができる。革命は高邁な理論ではなく、誰もが必要とする食から起こせるんだ!誰も犠牲が出ずに成功する。政治に頼らず市民ができることを見させていただきました。
●変革をもたらすには、生産者・流通・消費者の全てを変えなければならないことが実感できました。