一新塾講師に湯浅誠氏!「1ミリでも進める子どもの貧困対策」

今週は、社会活動家で法政大学教授の湯浅誠氏をお迎えし「1ミリでも進める子どもの貧困対策」をテーマにご講義いただきました。

 

大学院の頃からホームレス支援活動を始めた湯浅氏は、政府や大メディアが「生活が苦しくなったのは自己責任だ」という見方が強かった中、この問題を多くの人に分かってもらうために「フードバンク」、「自立生活サポートセンター・もやい」の立ち上げなど、現場主義で具体的解決策に着手されます。2008年の“派遣切り”で貧困問題が表面化。「真面目に働いていれば、貧困者にはならない」との価値観が覆された中、反貧困の市民活動の最前線に立たれました。
2009年からは足かけ3年、内閣府参与として現場のニーズを政策決定につなげるべく奮闘されました。

 

「しっかり付き合う、徹底的に!解決策のヒントを探すのではなく、その人の人生にアクセス!」湯浅氏が実践されている対象者との向き合い方です。

 

こうした姿勢で関わられるからこそ、湯浅氏が、次から次へと価値観の垣根を超えて、深く根っこでつながり、全員参加型社会へ向かっていらっしゃるのだと腑に落ちました。

 

【塾生の胸に響いた湯浅氏のお言葉です】

 

●見たいものしか見えていない
●言葉だけでなく一緒に作業する
●マルチリンガルで目線を合わせる
●前の者を後へ、後の者を前へ
●現場が何より尊い
●支援する人&される人では本当の解決にならない
●貧困〜人間関係の貧困が起こっている
●社会活動は、現場、世論、政治の3つの次元を同時に考える
●民間は“濃いが狭い”。行政は“広いが薄い”。

 

 

★新しい時代を拓く一新塾
「社会起業」「政策提言」「市民活動」
体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/

 


『大転換時代 今こそ揺るがぬ「自分軸」を!』

「将来なくなる仕事」・・・衝撃的な内容がニュースになった。
たとえニュースにならなくても現場で働いている人々は予測できる
事も多かったと思うが、一覧になって知らされるとショックが大きい。

オクスフォード大学は、今後10〜20年程度で約47%の仕事が
自動化されるリスクが高いとの予測を発表。
コンピューターの”技術革新”の勢いは誰もがわかっているが、
人間にしかできないとこれまで思われていた仕事が、ロボットや
機械が代わりに行うことになる。
果たして人間にしかできないことは何だろうか。

一新塾最新刊の本にも以下のように書かせていただいた。


一新塾本「人生と社会を変える根っこ力」はじめに より抜粋

--------------------------------------------------------

●私たちが生きているのは大転換時代

 世界の秩序が揺れ動く時代にあって、私たちの生き方も、働き方も、
社会の在り方も転換を迫られます。人生100年時代と言われる中、サラ
リーマンであれば、一つの会社で定年を迎えて終わりとはならず、定年
後の第2の人生のレールは自ら敷かなければなりません。あるいは、こ
れからは、一つの会社だけでなくパラレルキャリアが普通になっていく
かもしれません。働き方は、ますます多様化、流動化し、転職、起業、
UIJターンもさらに加速していくでしょう。

 私たちが生きているのは大転換時代です。

こういう時代だからこそ、時代の波にのみこまれることなく、自分軸を
しっかり定めたいと思います。揺るがぬ志の杭をあなたの足元に
打ち込んでください。

計り知れないあなたの可能性を完全燃焼させるためには、
揺るがぬ「根っこ」が必要なのです。

--------------------------------------------- 抜粋終了

国連の関連機関がまとめる「世界幸福度報告書」の2018年度版
では日本のランキングは54位。前年より3つ下げた。
上位はフィンランド、ノルウェー、デンマーク。

小中学生の不登校の人数も年々増えている。
原因は「不安」「無気力」友人関係や家庭の状況が影響している。
日本の夫婦は3組に1組が離婚しているという現状もある。

高齢化社会による介護の問題、現役世代の減少、地方消滅の危機、
課題をあげればきりがない。

けれども、上記の一新塾本に書かせていただいたように、
こういう時代だからこそ、一人一人が自分軸をしっかり定める
ことが必要なのだ。それはこの23年間の一新塾の歩みの中で
心底実感させていただいた。

社会の試練は、一人一人の「主体性」を引き出すきっかけ。
「この問題を放っておけない」「目をつぶれない」という
思いが出てきたら、できれば、諦めずに、勇気を持って、
社会の現実と自分自身にじっくり向き合ってみてほしい。

一新塾では「自分」と「社会」を重ね合わせることを一番大切にしている。

社会と自分との違和感をそのままにしない。
そこから新しいビジョンを描いてみる。
社会創造への一歩を仲間と踏み出してみる。

そのためにこそ、揺るがぬ一人一人の「自分軸」が
しっかりと定まることが必要なのだ。
 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会、ご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/


一新塾第42期が、2018年5月に開講します。体験セミナー&説明会を開催中です!

一新塾第42期が、2018年5月に開講します。
体験セミナー&説明会を開催中です!

 

人生と社会を変える根っこ力。

今、時代が求めるのは、「根っこでつながる力」。
志を軸に、仲間と真の協働を果たすことができるか。

「社会起業」「市民活動」「政策提言」で未来創造に挑んでみませんか?


そのヒントが一新塾体験セミナー&説明会で学べます。

(東京・大阪・名古屋・仙台で開催)

 

明日は大阪、明後日は名古屋です。

ぜひ、ご予約ください。

 

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!

 

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)
テーマ:「人生と社会を変える“根っこ力”!」
参加費:無料
申込み:http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

----------------------------------
【東京本科 体験セミナー&説明会】
----------------------------------

日時:
2018年3月31日(土)15:00〜17:45【定員となりました】
2018年4月 4日(水)19:30〜21:45
2018年4月 7日(土)15:00〜17:45
2018年4月11日(水)19:30〜21:45
2018年4月14日(土)15:00〜17:45
2018年4月18日(水)19:30〜21:45
2018年4月21日(土)15:00〜17:45

※現時点で決定しているスケジュールです。
ご都合あわない方はこの先も予定しています。

会場:一新塾セミナールーム
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F

 

------------------------------------
【大阪地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2018年3月24日(土)13:00〜15:45
2018年4月28日(土)13:00〜15:45

会場:難波市民学習センター
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階

 

--------------------------------------
【名古屋地域科 体験セミナー&説明会】
--------------------------------------

日時:
2018年3月25日(日)13:00〜15:45
2018年4月29日(日)13:00〜15:45

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地

 

------------------------------------
【仙台地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2018年5月3日(木祝)13:00〜15:45

会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号


『ふるさと納税 政策提言〜市民の時代の象徴』

2016年の熊本地震では「ふるさと納税」の震災支援で2か月で30億円を
超えた。「被災地を助けたい」との思いを市民がすぐに形にできる
ようになり、現地にボランティアに行けなくても、こういう形でも
支援できることは本当にありがたいことだと思う。

 

「ふるさと納税」制度は一新塾生が2002年に政策提言活動を始めた
結果生まれた制度である。その始まりについて一新塾の最新刊でも
書かせていただいたので以下に抜粋してご紹介する。

 

以下「人生と社会を変える根っこ力」はじめに より抜粋

 

---------------------------------------------------------

「ふるさと納税」のはじまり

「ふるさと納税」といえば、応援したい自治体に寄附ができる制度。
今は誰もが知るところになった政策ですが、これは2002年に普通の市民
である一新塾生の議論の中で「生まれ育ったふるさとにこそ恩返しとし
て納税したいのに、なぜできないのか」という思いから始まった政策提
言活動でした。政策は、決して政治家や官僚だけのものではなく、本来、
この時代を生きるすべての人たちに開かれたものです。

さて、「ふるさと納税」についてですが、返礼品という仕組みまで政
策提言していたわけではなく、このような過熱した返礼品競争が起こる
とは当時は思いもよりませんでした。また、住んでいなかったところへ
納税、しかも複数の自治体へ納税できるようになることも想定外でした。
「自分を育ててくれたふるさとへの恩返し」は骨抜きとなり、政策提言
において、着地点までの理念を貫くことの難しさを痛感した出来事でし
た。また、提言に留まることなく、「政策提言」と共に自ら主体となっ
て行動する「市民活動」や「社会起業」の重要性も改めて実感する機会
となりました。

------------------------------------------------- 抜粋終了

 

このように「ふるさと納税」制度は「ふるさとへの恩返し」との
思いから生まれたものだ。制度や「仕組み」になった後、本来の
趣旨からかけ離れてしまうことがあったにせよ、底流を貫くのは、
一人ひとりの個人の思いの強さだ。

 

阪神淡路大震災や東日本大震災の出来事も、国や組織を超えて、
何とかしなければという切実感と「力になりたい」という個々の
市民の志がインターネットの情報も得て現地に向かわせた。
日本人だけでなく、世界中から支援物資が届き、駆け付けた。

東日本大震災以後に始まったWEB上で資金提供を呼びかける
クラウドファンディングも参加者がどんどん増えている。


必要なところに自ら資金を投じる意志を表しやすくなった。

「市民」が税金でなく、「最も必要だと思うこと」に寄付できる文化。
そこには一市民としての”主体性”と”選択”が生まれている。
「国も会社もやらないなら、自分で身を投じよう」と行動する人々。

 

そんな時代の「ふるさと納税」の制度は「市民の時代の象徴」だと思う。

 

昨今、これまでの常識を覆す様々な出来事がニュースになる中、
「国ありき」「組織ありき」のシステムの限界が露呈されている。

いまこそ、「市民の時代」を牽引する主体的市民が待ち望まれている。

 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会スタート!ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/

 

★一新塾新刊「人生と社会を変える根っこ力〜政策提言・社会起業・市民活動」
https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html

 

 

 


今こそ、求められるのは根っこ力。

直面する試練の現実。
自分の目で見て、耳で聞いて、
現場で体当たりすることで発見できる
ものがある。

 

価値観が全く違う相手。
人生を掘り下げ受けとめていく中で
深いところで共感しわかりあえる
ときがある。

 

今こそ、求められるのは根っこ力。

 

溢れる情報、溢れる出来事、溢れる出会い。
激動の時代にのまれることなく
本来の自分に立ち戻り
日々の出来事を深く深く掘り下げる力。

 

私たちの経験する日常の中にこそ、
人生と社会と未来を拓く知恵が
散りばめられている。

 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会スタート!ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/

 

★一新塾新刊「人生と社会を変える根っこ力〜政策提言・社会起業・市民活動」
https://www.amazon.co.jp/dp/4863591306
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html

 

 


すべての人たちが志を生きる

社会が変わっても
人々の志が埋もれたままでは
意味がない。

たとえ新しい組織が
生まれても、
たとえ新しいコミュニティが
生まれても、

一部の限られた人だけが
志を生きるのも違う。

すべての人たちが
志を生きるのでなければ、
社会を変える意味がない。
 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会のご予約はこちらへ!

http://www.isshinjuku.com/


リーダーシップ研修会

先週は、41期本科チームのリーダーシップ研修会の第一回目!3月下旬にチームが立ち上がり、人生の受けとめ合ってのチームビルディングと現場視察でのインタビューなど、徐々にエンジンがかかってきました。まずは、対象者のニーズをどこまで深く受けとめて行けるか、現場主義の奮闘が始まります。

 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会スタート!ご予約はこちらへ

http://www.isshinjuku.com/


「一新塾体験セミナー&説明会」

一新塾創設者の大前研一氏は、
「かつて巨大企業が大量のマンパワーと先進技術と大資本を
注ぎ込んでようやく実現していたようなソリューションを、
今なら『たった一人の傑出した人間』がやってのけるかもしれない」
と言います。

 

「国>地域>個人」から「個人>地域>国」へと
変化しているのが今。

アップルのスティーブ・ジョブズしかり、
アマゾンのジェフ・ベソスしかり、
個人の生み出したビジョンやアイデアが、
地域に繁栄をもたらしています。

 

私たち一人ひとりが、個人で勝負する時代の到来です。

 

「一新塾体験セミナー&説明会」では、
一個人の目覚めが、どれだけ人生と社会を変えるのか、
そのからくりを紐解かせていただきます。

 

【主な内容】

●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●志を生きるロールモデルの30人の講師
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「根っこ(志)」と「幹」をつなげる問題解決フレームワーク『6つの箱』とは?
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!


━東京会場━━━━━━━━━━━━━━

“根っこ力”が社会を変える

「一新塾体験セミナー&説明会」
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■東京会場 日時

3月28日(水)19:30〜21:45【定員となりました】
3月31日(土)15:00〜17:45
4月 4日(水)19:30〜21:45
4月 7日(土)15:00〜17:45
4月11日(水)19:30〜21:45
4月14日(土)15:00〜17:45

会場:一新塾教室
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)http://isshinjuku.com/map.html


■大阪会場 日時

(1)3月24日(土)13:00〜15:45
(2)4月28日(土)13:00〜15:45

会場:「難波市民学習センター」
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
(地図)http://osakademanabu.com/namba/access


■ 名古屋会場 日時

(1)3月25日(日)13:00〜15:45
(2)4月29日(日)13:00〜15:45

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html


■ 仙台会場 日時

(1)5月3日(木祝)13:00〜15:45

会場:「トークネットホール仙台(仙台市民会館)」
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号
(地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

 


★「一新塾体験セミナー&説明会」ご予約は、こちら!
http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

 


「社会変革のためのマーケティング&事業計画立案講座」

今週は東京本科の「社会変革のためのマーケティング&事業計画立案講座」でした。

 

「ビジネスの要素」と「社会変革の要素」を融合させた一新塾独自のメソッドを共有させていただき、自らのプロジェクトに当てはめて、対象者ニーズをより深く掘り下げ、事業プランのエッジを研ぎ澄ます機会となりました。

 

また、「One to Oneマーケティング」と「マスマーケティング」の違いは何か?
その特性を理解したうえで、両方の手法をどのように活用すればいいのか、じっくり向き合いました。

 

 

★誰もが志を生きる一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会予約スタート!

http://www.isshinjuku.com/

 


一新塾講師にNPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表の清水康之さん!

今週は、一新塾講師にNPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表の清水康之さんにお越しいただきました。テーマは「誰も置き去りにしない生き心地のよい社会」。

 

清水さんは、NHK時代に「クローズアップ現代」のディレクターとして自死遺児たちの番組を制作。「落ち度のない子たちがなぜこんなに苦しむのか」。

 

自殺は個人の問題と片づけられるものでなく社会の問題と、自らが自殺対策の「つなぎ役」「推進役」を担おうと決意。

2004年ライフリンクを設立し、10万人の署名を集めて「自殺対策基本法」成立に尽力。

 

しかし、法整備だけでは対策は進みません。遺族支援団体を後方支援する全国組織、マスコミと連携しての情報発信、足立区と協定を結んでの自殺対策の都市モデルづくり。

2016年には、基本法改正。

「国」と「自治体」と「現場」とが連動して自殺対策のPDCAが回る仕組みが構築されてきています。

 

その背後には、清水さんの「現場」と「自治体」と「国」をつないでの、心のこもった、きめ細やかな、しっかり準備を整えてのご対応。それに加えて、時に体当たりでの国や自治体を動かすダイナミックさがあってこそ。

 

「慎重であればあるほど大胆になれる」とのお言葉も染み入りました。

 

 

★新しい時代を創造する一新塾

「社会起業」「政策提言」「市民活動」

体験セミナー&説明会予約スタート!

http://www.isshinjuku.com/

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM