一新塾の卒塾生の方が阿蘇にいらっしゃるので心配していましたが、
まずは阿蘇山上ルートが復活されてよかったです。

 

■『阿蘇山上ルート復活』 (毎日新聞2016年9月16日)
観光シーズンに地元「復興へ第一歩」
http://mainichi.jp/articles/20160917/k00/00m/040/024000c

 

熊本地震の本震から5カ月となった16日、熊本県阿蘇市の阿蘇山上広場につながる4ルートのうち県道阿蘇吉田線(東登山道)の通行止めが解除された。
 山上広場に至るルートは県道阿蘇吉田線(東登山道)▽同線(南登山道)▽県道阿蘇公園下野線(北南登山道)▽草千里浜栃木線(西登山道)の四つだが、すべて地震で通行止めとなっていた。この日開通したのは東登山道で、阿蘇市黒川ー山上広場間の約10キロが片側交互通行(午前7時〜午後7時)できるようになった。
 昨年9月に大規模噴火が起きた阿蘇中岳の活動も落ち着いており、秋の観光シーズンを迎え関係者は客足の回復を期待する。(続く)
 

一新塾に以前講師に来てくださった夕張市長の鈴木直道氏からのご紹介記事。

「本年度分の事業費2億3千万円は各種助成金、補助金とニトリホールディングスからの企業版ふるさと納税を充てる。」とのこと。
一新塾生が政策提言して実現した【ふるさと納税】がこのように展開するとは思いもしませんでした。

 

■廃坑の炭鉱、新たなエネルギー源に 夕張で炭層メタンガス試掘開始(北海道新聞 9月16日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00010000-doshin-sctch

一新塾OGのお笑い芸人で起業家である、たかまつななさんがインタビューを受けられています。

▶「お笑いジャーナリスト」を目指す、起業家・お嬢様芸人のたかまつなな氏がつくる政治教育の現場とは
http://電子書籍ランキング.com/interview25_takamatsu/

 

 

※一新塾は一市民として自らのミッションを掘り下げ、新しい社会創造に向けて一歩踏み出そうとされる方があらゆる方法論を学ぶ場です。「もやもや」の思いは志に必ず転換します。
【塾生募集 説明会開催中 11月6日開講!】
http://www.isshinjuku.com/ 東京・大阪・名古屋・仙台・通信

9月1日は、「生活者起点!今こそ、政策で勝負する議会へ」をテーマに、北川正恭氏(元三重県知事、早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所顧問)にご講義いただきました。

 

三重県知事時代、「生活者起点」の理念を掲げ、県庁職員との徹底的なダイアログ(対話)を通じて事業評価、情報公開などに取り組み、地方分権の旗手として活動してきた北川氏。その後、「マニフェスト」を提唱。マニフェストは2003年の統一地方選挙と総選挙に取り入れられ、2004年には「早稲田大学マニフェスト研究所」を設立し、ローカル・マニフェストによって地域から新しい民主主義を創造するための調査・研究を推進されています。

 

安定期は、事実前提。Forecasting。
激動期は、価値前提。Backcasting。

 

科学技術が変化をもたらし制度が補完する歴史の中で、IT革命がもたらすインパクト。思い込みのドミナントロジックを打ち砕いて、政治、行政をどう変えるべきか、真摯に向き合わせていただきました。今年も、“時代の使命”に応え、生活者起点を貫き、行政改革・地方分権改革を成し遂げ、マニフェスト運動で政治風土に変革をもたらしてこられた北川氏から、「あなたたちは、時代の使命にどう応える?」と問われた気がいたしました。

 

 

◆一新塾11月6日開講!【塾生募集中】
< 説明会 >東京(水・土)・大阪(10/1)・名古屋(10/2)・仙台(9/11,10/10)

 社会起業・政策提言・市民活動(NPO立ち上げ)全ての方法論を学べます。
http://www.isshinjuku.com/


4月10日投票の佐渡市議会議員選挙にて、
一新塾第19期生の廣瀬大海さんが初当選を果たされました。

★佐渡市HP:2016年4月10日執行:佐渡市議会議員一般選挙の結果
https://www.city.sado.niigata.jp/eac/contents/data/city/2016_a.shtml

廣瀬さんには、ますます志を貫き、佐渡市のさらなる発展に邁進いただきたいと思います。


◆人生と社会を変える一新塾5月開講。
説明会開催中 東京・大阪・名古屋・仙台
http://www.isshinjuku.com/
【 当選報告 】
このたび、4月10日投票の下呂市議会議員選挙にて、
一新塾第35期名古屋地域科卒塾の今井政嘉さんが三期目の当選を果たされました。

●下呂市HP:開票速報 下呂市議会議員選挙
http://www.city.gero.lg.jp/jichimaru_jpn/departmentTop/node_1025/node_1027/node_38285

今井さんには、ますます志を貫き、下呂市のさらなる発展に邁進いただきたいと思います。
千葉市ドローン特区で実証実験
<一新塾OBの熊谷俊人千葉市長の言葉を抜粋>
「実証実験のあと、千葉市の熊谷俊人市長は「住民が住んでいるマンションの屋上にドローンがものを運び、感無量で、未来を感じる」と感想を述べました。
熊谷市長は、安全対策やプライバシーの保護について、住民側と意見交換しながら実用化を目指すべきだとの考えを示すとともに「住民の理解を得られる形でなければ、実用化できないと思っている」と述べました。
その上で、実用化や商業化を目指すにあたっては、規制緩和だけでなく、新たな規制のあり方についても検討が必要だとの考えを示し「国とタッグを組みながら、国と地方自治体のそれぞれの権限のなかで、規制をつくることと規制緩和の両方を進めていきたい」と述べました。」

◆NHKニュース「千葉市ドローン特区で実証実験」
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160411/4359092.html

◆一新OBの熊谷俊人氏(千葉市長)も東京本科講義に。
http://www.isshinjuku.com/curriculum/tokyo.html
「市民マニフェスト」って知っていますか?
2002年の東京の青梅市から始まりました。政党や立候補する首長が選挙で掲げるのと違って、候補者を選ぶ市民の側で作るマニフェストです。一新塾OBの2名も関わっていました
昨日の仙台地域科講座では、当時、青梅市で使われた「市民マニフェスト」の分析と共に、自らの「市民マニフェスト」を作るワークショップをしました。
ところで、政策提言をするなら選挙前です。議員さんが真剣に市民の声に耳を傾けてくれます。参院選(衆院選も?)を控えた今こそ、政策提言の絶好のチャンスです!


■市民からの政策提言なら一新塾!
http://www.isshinjuku.com/
 このたび、3月27日投開票の茨城県稲敷郡阿見町議会議員選挙にて、
一新塾第35期生の井田真一さんが初当選を果たされました。

「お年寄りも女性お働く人お子供も障がい者もみんなが輝ける阿見町へ」
をスローガンに、井田さんには、ますます志を貫き邁進いただきたいと思います。

●阿見町HP 阿見町議会議員一般選挙 開票速報(PDF)


 一新塾OGの小田理恵子さん(川崎市議会議員)が毎日新聞に投稿されました。

「データ分析による客観的な政策提言と事業の取捨選択が必要 」
(この数値データを分析して政策提言を行うというアプローチ方法の研究成果は第10回マニフェスト大賞政策提言部門の優秀賞に加え、審査委員会特別賞を受賞)



新しい人生が始まる一新塾は、5月開講です!