一新塾のプロジェクトは木に例えることができます。
志が「根っこ」なら、しくみは「幹」です。

新しいことをやるには志である「根っこ」が大切。
そして「根っこ」から地上に「幹」を伸ばしていくには、一人では限界があります。仲間が必要です。

しかし、一人の作業から、仲間との協働の作業となると、いきなり大きな罠
が待っています。

仲間とミーティングすると「最先端のマーケティング手法ではこうしたほうがいい!」とか、「お年寄りをターゲットとするよりは、子どもをターゲットにすべきだ!」とか、いろんなことを言ってきます。
そうなると、私たちは外部評価に呑まれやすく、自分の「根っこ」とは違う
ところに「幹」を伸ばしてしまうことがあります。
しかし、どんなに「幹」が伸び太くなっても、必ずどこかで破綻します。
当然です。「根っこ」が繋がっていないのですから。

では、どうすればいいでしょうか?

「根っこ」と繋がっていないところに「幹」を伸ばそうとしていたら、
仲間に大きなNGを出してください。
「自分の「根っこ」のど真ん中に「幹」を伸ばしてくれ!」と、
ここだけは絶対に妥協してはならないのです。

そして、「幹」を伸ばそうとすると、すぐに壁にぶつかるでしょう。
その壁を乗り越えるには、「根っこ」に立ち戻るしかありません。
「根っこ」で自らを掘り下げて、勢いつけて「幹」を伸ばす。
そうすると、現実の壁を越えられます。
しかし、すかさず、次のさらに高い壁がやってきます。
そしたら、また、「根っこ」に立ち戻るのです。
行ったり来たり。
次のステージに向かうには、「根っこ」に立ち戻るしかないのです。
「根っこ」にこそ、知恵とエネルギーの源泉があるからです。
 大前研一氏が翻訳を手がけた『ハイコンセプト』。
 著者のダニエル・ピンク氏はこれからの社会で生き残るためには、
次の3つを自問する必要があると述べています。

(1)この仕事は、他の国ならもっと安くやれるだろうか?
(2)この仕事は、コンピューターならもっと早くやれるだろうか?
(3)自分が提供しているものは、豊かな時代の非物質的で超越した欲望を
   満足させられるだろうか?

 この3つの指摘をまさに実践した起業家がいます!
 それが、「株式会社レアジョブ」を起業した一新塾OBの加藤智久さんです。

 ぜひ、加藤さんの公開講座にご参加ください!
http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html
                             
   高校3年生で一新塾の門を叩いた第5・6期生の加藤智久さん。
 2007年、27歳でベンチャー起業しました。
 「25分で129円〜」という格安のマンツーマン英会話レッスンを提供する、
 オンライン英会話でトップシェアを誇る「株式会社レアジョブ」です。

 日本人は、英語を中・高・大学で何年間も勉強し、文法などの基礎力は十分に身につけています。しかし、それでも、なかなかうまく英語を話せません。
これは、基礎力を活かす機会、つまり“たくさん話す・聞く機会”がなかったためと加藤さんは考えました。

 「では、レッスン料を安くするにはどうすればいいのか?」

その答えが国境を越えたところにありました!
  国境を越えたコラボレーションで、質の高い格安なレッスンが可能になったのです。

  講師数は400名。フィリピンの最難関フィリピン大学の優秀な現役生・卒業生、関係者(研究生など)の方ばかり。インターネットを通してオンラインで、高品質で格安のマンツーマンレッスンを受けられるのです。

  こうしたビジネスモデルを思いついたきっかけは、大学2年生の時のインド旅行。
トラックの運転手を見たときに、ふと「この人の給料は日本で同じ仕事をする人の10分の1くらいなんだろうな」と、本人の能力とかそういう問題ではなく、単に地理的要因でこのような差があることがすごく新鮮に感じられたそうです。
 またフィリピン人は優秀かつホスピタリティも高いにもかかわらず仕事に恵まれていない現状がありました。これを目の当たりにした加藤さん。
 「彼らの能力を最大限に活用し、かつ、雇用を生み出したい!」
との思いが大きな後押しとなりました。
 さらには、加藤さんご自身が中国人の夫人との遠距離恋愛時代に、スカイプを愛用した経験も活かされているそうです。

 今回は、加藤さんのグローバルな視点とベンチャースピリッツに触れさせていただきます。そして、国境を越えた協働の可能性を感じていただきたいと思います。
また、後半のミニワークショップでは、加藤さんが現在抱えている課題解決のために、参加者の皆さんと一緒に知恵を絞りたいと思います。
                          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    『“アジアネットワーク”でベンチャー起業家を志す! 』
         〜 オンライン英会話でトップシェア 〜
 
   講師:加藤 智久 氏(株式会社レアジョブ代表取締役・一新塾OB)
   日時:2009年5月12日(火)19:30〜21:30
  会場:NPO法人一新塾教室(東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■プログラム概要:講       義 60分
            質  疑  応  答 25分
            ミニワークショップ 35分
          
 ■会 場:一新塾セミナールーム
     [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
     [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html
      [交通] JR「田町」駅より徒歩8分、
          都営三田線「芝公園駅」「三田駅」より徒歩6分
          都営浅草線「三田駅」より徒歩7分
          都営大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩5分

 ■参加費:1000円(当日、受付にて承ります)

 ■申込み:http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html

【 講師プロフィール 】

加藤智久氏(株式会社レアジョブ代表取締役・一新塾OB)
1980生 東京都出身
1998年 一新塾第5期に入塾。
1999年 開成高校卒業
2004年 一橋大学商学部卒業
2005年 外資系戦略コンサルティングファーム・モニターグループ入社
2007年9月 モニターグループ退社
2007年10月 株式会社レアジョブ設立、代表取締役CEOに就任。現在に至る
                             
   高校3年生で一新塾の門を叩いた第5・6期生の加藤智久さん。
 2007年、27歳でベンチャー起業しました。
 「25分で129円〜」という格安のマンツーマン英会話レッスンを提供する、
 オンライン英会話でトップシェアを誇る「株式会社レアジョブ」です。

 日本人は、英語を中・高・大学で何年間も勉強し、文法などの基礎力は十分に身につけています。しかし、それでも、なかなかうまく英語を話せません。
これは、基礎力を活かす機会、つまり“たくさん話す・聞く機会”がなかったためと加藤さんは考えました。

 「では、レッスン料を安くするにはどうすればいいのか?」

その答えが国境を越えたところにありました!
  国境を越えたコラボレーションで、質の高い格安なレッスンが可能になったのです。

  講師数は400名。フィリピンの最難関フィリピン大学の優秀な現役生・卒業生、関係者(研究生など)の方ばかり。インターネットを通してオンラインで、高品質で格安のマンツーマンレッスンを受けられるのです。

  こうしたビジネスモデルを思いついたきっかけは、大学2年生の時のインド旅行。
トラックの運転手を見たときに、ふと「この人の給料は日本で同じ仕事をする人の10分の1くらいなんだろうな」と、本人の能力とかそういう問題ではなく、単に地理的要因でこのような差があることがすごく新鮮に感じられたそうです。
 またフィリピン人は優秀かつホスピタリティも高いにもかかわらず仕事に恵まれていない現状がありました。これを目の当たりにした加藤さん。
 「彼らの能力を最大限に活用し、かつ、雇用を生み出したい!」
との思いが大きな後押しとなりました。
 さらには、加藤さんご自身が中国人の夫人との遠距離恋愛時代に、スカイプを愛用した経験も活かされているそうです。

 今回は、加藤さんのグローバルな視点とベンチャースピリッツに触れさせていただきます。
  そして、国境を越えた協働の可能性を感じていただきたいと思います。
また、後半のミニワークショップでは、加藤さんが現在抱えている課題解決のために、参加者の皆さんと一緒に知恵を絞りたいと思います。

 2009年春の公開講座の締めくくりです。
 ぜひ、ふるってご参加ください。
                          
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    『“アジアネットワーク”でベンチャー起業家を志す! 』
         〜 オンライン英会話でトップシェア 〜
 
   講師:加藤 智久 氏(株式会社レアジョブ代表取締役・一新塾OB)
   日時:2009年5月12日(火)19:30〜21:30
  会場:NPO法人一新塾教室(東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■プログラム概要:講       義 60分
          質  疑  応  答 25分
          ミニワークショップ 35分
          (課題):加藤さんが現在抱えている課題を挙げて
いただき、参加者がグループになって議論
し、問題解決の提案をプレゼンテーション
していただきます。

 ■会 場:一新塾セミナールーム
     [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
     [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html
      [交通] JR「田町」駅より徒歩8分、
          都営三田線「芝公園駅」「三田駅」より徒歩6分
          都営浅草線「三田駅」より徒歩7分
          都営大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩5分

 ■参加費:1000円(当日、受付にて承ります)

 ■申込み:http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html

【 講師プロフィール 】

加藤智久氏(株式会社レアジョブ代表取締役・一新塾OB)

1980生 東京都出身
1998年 一新塾第5期に入塾。
1999年 開成高校卒業
2004年 一橋大学商学部卒業
2005年 外資系戦略コンサルティングファーム・モニターグループ入社
2007年9月 モニターグループ退社
2007年10月 株式会社レアジョブ設立、代表取締役CEOに就任。現在に至る
「自分を生きる学校を日本に創る!」
 茅ケ崎で、新しい学校づくりにチャレンジしている夫婦がいます。
 2008年、『湘南サドベリースクール』を立ち上げた木村聡さんと由紀さんです。

 サドベリースクールは約40前、米国東海岸のボストン郊外、サドベリーバレーで始まった教育方法。『人間本来の成長する力を重視する』という理念のものと、子どもたちの自由と自治を重視し、勉強する内容や時間、掃除の方法などのルールをすべて自分たちで決めるのが特徴です。デモクラティック・スクール(民主主義の学校)とも呼ばれています。

 聡さんがサドベリースクールに出会ったのは2年半前。
子どもの好奇心を最大限に尊重した場をつくろうと一新塾に再入塾。志を同じくする大学生の同志に『世界一素敵な学校』という一冊の本を紹介されたのがきっかけでした。
 一新塾の同志とともに、米国マサチューセッツ州の本場サドベリーバレースクールを訪問。創設者のダニエル・グリーンバーグ氏をはじめ、多くの方との出会いから運命が切り拓けてきた実感があったそうです。

 「自ら学校を設立したい!」との聡さんの思い。そして、サドベリースクールの理念に由紀さんも共感。さらには、隣の町内の「サドベリースクール校に通わせたかった」という家族との奇跡的な出会いが重なり、聡さんと由紀さんは『湘南サドベリースクール』の開校を決意します。

 今回は、聡さん、由紀さんそれぞれに、これまでに受けてきた教育、人生の歩み、問題意識や葛藤、人生の転機、理想の教育との出会いなどについてお話いただきます。
そして、「湘南サドベリースクール」の理念と実践を存分に語っていただき、ネクストステージへの飛躍に向けて、参加者の皆さんと一緒に、今、抱えている課題の解決策を考える機会としたいと思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   『 自分を生きる学校を日本に創る! 』
     〜 湘南サドベリースクール立ち上げ奮闘記 〜

 講師:木村 聡氏(湘南サドベリースクール ファウンダー・一新塾OB)
    木村由紀氏(湘南サドベリースクール ファウンダー)
 日時:2009年5月6日(水祝)13:00〜15:00
 会場:NPO法人一新塾教室(東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      
  ■プログラム概要:木村 聡氏 講演 (20分)
           木村由起氏 講演 (20分)
           Sudbury Valley School映像(5分)
           湘南サドベリーの実践(15分)         
           質疑応答     (25分)
           ミニワークショップ(35分)

 ■会 場:一新塾セミナールーム
     [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
     [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html      [交通] JR「田町」駅より徒歩8分、
          都営三田線「芝公園駅」「三田駅」より徒歩6分
          都営浅草線「三田駅」より徒歩7分
          都営大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩5分

 ■主 催:NPO法人一新塾 http://www.isshinjuku.com/

 ■参加費:1000円(当日、受付にて承ります)

 ■申込み:http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html

【 講師プロフィール 】

<木村 聡 氏>
1972年生。
1997年3月 東京大学教養学部卒。
1998年4月 新卒で就職した企業を退社。
     その後、家で引きこもりニートとなる。
     由紀と再会し、さもざまな仕事を経て2000年結婚。
2002年5月 一新塾10期入塾、(その後、15、17、19期と入塾)
2006年5月『世界一素敵な学校』と出会い、一新塾にてチーム活動。
2008年4月 湘南サドベリースクールを有志と設立。

<木村 由紀 氏>
湘南サドベリースクールのファウンダー兼スタッフ。
1996-97年、10代の終わりに参加した世界一周・アジア一周の船旅での体験を通して、改めて日本社会に興味を掻き立てられる。
結婚、4児の出産・育児を通して、乳幼児の知的好奇心と感性に感動。
子どもの発達や教育をめぐる諸制度について学び、子ども達の意欲や知的好奇心をサポートしたいと活動している。