今回は、山岸薫さんのメッセージをお届けいたします。


山岸さんご自身が子育てや介護をしながら就職することの難しさを
体験されたこと、職業相談・職業紹介のお仕事に就かれ、窓口で
たくさんの求職者の方と接せられた体験から、

「誰もが誇りをもって働くことができる社会」をビジョンに掲げ、

一新塾の仲間とともに「Realvoice 誇りある働き方を」プロジェクト

を立ち上げ奮闘中です。

山岸さんの志を生きる挑戦をお伝えさせていただきます。

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

塾生活動レポート

『Realvoice 誇りある働き方を』

一新塾42期・44期東京本科 山岸薫

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


●誰もが誇りをもって働くことができる社会

私が取り組むのは、不本意に非正規労働を繰り返す
年収200万円以下で働く人たちのためのプロジェクトです。
彼らが自分の仕事や役割に誇りを持てる社会を目指します。


●一度レールから外れると戻れない社会

現在、働く人の4割が非正規労働者です。
私は、非正規雇用自体を問題と感じているわけではありません。
就職氷河期、学歴格差、貧困、家庭の格差、病気や出産など
自分の意思とは関係なく非正規雇用になること、一度非正規に
なると戻りにくい社会に問題を感じています。その雇用は簡単に
クビを切ることができ、低賃金で雇えるため、企業や行政から
見て便利です。その分、働く側は常に不安定で貧困、将来の不安
を抱えて生活しなければいけません。


●非正規雇用が増え続けた結果は

1990年ごろから増え始めた非正規雇用ですが、最近ではその様子
が変わってきました。

早稲田大学の橋本健二教授のデータでは現労働者の14.9%が
「アンダークラス」と呼ばれる非正規雇用者で平均年収186万円です。
彼らは子供を持つことが難しいので、貧困は連鎖しなくなっています。
これからは現在安定した生活を送っている家庭の子供たちが、この
アンダークラスに滑り落ちてくると警鐘を鳴らします。

私にも子供が2人います。未来を担う子供達がこのような社会で
生きていくことをとても悲しく、何とかしたいと思います。


●「普通に」働くことの大変さを思い知った日々

私は、中学生のころ、障害のある母を助けられない苦しさから
思春期の神経症になりました。
そのまま受験に失敗、劣等感たっぷりの人生。


そこから這い上がれたのは、10年間のTV番組制作の仕事での経験。
学歴ではなく作品の良さでキャリアアップできる、この仕事で一生
やっていこうと思っていました。

 

しかし、出産と同時に、親の病気 夫の転勤が重なり、退職しました。
千葉に引越してきてからは、子どもが保育園に入れず、収入がないため
帰省して親の看護もできません。

 

やっと保育園に入れ、就職しても子の病気で早退、欠勤が続き、退職
しなければならず途方に暮れる日々。映像制作の仕事にはもう戻れない、
数時間のパートに出ることさえも難しいと自覚しました。同時に、
働く難しさから何かを学びたいと考え、産業・キャリアカウンセラー
を学びました。


●仕事から見えてきたもの

子供が少し大きくなったころ、非正規相談員として
職業相談・職業紹介の仕事に就きました。

相談窓口で求職者は辛い想いを吐き出します。


パワハラやセクハラにあい1時間泣き続ける人。
メンタル疾患になる人・就職活動に失敗し「死にたい」
と本気で考える若者。貧困家庭の事情で進学も就職も
できない少年。

 

彼らは皆「働く意欲」があるのに別の要因で働けなくなった人でした。
だから気持ちが理解できた。何度も足を運んでくれ、少しずつ
元気になる人もいて、お礼の手紙をたくさんいただきました。


●社会的弱者が困るシステム

しかし求職者が困り果てる場面でも、制度や体制も、
その綺麗な名目とは裏腹に、最後には社会的弱者が困るような
システムになっていることが多く、正義感の強い私は何度も上司に
「これでは求職者の為にならない」と訴えました。

 

ある日、がん末期の夫を持つ同僚が不条理な理由で簡単に雇止めになった時、
このままではいけない、何とかしなければ、と強く感じました。


●渡辺照子さんとの出会い

そんな時、渡辺照子さん(一新塾24期)の記事をネットで見つけました。
彼女は同じ企業で派遣を17年続けていたが、派遣法改正が原因で雇止めになり、
最後の出勤日のことを名前も顔も隠さず動画で配信していました。
彼女の言葉一つ一つに涙が止まらなかった。

 

記事はアクセスランキング1位になり、
急速に共感が広がっていくのが感じられました。
これは大きな社会問題だと確信し、一新塾に入塾しました。


●自己責任論

一新塾の仲間と「Realvoice 誇りある働き方を」プロジェクトチームを
結成しました。そして、溜めていた想いから体が自然に動き、千葉県内の
30人の方々に会社からの帰宅時間に最寄駅で、インタビューを行いました。

そこで見えてきたのは非正規労働者、正規労働者ともに
“自分にも他者にも無関心な姿勢”でした。

 

「イヤだけど変えるつもりはない」
「不満があることを知られるとクビになるから構わないで」など…

さらに「非正規労働は自己責任、本人が頑張らなかったのが悪い」
という意見が多く、各データからも、高所得者ほどワーキングプアに
ついて自己責任論が強いことを知りました。

 

この経験からこのプロジェクトを進めることは困難であろうこと、
解決策も簡単ではないことを思い知りますが、一切諦める気はしませんでした。

そこで、「働くことを語る会」を、千葉県内で4回、開催しました。
対象者が名乗り出にくいテーマであり、支援者ばかりが集まりました。


●湯浅誠さんの講義から

自己責任論が強いことを知り解決策に迷ったとき、一新塾での湯浅誠さんの
講義で思い切ってその件を質問してみました。すると「直球では難しい、
気づいたら本人たちが良い位置にいたという道筋を作る」と答えを頂きました。
確かに直球では逆風にのまれてしまいます。

 

また、一新塾の合宿で知った、児童養護施設に寄付をするタイガーマスク運動
が頭に残っていたこともあり、自分らしい泥臭さとTV番組制作時代にやっていた
面白いことで、地域や支援者・応援者達を巻き込んでいこうと考え、
地元千葉で「おとな食堂」を行うことにしました。


●おとな食堂から人材紹介へ

「おとな食堂」では、社会福祉士と話せます。
悩み割引、非正規割引もあり、こどもは無料です。
さらに、おとな食堂のメニューは「サービス残業」という名称のカクテルも
ありますし、、おつカレー(お疲れ!)は300円。
これらの紹介をしたとき、みんな失笑してくれます。

ちょっとユーモラスで敷居が低いこと、しかし、実はフォーラム的な意味を含みます。

 

「働くこと」をテーマにしながら、対象者、地域住民、応援者、企業、
労働組合、学生、こどもが集まり食事をすることで悩みを話せること、
また「友人の会社が募集しているよ」など顔が見える形で新しい情報を
得ることがねらいです。現在は、まだ実験段階。問題は山積みです。

 

しかし、今後も協力者を増やし巻き込みながら、地域とのつながりから、
顔の見える形で、働く人と仕事を結びつけるような取り組みが出来たら
と思います。当事者だからできることを試行錯誤していこうと思います。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」開催中!
●東京 9/4(水),7(土),11(水),14(土),18(水),21(土)
●大阪 8/31(土),9/28(土)
●名古屋 9/1(日),9/29(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/

2019年8月25日投開票の仙台市議会議員選挙にて、


鈴木澄恵さん(一新塾42期卒・初当選)
菅原正和さん(一新塾32期・34期卒・再選)
高橋卓誠さん(一新塾21期卒・再選)


が当選を果たされました!

 

●<仙台市議選>開票結果(選管最終)と当選者の顔触れ【河北新報WEBより】
https://www.kahoku.co.jp/tohokun…/201908/20190826_11050.html

 

鈴木さん、菅原さん、高橋さんにおかれましては、
仙台市の未来創造に向けて、志を思いっきり

邁進されますことを楽しみにしています。

 

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」予約受付中!
●東京 8/24(土),28(水),9/4(水),7(土),11(水),14(土)
●大阪 8/31(土),9/28(土)
●名古屋 9/1(日),9/29(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/

昨日の講義には、

一新塾講師の飯島博氏(NPO法人アサザ基金代表理事)をお迎えいたしました。講義テーマは『霞ヶ浦再生〜よき出会いの連鎖がつくる市民型公共事業』です。

 

飯島さんが取り組まれた「アサザ・プロジェクト」は、

霞ヶ浦再生に向け、市民型公共事業として、
のべ30万人もの市民が参加し、170を超える小学校、

企業も森林組合も自治体も国交省も、みな、開くことで、

つながっていく壮大な社会実験となりました。

 

一新塾での講義は2004年から今回が16回目となります。

 

何度お聞きしても、飯島さんの突き抜けたビジョンと

哲学の深さには圧倒されます。


そして、

この哲学が貫かれた事業を、大人と子どもが協働して

霞ヶ浦に生み出し、そのモデルが全国各地に連鎖し、

社会変革の波を起こしています。

 

ひらめきは考えても出てこない。

自分を場としていろんな人と出会って、

よき出会いの連鎖。

 

考えるのではなく、感じること。

膜になって、境界に立って、

よく聞く、感じる、自分が変わる、表現する。


そして、まちづくりは、

子どもたちに助けてもらわないとダメ、

大人だけでやっちゃダメ、ハッとさせられました。

 

描いた哲学、理念を具現化する知恵とともに、

あらゆる領域のプロジェクトに応用可能な知恵の

エッセンスを学ばせていただきました。

 

 

■NPO法人アサザ基金

http://www.asaza.jp/

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」予約受付中!
●東京 8/24(土),28(水),9/4(水),7(土),11(水),14(土)
●大阪 8/31(土),9/28(土)
●名古屋 9/1(日),9/29(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/

 


今回は、三神功さんのメッセージをお届けいたします。
20年以上営業畑でサラリーマンとして活躍されてこられた三神さん。
お母さまの介護のご経験をきっかけに、50歳で一新塾に入塾。
そして、「90歳になっても現役シニアを創造するプロジェクト」を
立ち上げ、一新塾の仲間とともに、故郷の鎌倉市今泉台を現場に
奮闘中です。

三神さんの志を生きる挑戦をお伝えさせていただきます。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

塾生活動レポート

『90歳になっても現役シニアを創造するプロジェクト』

      一新塾42期・44期東京本科 三神功

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


●90歳になっても楽しい生活が送れる社会

90歳になっても元気で自分の足で歩き、地域の人と交流し、
生きがいのある楽しい生活が送れる社会を目指します。

慣れ親しんだ自宅で最期まで、自由に自分で歩いて暮らしていける、
そのために介護が極力必要ない社会を目指します。

社会の現状は、年を取ったら動けなくなる、
そうしたら施設に入り死ぬまで面倒を見てもらう。それが当たり前に
なりつつある社会。そこには、介護者や家族にかかる大きな負担、
そして本人に取っても施設に入ればある程度自由の無い、制約の中での
生活になる負の部分があります。人手不足を解決するのも一つの手段
ですが、そもそも介護が必要になる人を減らすことが重要です。


●なぜ、孤立してしまうのか?

介護が早まる原因の一つとして、孤立が考えられます。
孤立すると家から出なくなり、歩行などの運動習慣が激減し足が弱り
歩けなくなる。会話が無くなり認知症等が進み介護が早まる可能性が
あります。

なぜ、孤立するかのひとつの要因として、特に仕事中心の人生では、
リタイヤ後の生活において、地域との繋がりの構築が難しく、
関わり方がわからないこと等から孤立してしまうことが考えられます。


●20年以上、営業畑

私は20年以上営業という数字の世界で、休みも返上で頑張っていた
つもりでした。しかし、それは忙しいことを理由に、他には関心を
持たず、何も考えないようにそこへ逃げ込んでいたんだと思います。

他界した母の最期に人手が回らず十分な介護を受けられない状況を
目の当たりし、健康であることがいかに大切かを考え始めました。


●大きな仕組みや流れを変えないといけない

母が入院していた病院は、患者約40人に対して、夜間はフロアに
看護師、介護士も数人しかおらず、手が回っていない状況、おそらく
規定ぎりぎりの人員でした。

ある日、母が「目の前のトイレに移乗してもらえず、忙しいからと
車椅子の上でさせられた」と、泣き叫びました。私は人としての尊厳を
傷つけられた母を見て、何かが間違ってると感じました。

しかし、世話をしてくれる側も重篤な患者優先であり、一生懸命やって
いて限界、でもこういうことが起きてしまう。病院の経営の問題??
あふれかえる患者、夜通し聞こえるナースコール、人員を増やしても
鼬ごっこなのではないか。

もっと大きな仕組みや流れを変えないといけないと思いました。
大きな仕組みや流れを変え、そして人を動かしていくために、
広く社会を捉え、政治も学んでみたいと思い一新塾の門を叩きました。


●「90歳になっても現役シニアを創造する」プロジェクトを立ち上げ

私は、故郷の鎌倉市今泉台を現場に、一新塾の仲間と「90歳になっても
現役シニアを創造する」プロジェクトを立ち上げました。昭和40年代に
開発された住宅地で、駅から遠く過疎化が進み、高齢化率45%を越えて
います。商店街はシャッター街になり寂しい環境でした。ペルソナを
探すため、町のあらゆる面からアプローチを行いシニアと繋がりましたが、
孤立したシニアは見つかりませんでした。

そこでここに住んでいる高齢者が困っていること、望んでいることを
傾聴するために、町の活性化ワーク兼繋がりの場のカフェイベントを
開催しました。5回開催してみて、やっと孤立したシニアを見つけ出しました。


●ヒアリングからの共通の問題点として

(1)繋がりのきっかけとなる気軽にお茶が飲めるような場所が商店街に無いこと
(2)やるべきことがわからないので外に出ない、だから目的を与えることが必要
(3)そして買い物難民が増加すること
が考えられました。

そこで町内会、市民団体の幹部を集め、今泉台にある北鎌倉台商店街に
『惣菜兼カフェ店舗』を提案しました。地域の高齢者が、散歩がてらに
歩いてきて、食べれる分だけの適量の惣菜を購入でき、そこにカフェ
スペースも併設することによって談笑=「繋がりの場」も作り、さらに
惣菜自体も高齢者が作ることでやりがいを感じてもらえる店舗。

しかし、皆で深堀していくとそれ単体だけでは収支が難しいことが
わかりました。現在はハイカーのための民泊や移動販売など他の事業
との組み合わせた仕組みを検討中です。


●一歩踏み出せた理由

入塾した当初は変えなくてはいけない思いだけが先行し、では何ができるの?
と聞かれても何も答えられない状況でした。まず自分の根っこに繋がれた
ことが重要で、そこから使命感や前進していく力を実感できました。

しかし、現実は前に進めないことも多く、悩み、気落ちする時もあり、
そんなときは一新塾のチームメンバーや他のチームの人と話をすることにより、
それぞれテーマは異なるが社会の問題を解決するという同じ方向に向かった
姿勢や意気込みに刺激され、一歩踏み出すことができました。


●今後の展望

当時の仕事の延長線に自分の思いが重なることがなかったため私は退職しました。
この町も私の根っこであり、ビジョンに通ずる起業を模索しております。
プロジェクトを進めて、最も身近にある地域との繋がりの大切さを実感しています。
人生100年時代が進むともっと地域の重要性があがってくるように感じす。
今年度はしっかりと地域に根をはり、その上で次年度は大きな流れや仕組み
を変えていきたいと思います。

 



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

「一新塾体験セミナー&説明会」参加者募集!
社会起業・政策提言・市民活動の理論と実践を学ぶ
東京・名古屋・大阪・仙台
https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

25年磨かれてきた一新塾プログラムだからこそ、
理論と実践例を学ぶことで、あなたのミッションが
あぶり出されます。発見できます。

主な内容:
●なぜ一新塾で学ぶと人生と社会が変わるのか?
●人生100年時代、今なぜ、”志”なのか?
●創設から25年、社会変革のトップランナーから伝授された知恵とは?
●ゼロベースでビジョンを描くには?
●仲間と協働し、現場主義を生きる方法
●20世紀リーダーと21世紀リーダーの違い
●「社会起業」「政策提言」「市民活動(NPO)」で社会を変える方法論
●志のコミュニティから生まれたOBOGのプロジェクト紹介!

講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)
テーマ:「“根っこ力”が社会を変える!」
参加費:無料
申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

----------------------------------
【東京本科 体験セミナー&説明会】
----------------------------------

日時:
2019年8月21日(水)19:30〜21:45
2019年8月24日(土)15:00〜17:45
2019年8月28日(水)19:30〜21:45
2019年9月 4日(水)19:30〜21:45
2019年9月 7日(土)15:00〜17:45

※現時点で決定しているスケジュールです。
ご都合あわない方はこの先も予定しています。

会場:一新塾セミナールーム
(住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
(地図)https://isshinjuku.com/map.html

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

------------------------------------
【大阪地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2019年8月31日(土)13:00〜15:45
2019年9月28日(土)13:00〜15:45

会場:難波市民学習センター
(住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
(地図)https://osakademanabu.com/namba/access

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

--------------------------------------
【名古屋地域科 体験セミナー&説明会】
--------------------------------------

日時:
2019年9月 1日(日)13:00〜15:45
2019年9月29日(日)13:00〜15:45

会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
(住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
(地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

------------------------------------
【仙台地域科 体験セミナー&説明会】
------------------------------------

日時:
2019年9月8日(日) 13:00〜15:15

会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)
(住所)仙台市青葉区桜ケ岡公園4番1号
(地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

申込み:https://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html

 

今回は、伊藤綾さんのメッセージをお届けいたします。
伊藤さんは2017年11月に一新塾第41期東京本科に入塾。

当時、子育てをしながら会社員として地方・郊外に大型商業施設を開発する仕事に携わっていらっしゃいました。
そして、「地方で暮らす人を増やしたい」との思いで一新塾で同志を募り「きら星」プロジェクトを立ち上げました。

2019年2月に起業。2019年3月には一家そろって新潟県湯沢町にIターン。
湯沢町で移住者の主に仕事を中心としたサポート事業を営まれています。
伊藤さんの取り組みは、NHK新潟放送局の「新潟ニュース610」(2019年7月17日放送)
でもご紹介されました。伊藤さんの志を生きる挑戦をお伝えさせていただきます。

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

塾生活動レポート

『越後湯沢にIターン!まちづくりに取組むママ起業家』

一新塾41期東京本科 伊藤綾

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


●家族4人そろってIターンし、まちづくりに取組むママ起業家

私は、新潟県湯沢町で「地方で暮らす人を増やし、消滅可能性都市をなくす」
ため、移住者の主に仕事を中心としたサポート事業を営む社会起業家です。

生まれは新潟県の柏崎市。
そんな私が縁もゆかりもない湯沢町に移住したのは、次のようなきっかけでした。

幼少期、親と一緒に湯沢町によく遊びに来て、賑わいと活気のある心がウキウキ
する町であったことを覚えています。しかし、15年前、フジロックフェスティバル
で再訪した時に、会場である苗場以外は、シャッター街となってしまった商店街や、
廃業してしまったペンションハウスなど、寂しい姿になってしまっていることに
衝撃を受けました。
 
この頃から「まちづくり」に興味を持ち、前職では、地方・郊外に大型商業施設
を開発する仕事に携わりました。私は、その仕事にやりがいを感じる一方で、
効率性を求め都市に置いてきぼりにされる地方、衰退していき人口減少に歯止め
が効かない地方の姿に、いつも消化できない疑問を感じていました。
 
会社員としても実力がついてきて、地方からまちづくりの力で日本を元気にしたい、
という思いが強くなってきました。

そして、2019年の3月に、夫・娘(3歳)・息子(7ヶ月)の一家そろって、
千葉県流山市から湯沢町へ移住してきました。

 
●都会ではない暮らし方を求めて
 
育児をしながら企業勤めをしていると、都会での一見便利な生活は
「本当の豊かさ」ではないと感じるようになりました。
 
イライラが噴きこぼれる朝の通勤ラッシュ、閉塞感のあるコンクリートジャングル、
これらが無限に続いていくように感じる乏しい環境の変化・・・
自分自身の人間性が疎外されているように感じるこの環境へ、
こんな小さな我が子たちを送り出してしまって、本当にいいのだろうか。。。
 
もしかしたら、地方で自分たちらしい暮らしを作れないだろうか?
自分たちの悩みは、他の人の悩みでもあるのではないだろうか?
 
日本全国の地方が抱える課題解決をしながら、衰退してゆく地域を、
そして日本全体を元気にする。それだけでなく、多くの人の「自分らしい暮らし」
を叶える。そんな「まちづくり」に挑戦してみたい!!という思いが抑えられなくなり、
起業を視野に入れ活動を始めました。そのステージは、自分に「まちづくり」を
するきっかけを与えてくれた越後湯沢にすることに決めました。


●一新塾への入塾とメンバーとの協働

起業を視野に入れたときに、まずは志を同じにしてくれる仲間を作りたいと考え
ました。そこで、社会起業家を輩出しているこの一新塾のことをFacebookの広告
で知り、通学で実践的に学びながら仲間づくりをしたいと入塾を申し込みました。

私は、
(1)地方暮らしをする人を全国に増やしたい
(2)都会で閉塞感を持ちながら暮らしている人、特にワーキングプアなどで
経済的にも困窮している人を地方へ移住させ、輝かせたい
という思いで、「きら星」プロジェクトを立ち上げました。

プロジェクトメンバーは、現在人材や教育のコンサルタントとして富士市で起業
独立した増田さん、卒塾後に「さいたま若者会議」を立ち上げた大学生の尾舘さん
という、個性豊かな熱いメンバーに巡り会えたことが一新塾での一番の財産となりました。

卒塾前の2018年10月に、第二子を出産した関係で、卒塾発表会などは出席することが
できませんでしたが、メンバーとともに「対象者は誰か」を深く掘り下げて、
6つの箱を回す過程において、自らの起業する際のビジョンやミッションが固まって
いきました。


●誰もが住みたいまちで暮らせる社会を

私の救うべきなのは「消滅可能性都市」。
人口増加の打ち手がなく、衰退の一途をたどっている自治体が対象です。
そうした自治体が、持続可能な人口を維持し、そこで暮らしている人たちの生活
環境を守りながら未来へ多様な地方社会をつないでいくことを目指します。

そのためには、税収を増やすことのできる生産年齢人口の方を増やしていく必要があります。

しかしながら、それを阻害するのは地方の「仕事の幅の少なさ」。
地方企業の求人は、情報の非対称性で出て来にくい。あったとしても、
求人票ベースなので、就職や転職に至るほどのモチベーティブに繋がらない。
都内の給与水準ややりがい・感度の高い仕事があまりない。

どうしたらいいか?ということで、以下の2つの施策を取り、仕事という側面を
サポートすることにより、住みたいまちで暮らせる社会の実現を目指しています。

(1)地域密着型の仕事紹介(https://kurashigoto.life )

(2)新たな働き方を実現するための基地【きら星BASE】
1.シェアオフィス(賃貸。例:地元に住むWEBデザイナーやテレワーカー)
2.飲食店(賃貸。移住者も地元の人も利用、交流の場)
3.コワーキングスペース(インターネット環境、confidentiality確保のための個室も用意)
4.移住検討者のためのお試し居住場所

狙いは、訪れる人と暮らす人両方が活用できる場を作ることで、新たなつながり
をたくさん生み出し、湯沢で暮らしたいと思う人を増やすことです。


●今後の展望

現在は、新潟県湯沢町とのタイアップにより、湯沢町での活動をメインにして
おります。ですが、同じ新潟県内の他市町村だけでなく、遠くは宮崎まで自治体
関係者の方より、ご興味を持っていただいております。

今後は、自治体との連携による移住相談窓口業務の受託などを中心にして、
全国で「誰もが住みたいまちで暮らせる社会」、そしてその先の
「消滅可能性都市をなくす」という人口動態の変化までのムーブメントを
作って行きます。

目標は、2030年までに、弊社サービスを利用して地方移住を実現する人を
10万人創出することです。

 

 

■誰もが志を生きる一新塾

「体験セミナー&説明会」予約受付中!
●東京 8/21(水),24(土),28(水),9/4(水),7(土)
●大阪 8/31(土)
●名古屋 9/1(日)
●仙台 9/8(日)

★予約 https://www.isshinjuku.com/