今週は、社会活動家で法政大学教授の湯浅誠氏をお迎えし「1ミリでも進める子どもの貧困対策」をテーマにご講義いただきました。

 

大学院の頃からホームレス支援活動を始めた湯浅氏は、政府や大メディアが「生活が苦しくなったのは自己責任だ」という見方が強かった中、この問題を多くの人に分かってもらうために「フードバンク」、「自立生活サポートセンター・もやい」の立ち上げなど、現場主義で具体的解決策に着手されます。2008年の“派遣切り”で貧困問題が表面化。「真面目に働いていれば、貧困者にはならない」との価値観が覆された中、反貧困の市民活動の最前線に立たれました。
2009年からは足かけ3年、内閣府参与として現場のニーズを政策決定につなげるべく奮闘されました。

 

「しっかり付き合う、徹底的に!解決策のヒントを探すのではなく、その人の人生にアクセス!」湯浅氏が実践されている対象者との向き合い方です。

 

こうした姿勢で関わられるからこそ、湯浅氏が、次から次へと価値観の垣根を超えて、深く根っこでつながり、全員参加型社会へ向かっていらっしゃるのだと腑に落ちました。

 

【塾生の胸に響いた湯浅氏のお言葉です】

 

●見たいものしか見えていない
●言葉だけでなく一緒に作業する
●マルチリンガルで目線を合わせる
●前の者を後へ、後の者を前へ
●現場が何より尊い
●支援する人&される人では本当の解決にならない
●貧困〜人間関係の貧困が起こっている
●社会活動は、現場、世論、政治の3つの次元を同時に考える
●民間は“濃いが狭い”。行政は“広いが薄い”。

 

 

★新しい時代を拓く一新塾
「社会起業」「政策提言」「市民活動」
体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

 

「将来なくなる仕事」・・・衝撃的な内容がニュースになった。
たとえニュースにならなくても現場で働いている人々は予測できる
事も多かったと思うが、一覧になって知らされるとショックが大きい。

オクスフォード大学は、今後10〜20年程度で約47%の仕事が
自動化されるリスクが高いとの予測を発表。
コンピューターの”技術革新”の勢いは誰もがわかっているが、
人間にしかできないとこれまで思われていた仕事が、ロボットや
機械が代わりに行うことになる。
果たして人間にしかできないことは何だろうか。

一新塾最新刊の本にも以下のように書かせていただいた。


一新塾本「人生と社会を変える根っこ力」はじめに より抜粋

--------------------------------------------------------

●私たちが生きているのは大転換時代

 世界の秩序が揺れ動く時代にあって、私たちの生き方も、働き方も、
社会の在り方も転換を迫られます。人生100年時代と言われる中、サラ
リーマンであれば、一つの会社で定年を迎えて終わりとはならず、定年
後の第2の人生のレールは自ら敷かなければなりません。あるいは、こ
れからは、一つの会社だけでなくパラレルキャリアが普通になっていく
かもしれません。働き方は、ますます多様化、流動化し、転職、起業、
UIJターンもさらに加速していくでしょう。

 私たちが生きているのは大転換時代です。

こういう時代だからこそ、時代の波にのみこまれることなく、自分軸を
しっかり定めたいと思います。揺るがぬ志の杭をあなたの足元に
打ち込んでください。

計り知れないあなたの可能性を完全燃焼させるためには、
揺るがぬ「根っこ」が必要なのです。

--------------------------------------------- 抜粋終了

国連の関連機関がまとめる「世界幸福度報告書」の2018年度版
では日本のランキングは54位。前年より3つ下げた。
上位はフィンランド、ノルウェー、デンマーク。

小中学生の不登校の人数も年々増えている。
原因は「不安」「無気力」友人関係や家庭の状況が影響している。
日本の夫婦は3組に1組が離婚しているという現状もある。

高齢化社会による介護の問題、現役世代の減少、地方消滅の危機、
課題をあげればきりがない。

けれども、上記の一新塾本に書かせていただいたように、
こういう時代だからこそ、一人一人が自分軸をしっかり定める
ことが必要なのだ。それはこの23年間の一新塾の歩みの中で
心底実感させていただいた。

社会の試練は、一人一人の「主体性」を引き出すきっかけ。
「この問題を放っておけない」「目をつぶれない」という
思いが出てきたら、できれば、諦めずに、勇気を持って、
社会の現実と自分自身にじっくり向き合ってみてほしい。

一新塾では「自分」と「社会」を重ね合わせることを一番大切にしている。

社会と自分との違和感をそのままにしない。
そこから新しいビジョンを描いてみる。
社会創造への一歩を仲間と踏み出してみる。

そのためにこそ、揺るがぬ一人一人の「自分軸」が
しっかりと定まることが必要なのだ。
 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

3月25日投開票の戸田市長選挙で一新塾16期生の菅原文仁さん(42歳)が初当選を果たされました。

 

●埼玉新聞 2018年3月26日
「戸田市長選、菅原氏が初当選 経験をベース、
優位に選挙戦展開 子育て世代を中心に幅広く支持集める」
http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/03/26/07_.html

 

先ほど、菅原さんと電話で話をいたしまして、「教育・子育て日本一」実現に向けての熱き思いを受けとめさせていただきました。
菅原さんにおかれましては、戸田市の改革への挑戦に、志をますます邁進されますことを願っております。

 

一新塾第42期が、2018年5月に開講します。
体験セミナー&説明会を開催中です!

 

人生と社会を変える根っこ力。

今、時代が求めるのは、「根っこでつながる力」。
志を軸に、仲間と真の協働を果たすことができるか。

「社会起業」「市民活動」「政策提言」で未来創造に挑んでみませんか?


そのヒントが一新塾体験セミナー&説明会で学べます。

(東京・大阪・名古屋・仙台で開催)

 

明日は大阪、明後日は名古屋です。

ぜひ、ご予約ください。

 

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!

 

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)
テーマ:「人生と社会を変える“根っこ力”!」
参加費:無料
申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

----------------------------------
【東京本科 体験セミナー&説明会】
----------------------------------

日時:
2018年3月31日(土)15:00〜17:45【定員となりました】
2018年4月 4日(水)19:30〜21:45
2018年4月 7日(土)15:00〜17:45
2018年4月11日(水)19:30〜21:45
2018年4月14日(土)15:00〜17:45
2018年4月18日(水)19:30〜21:45
2018年4月21日(土)15:00〜17:45

※現時点で決定しているスケジュールです。
ご都合あわない方はこの先も予定しています。

会場:一新塾セミナールーム
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F

 

------------------------------------
【大阪地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2018年3月24日(土)13:00〜15:45
2018年4月28日(土)13:00〜15:45

会場:難波市民学習センター
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階

 

--------------------------------------
【名古屋地域科 体験セミナー&説明会】
--------------------------------------

日時:
2018年3月25日(日)13:00〜15:45
2018年4月29日(日)13:00〜15:45

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地

 

------------------------------------
【仙台地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2018年5月3日(木祝)13:00〜15:45

会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号

2016年の熊本地震では「ふるさと納税」の震災支援で2か月で30億円を
超えた。「被災地を助けたい」との思いを市民がすぐに形にできる
ようになり、現地にボランティアに行けなくても、こういう形でも
支援できることは本当にありがたいことだと思う。

 

「ふるさと納税」制度は一新塾生が2002年に政策提言活動を始めた
結果生まれた制度である。その始まりについて一新塾の最新刊でも
書かせていただいたので以下に抜粋してご紹介する。

 

以下「人生と社会を変える根っこ力」はじめに より抜粋

 

---------------------------------------------------------

「ふるさと納税」のはじまり

「ふるさと納税」といえば、応援したい自治体に寄附ができる制度。
今は誰もが知るところになった政策ですが、これは2002年に普通の市民
である一新塾生の議論の中で「生まれ育ったふるさとにこそ恩返しとし
て納税したいのに、なぜできないのか」という思いから始まった政策提
言活動でした。政策は、決して政治家や官僚だけのものではなく、本来、
この時代を生きるすべての人たちに開かれたものです。

さて、「ふるさと納税」についてですが、返礼品という仕組みまで政
策提言していたわけではなく、このような過熱した返礼品競争が起こる
とは当時は思いもよりませんでした。また、住んでいなかったところへ
納税、しかも複数の自治体へ納税できるようになることも想定外でした。
「自分を育ててくれたふるさとへの恩返し」は骨抜きとなり、政策提言
において、着地点までの理念を貫くことの難しさを痛感した出来事でし
た。また、提言に留まることなく、「政策提言」と共に自ら主体となっ
て行動する「市民活動」や「社会起業」の重要性も改めて実感する機会
となりました。

------------------------------------------------- 抜粋終了

 

このように「ふるさと納税」制度は「ふるさとへの恩返し」との
思いから生まれたものだ。制度や「仕組み」になった後、本来の
趣旨からかけ離れてしまうことがあったにせよ、底流を貫くのは、
一人ひとりの個人の思いの強さだ。

 

阪神淡路大震災や東日本大震災の出来事も、国や組織を超えて、
何とかしなければという切実感と「力になりたい」という個々の
市民の志がインターネットの情報も得て現地に向かわせた。
日本人だけでなく、世界中から支援物資が届き、駆け付けた。

東日本大震災以後に始まったWEB上で資金提供を呼びかける
クラウドファンディングも参加者がどんどん増えている。


必要なところに自ら資金を投じる意志を表しやすくなった。

「市民」が税金でなく、「最も必要だと思うこと」に寄付できる文化。
そこには一市民としての”主体性”と”選択”が生まれている。
「国も会社もやらないなら、自分で身を投じよう」と行動する人々。

 

そんな時代の「ふるさと納税」の制度は「市民の時代の象徴」だと思う。

 

昨今、これまでの常識を覆す様々な出来事がニュースになる中、
「国ありき」「組織ありき」のシステムの限界が露呈されている。

いまこそ、「市民の時代」を牽引する主体的市民が待ち望まれている。

 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会スタート!ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/

 

★一新塾新刊「人生と社会を変える根っこ力〜政策提言・社会起業・市民活動」
https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html