3月5日は、一新塾に伊勢崎賢治氏(東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)をお迎えしました。テーマは『主権なき平和国家〜紛争屋が見た世界』です。

 

立川市で生まれ、母子家庭で育ち、建築家を目指された学生時代、インドに留学され、国際NGOの世界へ飛び込まれたこと。国連PKO上級幹部として東ティモール、シエラレオネの武装解除を指揮され、日本政府特別代表としてアフガニスタンの武装解除を指揮されました。

 

武装解除。兵士の社会復帰を実現させる通称DDRではゲリラ兵や軍閥に「自分たちで自分たちを解体させる」。自分で自分の武器を壊させるとき、ほとんどの兵士が涙を流すといいます。

 

大学で教鞭をとる現在も、自らを「紛争屋」と称する伊勢崎氏。解釈改憲で集団的自衛権の行使が容認され、安全保障関連法が成立した状況にあって、政府の暴走を防ぐための改憲案を護憲派の側こそが示すべきではないかと新9条案を提案。

 

講義では、世界各地での紛争処理、武装解除などに当たった実務家としてのご経験を踏まえて、日本の国防論の本質について、紐解いていただきました。

 

開戦するか意思決定に加わっていないのに戦争に巻き込まれる「自動交戦国」。

戦争犯罪を裁く法体系を持たないのに結んでいるジブチとの地位協定。

日本の異常を突きつけられ、当事者として真摯に向き合うこと、

私たちはどんな行動ができるのか真剣に考えてみることの重要性を刻ませていただきました。

 

塾生の皆さんからの感想の一部です。


●9条、地位協定を深く考えるきっかけになりました。
●全てが驚き。今まで知らなかったことに衝撃を受けました。
●国防の問題点と憲法問題を知り、憤りを感じました。
●日本が「自動交戦国」となることにハッとさせられました。
●考え、声に出していくことの大切さを感じました。
●平和のために自ら律する必要を感じました。
●地位協定に互恵法という考えがあるのですね。

 

◎誰もが志を生きる一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/

 

 

大転換時代がやってくる。
平成が幕を閉じ、新時代の風が吹く。


人口減少、少子化・高齢化、デジタル革命。

教育も、働き方も、ライフスタイルも、
家族の形も、地域や国の在り方も、
これまでの延長戦上では未来は描けない。

 

何をすればいいのか?
どうすればいいのか?

 

豊かさの指標はGDPから幸福度へ。
経済成長から人間成長へ。

 

人生100年時代、
敷かれたレールの人生から
自らレールを敷く人生への転換。

 

それを促すのは、
あなたの中にある根っこ力。

 

根っこを掴めば、
内からエネルギーが湧き上がる。
新しい仲間と新しい挑戦が始まる。

 

今こそ、未来を語るとき!
今こそ、行動に移すとき!
主体的市民だ。


--------------------------------------------------
【 参加者募集! 】

東京・名古屋・大阪・仙台
「一新塾 体験セミナー&説明会」今月スタート!
https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html
--------------------------------------------------

一新塾は第44期が、2019年5月に開講します。
「一新塾 体験セミナー&説明会」が
いよいよ3月よりスタートします!

 

今、時代が求めるのは、
「根っこでつながる力」。
志を軸に、仲間と真の協働を果たすことができるか。

「社会起業」「市民活動」「政策提言」で
未来創造に挑んでみませんか?

 

そのヒントが一新塾体験セミナー&説明会で学べます。
ぜひ、ご参加ください。

 

テーマ:「人生と社会を変える“根っこ力”!」

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!

 

----------------------------------
【東京本科 体験セミナー&説明会】
----------------------------------

日時:
2019年3月16日(土)15:00〜17:45
2019年3月20日(水)19:30〜21:45
2019年3月23日(土)15:00〜17:45
2019年3月27日(水)19:30〜21:45
2019年4月 3日(水)19:30〜21:45
2019年4月 6日(土)15:00〜17:45

※現時点で決定しているスケジュールです。
ご都合あわない方はこの先も予定しています。

会場:一新塾セミナールーム
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)https://isshinjuku.com/map.html

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

------------------------------------
【大阪地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2019年3月30日(土)13:00〜15:45
2019年4月27日(土)13:00〜15:45

会場:難波市民学習センター
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
(地図)https://osakademanabu.com/namba/access

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

--------------------------------------
【名古屋地域科 体験セミナー&説明会】
--------------------------------------

日時:
2019年3月31日(日)13:00〜15:45
2019年4月28日(日)13:00〜15:45

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

------------------------------------
【仙台地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2019年5月3日(金祝)13:00〜15:15

会場:仙台市戦災復興記念館
(住所)宮城県仙台市青葉区大町2−12−1
(地図)https://www.hm-sendai.jp/sisetu/sensai/access.html

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

-----------------------------------
【通信科 電話での個別説明 】
-----------------------------------

ご多忙な方、上記地域以外の方を対象に通信科をご用意しています。
随時、お電話での個別説明を10〜15分程度させていただきます。
(東京・大阪・名古屋・仙台での説明会へのご参加も大歓迎です)

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


【講師プロフィール】

森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

1964年生まれ。1988年慶應義塾大学卒、積水ハウス( 株) に入社。
「都市開発」「まちづくり」の仕事に携わる中で、一新塾へ入塾。
1997年政策学校一新塾マネジャーへ。大前研一氏の下で薫陶を受ける。
2002年一新塾のNPO化に伴い、代表理事・事務局長就任。22年で5000名の

塾生の“志を生きる挑戦”に立ち会い、人生の転機での相談役。

これまでに1100を超える市民からの社会変革プロジェクトをインキュベート。

「政策提言」「社会起業」「市民プロジェクト」立ち上げの独自の方法論と

『志を生きる方程式』を確立。年間100の講座と700回の個別コンサルティング。

市民起点の新しい国づくり、地域づくりの支援に全国を日々奔走。

体験セミナーは全国で千回以上開催、1万人以上が受講。

 

著書に、

『人生と社会を変える根っこ力』(一藝社)
『根っこ力が社会を変える』(ぎょうせい)

共著に、

『一新力』(文屋)
『今のニッポンを変えろ!』

『大前研一の一新塾』(プレジデント社)
『新しい日本をつくるために私ができることあなたができること』(ダイヤモンド社)

今回は、一新塾41期・43期の前川哲弥さんのメッセージをお届けいたします。

 

大組織から、家業を継いで経営者として奮闘されている前川さん。

息子さんへの思いを起点に、ずっと社会に向き合ってこられました。

 

2017年11月に一新塾第41期に入塾。

「誰もが“ユメ”のタネを見出し、育み、かなえることができる社会」を

目指し、障がいのある人やない人、1人1人のストーリーに耳を傾け、

一緒に“ユメ”を見つけ、育てるプロジェクトを立ち上げ。

2018年9月には、NPO法人ユメソダテを設立されました。

 

前川さんの志を生きる挑戦をお伝えさせていただきます。

 

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

塾生活動レポート

『ユメソダテの孫悟空』

一新塾41期・43期東京本科 前川哲弥

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


●意欲は教えられません    

 

15歳になる長男に知的障がいがあることから、
「親亡きあと」が心配で、何かしたいと
一新塾に入り、仲間とプロジェクトを立ち上げました。

 

最初は就労支援施設等に「お手伝いできること
ありませんか?」と聞いて廻りましたが、
「ありません」との反応に加え、「仕事を教える
ことはできますが、意欲は教えられません。
意欲は家庭で育ててもらわないと困ります。」
との声を沢山頂きました。

 

「意欲、意欲。。。」と考えるなか、
夢や希望があれば、意欲が生まれるに違いない
と考え、夢について勉強しました。

 

最初に心が動く体験があり、
これを親などの身近な大人に承認されることで、
人に話すようになり「あこがれ」が生まれます。

あこがれを友人と語り合うなかで、
自身の個性に気づき、最初の「夢想」が生まれます。
そして信頼を寄せる様々な大人との出会いのなかで
少しだけ現実的な「夢」となり、
この夢が何度も何度も生まれ変わるなかで
更に現実的な「人生の目標」へと進化していくというものです。

 

検証したくなりました。

 

社会福祉法人の余暇クラブと、
フリースクールのワークセンターにお願いして、
25人の障がいのある人たちからユメについて伺いました。
(感動、あこがれ、夢、人生の目標などを総称して「ユメ」と名付けました。)


●ユメは社会が育てるものだ

 

約4割の人が素敵なユメを持ち、
その全員が親と仲良しで、友達がおり、
親せきや地域の多様な大人と豊かな人間関係を結んでいました。

 

自分で焼いたケーキを食べたおばあちゃんが
美味しいといった時の話をするパティシエ志望
の知的障がいのある女の子が、うつむきがちに
見せた笑顔の素敵だったこと!

 

残りの6割、ユメを持てていない人たちは、
例外なく人間関係で躓いていました。

 

ユメは個人が抱くものですが、
「社会が育てるものだ」と気づいた瞬間でした。

 

「社会がユメを育て」
「ユメがヒトを育て」
「ヒトが社会を照らす」

 

こうした循環ができたら、素敵だなと考えました。
心動いた体験を、好意的な好奇心を持って傾聴することで
ユメのタネがみつかり芽を出すことができるのではと考えました。
そして豊かな人間関係が結べれば、ユメは育つはずだ、
さらに応援してくれる人とツナグことができれば、
ユメが叶えられるはずだと考えました。


●手のひらの孫悟空

 

障がいのある人は、小さいときから
分離and/or過保護の両極端のなかで、
人間関係が貧しくなりがちです。友人のいない人、
親と上手くいっていない人もかなりいます。

 

そういう人の多くは、分離and/or過保護のなかで、
自ら正しい判断ができるという意味での
「真の自由」を持たずに生きています。

 

自由のない人生が幸せとは、私には思えないのです。

 

自らの発意で社会に貢献し、助け助けられて、
泣いたり笑ったりしながら生きていくことこそが、
幸せであると考えます。

 

「主体的にユメをもち社会に貢献できる
真の自由権を確立したい」が、私のユメになりました。

 

ここまで考えが進んだ時、ハッとしたのです。

「私はこれを既に知っている!」と。

 

私は3年前に再婚しました。
知的障がいのある息子は、私の妻に、猛烈になつき、
私が会社から帰ると、妻の横に息子が貼りついて、
何時間も話をし、妻は熱心に聞いていました。

 

息子は、明るくなり、語彙が増え、いろいろなことに挑戦し始めました。
学校の先生から、「爆発的に発達を始めた」と驚かれたのです。
私があちこち外に答えを探し歩いて、これだ!と思うものを見つけた時、
それが既に家の中にあったことに気がつきました。

 

仏様の手のひらの孫悟空です!


●NPO法人ユメソダテを立ち上げ

 

そうして、障がいがあっても、なくても、
誰もがユメのタネをみつけ、ソダテ、
ヒトとツナギ、カナエる社会を目指して、
強力な7人の仲間でNPO法人ユメソダテを立ち上げました。
2018年9月のことです。

 

すぐにHP https://yume-sodate.com を立上げ、
世田谷区の桜神宮で傾聴を中心に、
コミュニケーションを促進する結碁などを行うイベント
「ユメへの作戦会議」を開催し50人以上の参加をえました
(5分動画:  HP参照)。

 

スーパーダイスという番組制作会社の社長様が
共感してくれ、カメラを担いで来て下さり、
TV番組にしてくださいました(2018年11月放送)。
また、ユメソダテの商標登録もしました。
そんな中、素晴らしい活動が沢山ある41期の
卒塾発表で主体的市民賞を頂き、驚きました。

 

そして今年1月、第2回「ユメへの作戦会議」を開催し、
傾聴講座や傾聴から何が生まれるかについての対談、
障がいのある人のファッションショー等を行い
100人を超える参加を得、またTV番組になりました
(2月放送。6分動画:  HP参照)。

 

1回目の傾聴参加者が受付を手伝ってくれたり、
グループホームの友人を連れてきてくれたり、
サポートを申し出て頂く方など、人の輪が拡がり、
素敵な驚きの連続です。

 

そして今、readyforにて、「障がいがあっても、
ユメのタネを育み、かなえられる社会へ」という
cloud fundingに挑戦しています(HP参照)。

 

無理だという声は内外にあったのですが、
始めてみると、共感を得られたようで、
Readyforの注目のプロジェクトのトップにまでなり、
既に100人を超える人たちの支援を得ています。

 

Cloud fundingは人を繋いでくださいます。
様々な分野でお勤めの皆さん、お医者さんや看護師さん、
福祉の専門家や障がい当事者、作家や農家、経営や
会計や税務や法律の専門家や芸能人、学者や芸術家や建築家、
役人や社長さんなど多様な方々が、応援してくださっています。
なかには、ALSの当事者なのに、視線入力で支援を
寄せてくださった方までおられ、ありがたさに手を合わせる思いです。


●新しい挑戦

 

ここで新しいユメが生まれました。
少人数を対象に、一緒に目標設定をしたり、
ユメの実現を目指して挑戦ができる環境を整えたり、
実際になんらかの活動に挑戦したり、定期的に
傾聴して経過を記録観察したり、ユメへの挑戦を
サポートしてくれる先輩当事者や専門家、
さまざまな仕事をしている人と繋げたり…
個々人のユメに応じたテーラーメイドのサポートをしていく。
支援を通して本人がどのように変化したか、
ユメの実現に向けてどんな経験をしたか、
その成果は支援者向けの報告会やウェブ記事などで発信していく。

 

ゆくゆくは、ユメソダの方法論を確立し、
全国でより多くの人がユメを見つけ、ソダテ、
かなえられるような環境やネットワークづくりをしていきたい。
そのための活動に挑戦したい。そんな思いが、強くなってきています。

 

この新しい挑戦は、ユメソダテの人員だけではできません。
多くのヒトの協力を得て、ネットワークをつくって共働することが不可欠です。
これをソダテ・カナエ活動と呼びたいと思います。

 

このソダテ・カナエ活動が成功すれば、
ヒトが社会を照らす事例を御報告できると考えています。
既に、著書を読んで感心もし憧れてもいた就労支援の専門家の方から、
一緒に何かやりたいとのお申し出を頂くなど、新しい人と繋がり始めています。
ドリームチームが作れるのではないかとユメが拡がってきています。

 

駆け足でのご紹介でしたが、以上が、私たちのユメソダテ活動の現状です。
もし、少しでも共感していただけたなら、法外の喜びです。
私たちと心で繋がってください!

 

※「テレビ埼玉(テレ玉) 2/28(木)14:00〜14:30 「達人道」にて放送されます。

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/

 

昨日は、ファクトリエ代表の山田敏夫さんを一新塾にお迎えしました。

テーマは「メイドインジャパンを世界へ!工場直結ファッションブランド・ファクトリエ」。

 

日本国内のアパレル品国産比率は

1990年の50.1%から2014年には3%まで減少。

 

しかしながら、世界の名だたるアパレルブランドは、

“メイドインジャパン”への信頼が高く、

製造を日本の工場に委託しているケースが多々あります。

 

世界から絶賛されるメイドインジャパンが

失われようとしている状況を変えようと山田さんは、

日本初の工場直結ジャパンブランド「ファクトリエ」を

立ち上げました。

 

全国600以上の工場に直接訪問、

世界で戦える技術や誇りを持っている

一流の工場のみと提携。

 

「工場直販」で、

“工場に適正な利益を、

お客様には従来の「2分の1」の価格で最高の商品を”

を実現しています。

 

さらに、地方のアパレル工場が抱える

後継者不足の課題解決にも取り組まれています。

 

講義では、山田さんの人生哲学が貫かれていて

お言葉のすべてが胸に刺さりました。

 

山田さんが、根っこの思いを道標に、

現実に体当たりし、その実体験の意味を

とことん掘り下げ、紡ぎ出されたお知恵の

一つ一つが胸の奥に染み入りました。

 

◎作り手の思いの「伝え手」となる。
◎ベンチャーは矛盾の中にしかビジネスチャンスはない。
◎「あなたから買いたい」は無敵。
◎イノベーションは、今まであきらめていたことの解決。
◎結果はコントロールできないが、行動はコントロールできる。
◎熱狂するファンづくり
◎革命の同志
◎相対的比較でなく、絶対的評価。
◎やるリスクは計算できる。
◎ブランドは歴史だった。
◎この命を何に使うか!

 

「自分がやりたい夢に付きあってもらってる!」
との夜行バスでの意識の転換のお話も心を大きく揺さぶりました。

 

私もお気に入りの「ファクトリエ」の「HITOYOSHI」のシャツで講義に臨ませていただきました!

 

■「ファクトリエ」https://factelier.com/

 

 

◎新しい時代を拓く一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/

一昨日は、一新塾の卒塾生、熱いハートの3名に駆けつけていただきました。27期重光喬之さん、28期佐藤秀雄さん、30期白根邦子さんです。3名の共通点は、塾生時代のプロジェクト活動で掘り下げた「根っこ」を羅針盤に、現場での奮闘を何年も重ねて、独自のモデルと新しいコミュニティを生み出しています。9つの塾生プロジェクトに、親身のアドバイスをいただき、志が響きあいました!

 

●白根邦子さん(一新塾30期)
白根さんは、障がい児者福祉施設にてソーシャルワーカーとして働きながら、2012年5月に一新塾第30期に入塾。リーダーとしてプロジェクトを立ち上げ、2013年、一般社団法人happy choiceを設立。2016年2月には、障がい者施設と酒造と共働で無農薬自然派日本酒「幸SACHI」をつくりあげました。さらに、2017年9月に松戸市で美味しい手打ちそばと日本酒のお店「石臼挽きそば 幸」開業。2018年には就労継続支援B型事業所「ハッピーワーク松戸」を開所しました。
https://www.happy-choice.org/

 

●佐藤秀雄さん(一新塾28期)
佐藤さんは、住宅販売、ガス設備、土木、介護、コンサルティングなどを主体とするスタイリッシュグループ代表を務めています。28期では、足利から通い、リーダーとして『足利元気!プロジェクト』を立ち上げ。メンバーと根っこを掘り下げ、未知の分野であった介護事業への参入を決意。卒塾後、その延長線上で「24時間365日営業のお泊まりサービス付きのデイサービス」をオープンされました。
http://stylish-life.org/group.html

 

●重光喬之さん(一新塾27期)
重光喬之さんは、知的・発達障害児と関わる人がともに学び合う「両育」のある社会の実現をめざして27期でリーダーとしてプロジェクトを立ち上げました。2012年11月にNPO法人両育わーるどを設立されました。福祉現場と社会・企業の接点を増やすべく、さらに多くの仲間とつながり、活動を広げられています。また、ご自身も当事者である脳脊髄液減少症と向き合う人々をサポートする活動にも取り組まれています。クラウドファンディングで支援を募り、2016年、脳脊髄液減少症者向けサービス「feese」を立ち上げました。
http://ryoiku.org/

 

◎誰もが志を生きる一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/