一新塾講師に、一新塾OBで柏市長の秋山浩保さん!

一昨日は柏市長で一新塾OBの秋山浩保さんにお越しいただきました。
テーマは「選ばれる街〜主体的市民の底力」です。

 

大学生の時に大前研一氏の著書を読み、経営コンサルティング業界に
就職された秋山さん。30代は中小企業再建の仕事に取り組まれ、
41歳で生まれ育った街の市長になる選択をされます。

 

2009年、「民のチカラ!市民本位・民間発想で柏は変わる!」と市民に訴え、柏市長に初当選。公設市場や中央図書館の移転中止、事業仕分けの実施などで市の債務残高を379億円減らすなど財政再建に注力。2017年に三選、「将来の子どもたちにツケを残さない財政運営」を目指し日々奮闘。

 

講義では、地域で活動する際に、「現場」と「制度」の二人三脚となるための、制度の活用法について、また、行政職員の方や議員の方とどのように関わっていけばいいのか、実践的なお知恵をいただきました。

 

塾生の皆さんからいただいた感想の一部です。

 

●役所相手にはゆっくり、じっくり。
●行政と二人三脚で進めるために、まず人間関係づくり。
●行政職員、議員のタイプが理解できた。
●行政アタックのヒントが具体的で行動に活かせそう。
●「志」と「現実の分析」で提案すべき。
●自治体首長の評価は「財政状況」と「やったこと」。

 

「主体的市民が一定のボリュームを超えることによってこそ、変革の道が拓かれる」
と語る秋山市長だからこその自治体経営の視点を学ばせていただきました。

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/


タテ軸⇒ヨコ軸⇒タテ軸⇒ヨコ軸、志を生きるプロジェクト運営の究極の知恵です!

先週は「タテ軸ヨコ軸羅針盤講座」。

仙台・東京・大阪・名古屋と一週間かけて開催いたしました。


塾生の方々の歩みからあぶりだされてきた、

志を生きるプロジェクト設計と運営の究極の知恵です。

 

社会を変えるには、どこから着手してどう進んでゆくのか。

タテ軸は理念軸。ミッション・ビジョンを研ぎ澄まします。
ヨコ軸は協働軸。同志との協働を深め、協力者を巻き込みます。

 

社会を変える取り組みは、タテ軸⇒ヨコ軸⇒タテ軸⇒ヨコ軸の繰り返しです。

それによって、プロジェクトの根っこはますます掘り下げられ、枝は大きく張り巡らされるのです。

 

 

◎新しい時代を拓く一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/


『I WILL. 市民のためのメディカルスクールプロジェクト』一新塾OBの青木裕章さん!

今回は、一新塾41期の青木裕章さんのメッセージをお届けいたします。

 

都内の大学病院で活躍されていた青木さんは、ある出来事を通じて在宅医療の
現場に飛び込まれます。そして医師として、在宅医療の現場で患者さんに
寄り添う日々を送りながら、一市民として、もっと医療の手前から関わることが
したいと一新塾に入塾、プロジェクトを立ち上げました。

 

「身近な商店街で、気軽にお酒でも飲みながら健康について考える、医療を学ぶ
医学校(メディカルスクール)を生活の場の隣に用意する」をコンセプトに、
東京の北区十条を現場に、活動に奮闘中です。

 

青木さんの志を生きる挑戦をお伝えさせていただきます。

 

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

塾生活動レポート

『I WILL. 市民のためのメディカルスクールプロジェクト』

            一新塾41期 東京本科 青木裕章

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


●「父とあるがん患者の死」と「在宅医療への転換」

 

私は現在都内で訪問診療を行っている医師です。元々は都内の大学病院に
泌尿器科医として勤務し、当然のごとく治療や研究などで忙しく働いていました。

 

私の父は歯科医師として開業しており、昔から病院嫌いで何があっても病院に
いかない人でした。糖尿病を持病として持っていましたが、父の希望を知ってい
たため全て本人に任せていました。しかし脳梗塞を発症、結果人工呼吸器を装着
され入院しました。その後回復することなく転院先の病院で亡くなりました。

 

その後あるがん患者さんを担当することになりました。その患者さんは病気を
治療するために積極的に抗がん剤治療や新しい治療を行っていました。少しでも
長生きしたいその一心だったと思いますし、それに答えるように治療をしていま
した。しかし残念ながら効果がなくなり、残された時間も少ない状況になりました。
当然最期の時間をどう過ごすか相談しなければならなくなりました。私は少しでも
ご自宅でご家族を過ごされるのが良いのではと思いましたが、ご本人はこんなに
体力が落ちてしまうのであれば、もっと他のことに時間を使えばよかった、
これではちょっとした旅行でさえももう行くことが出来ないと涙を流されました。
自分は何のために治療をしていたのかわからなくなりました。

 

この体験をきっかけに終末期の医療や在宅医療の現場に飛び込むことになりました。


●若い頃から病気や健康について考える

 

高齢化社会が進み、人生100年時代や介護予防、90歳でもイキイキなど健康寿命
を伸ばそうという活動が盛んに行われています。また、医療技術も進歩し今まで
助からなかった病気が治ることや進行が遅くなることが増えてきています。

 

一方で情報が氾濫し、何が正しいのかわからなくなってきています。また独居
の高齢者や賃金格差などから健康情報に関する格差も大きくなっています。


このような社会環境の中、最期の時間を考える機会も失われ、病院や医療関係者
に終末期の人生の決定が丸投げされているのではないかと感じています。その結果
医師と患者の間でコミュニケーションが取れず、様々な弊害が出ているのでは
ないでしょうか。

 

在宅医療の現場では少しでもコミュニケーションが取れるだろうと思っていました。

しかし、実際は多くの患者は高齢であったり、すでに病状が進行していたりと

考える時間がないことを実感し、もっと若い頃から病気や健康について考えること
の重要性を認識しました。


●一新塾への入塾と活動の開始

 

前述の通り、コミュニケーションを改善させる方法、それは教育ではないかと
以前から考えていました。なんとか良い方法はないか、ビジネススクールにも
通い模索する日が続きました。医学の勉強はやはり専門知識が必要ですし、知る
ことのメリットがはっきり見えないとビジネスとして成り立たないと感じていま
した。そんな折、一新塾のサイトを見る機会があり「これだ」と思い入塾説明会
に参加しました。

 

入塾後、市民のためのメディカルスクールプロジェクトを立ち上げ、二人の
メンバーにも恵まれ、勢いのまま活動を開始しました。


●市民のためのメディカルスクールプロジェクト

 

私たちは孤立死を減らすこと、「死」を考えることから健康問題を考えること
をテーマに活動を開始しました。現場は自分が勤務している北区十条です。


6つの箱(一新塾独自の問題解決フレームワーク)を回し、メインの対象者は
一人暮らしの中年男性としました。将来のことを考えず、体調の悪さを自覚せず
放置し、現在の生活が精一杯で、家族が疎遠な上、社会と交流できていない
孤独死予備軍です。

 

そうした方々が、一人でも多く自分の思い通りの最期を迎えられることが目標
です。独り暮らしの高齢者となっても、医療介護に対して主体性を持って生活
でき、「自分の健康状態を把握できている」「自分なりの死生観を持っている」
「地域とのつながりがあり、困ったら相談できる場所や相手がいる」ことを目指
します。

 

そのために、普段ほとんど健康や老後のことを考えていない人たちにも、少し
でも考える機会や場所を提供するという活動です。

 

身近な商店街で、気軽にお酒でも飲みながら健康について考える、医療を学ぶ
医学校(メディカルスクール)を生活の場の隣に用意することがコンセプトです。

『市民のためのメディカルスクールプロジェクト』は3本柱です。

 

一つ目は、「トナリの保健室」(Communication)。医療に対する相談窓口や
医療を考えるイベントを開催します。

 

二つ目は、「へるラボ」(Learning)。eラーニングによる医療や介護の学習、
市民や小中学校への死生学教育、健康状態の自己管理の促進です。

 

三つ目は、「へるす実習室」(Experience)。地域住民や子供達への医療実習
介護施設で介護体験です。

 

まずは、商店街でアンケート調査を行ったり、がんの末期を考えるゲームを
行うイベントを行ったりと、これらは初めての経験で模索する日々が続きました。


幸いプロジェクトのビジョンは評価をいただき、卒塾式では優秀理事賞をいただ
きました。ダルマに目を入れることでやっとスタートラインに立てたようで、
身が引き締まりました。


●今後の展望

 

卒塾後ですが、この活動を継続していくことが当面の目標です。


昨年11月、終末期の自己決定のためのプロセスが「人生会議」と命名された
ことが、厚労省によって発表されました。この名前がどうかはともかく、まず
はこの「人生会議」を広めることを活動の中心にしたいと考えています。

 

また、ホームページ開設と団体の設立を2019年の上半期の段階で準備し、
次回のイベント開催につなげていきたいと思います。

 

活動を通じて、40-50代やもっと若い世代が自分たちの親や家族とこの話し
合いの場を円滑に進めるサポートを行っていく予定です。この一新塾ニュース
で今後も活動の報告やイベントの告知をできるように、活動を続けて行きたい
と思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

◎新しい時代を拓く一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/

 


松戸市で初めて!千葉県で2事業所目!一新塾OGの白根邦子さんの運営する『就労継続B型事業所ハッピーワーク松戸』にて「障害者の在宅での就労支援」スタート!

 

松戸市で初めて!千葉県で2事業所目!

 

一新塾OGの白根邦子さんの運営する

『就労継続B型事業所ハッピーワーク松戸』では、

「障害者の在宅での就労支援」がスタートします。

 

自宅で無理のない仕事を行い、週一回の支援員による自宅訪問、

月一回の本人による事業所訪問。その人に合わせた就労訓練、

生活面、心のケアーを支援していくそうです。

 

■『就労継続B型事業所ハッピーワーク松戸』

https://www.happy-choice.org/

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/

 


『塩山「OMOIYARI・OSEKKAI」プロジェクト』の取り組む、塩山に移住された一新塾OG松丸由美子さん!

今回は、一新塾41期の松丸由美子さんのメッセージをお届けいたします。

山梨県甲州市塩山(えんざん)は、ぶどうや桃などの果樹栽培が盛んで、
慈雲寺のイトザクラも有名です。

 

東京でシステムエンジニアとして忙しく仕事をされてきた松丸さんは
この土地の魅力と、地域の方の温かさに触れ、2016年から2拠点居住を開始。
2017年11月に一新塾第41期に入塾、塩山「OMOIYARI・OSEKKAI」プロジェクト
を立ち上げます。

 

そして、2018年春から塩山に移住。畑仕事を始められ、

まちづくりの活動にますます拍車がかかってきました。

松丸さんの志を生きる挑戦をお伝えさせていただきます。

 

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

塾生活動レポート

『塩山「OMOIYARI・OSEKKAI」プロジェクト』

一新塾41期 東京本科 松丸由美子

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


●塩山に移住した理由

 

対象地区の山梨県塩山大藤地区は昔ながらの思いやりあふれる場所です。
私は30年間都会のサラリーマンとして、忙しく生きてきました。
システムエンジニアとして、時間に追われる日々。
物質的には満たされているが、精神的には満たされない日々。
今振り返ると、他人に無関心で孤独だったと思います。

 

新たな人生にチャレンジすべく、2016年より2拠点居住を開始し、
2018年春に住民票を移しました。

 

きっかけは、当時の会社の社長から独立を促され(=戦力外通告)たこと。
その時、これからの後半人生は会社の為に生きるのではなく、自分の為、
地域の為に生きたいと考えました。

 

もう一つの理由は、東京での生活は必要以上に周りに気を遣い過ぎており、
精神的に疲れきっていました。会社と家族の束縛が辛かった。当時の私には
そういう思い込みがありました。

 

そんな中、友人の古民家探しに付き合っていたことがきっかけで、
塩山と出会いました。塩山には非日常の生活があり、ここに来ると
心と体が元気になれました。自然と週末はこちらに来ることが多くなりました。


●移住者だから、守りたい

 

移住した当初は、近所のおせっかいなおじさんがうっとうしくて仕方がありませんでした。
ある朝カーテンを開けたら、うちの畑におじさんがおり、畑を耕していたということもありました。

 

ですが、次第に見知らぬ人も思いやり、助け合う生き方に魅力を感じ、都会では
味わうことができないこの感じをいつまでも残したいと思うようになりました。
おせっかいだと思っていた近所のおじさんが、私の中で恩人に変わりました。

 

この地域も他の地方都市と同様に少子高齢化・耕作放棄地増加という問題を抱えています。
ですが、地域を支えている70代80代の元気なお年寄りからはあまり危機感を感じません。
私は移住者だからこの地域の良さを肌で感じ、守りたいと思うのかもしれません。
この世代の方が元気なうちに、何かしなければと思ったのです。

 

都会から移住してきた新規就農者を全力で応援していくことは、この地域の
問題解消に繋がると考えました。土地が借りられない、家がない、地域に心を
開けない等様々な問題を今度は私たちがおせっかい力を発揮し、新規就農者を
全力で応援することで解消したいと考えます。


●社会の現状

 

「都会 高ストレス社会、リストラ、早期退職勧奨」
私のプロジェクトのメインの対象者は、元都会のサラリーマンです。
都会では、平日は家と会社の往復だけ。通勤時間は片道1時間30分以上、
残業して家に帰るのは、夜11時。睡眠時間も4時間ほど。会社の為に精一杯
働いても、会社の業績により、早期退職を勧奨され、リストラ対象に。
仮に定年まで働いても、その後のビジョンがありません。

 

「地方 少子高齢化、耕作放棄地増加、後継者不足」
地方では、高校・大学卒業後、農業を継ぐ人が少なく、多くの方が県外に出てしまいます。
農業で生計を立てることが難しいこともあり、親世代も継いでほしいと思っている方は
少ないようです。その為、耕作放棄された土地が増え、害獣も増えています。
また、都会のサラリーマンが、地方に移住したとしても、地域のコミュニティ
に入れず、耕作放棄地や空き家を貸してもらえないことも少なくありません。


●私のビジョン

 

こうした元都会のサラリーマンに、塩山に来てもらって、畑で汗を流し、
生きていると実感してもらいたいです。家族と過ごす時間が増え、日々充実して
もらいたいです。さらに、農業で独り立ちし、地域の方と力を合わせ、地域を
守り、活気付け、充実した人生を送ってもらいたいと思います。

 

『種まき育てた野菜をつくる喜び、あげる喜び、もらう喜び
思いやり力(おせっかい力)あふれる塩山大藤地区を守る』
これが私のビジョンです。

 

地元の思いやり力(おせっかい力)と共に、新規就農者があたらしい農業、
地域を作ります。そして、地域の方と都会の方の架け橋になります。


●一新塾でプロジェクト立ち上げ

 

一新塾入塾のきっかけは、縫製工場の再生をアシストしている会社の社長が気になり、
その方の情報を収集していたところ、一新塾の講師をされていたとの情報を得た
ことがきっかけです。『再生』というキーワードは私のテーマでもあります。

 

プロジェクト立ち上げまでの動機とプロセスですが、当初は漠然とこれから生きて
いく地域の役に立つことをしたいと考えていました。
塩山の住まいの近辺も耕作放棄地が目につきます。10年後はどうなるのだろう?と考え、
今から何かを始めるべきだという考えに至り、『OMOIYARI/OSEKKAI』 プロジェクト
を立ち上げることにしました。

 

将来的に移住を考えている一新塾の仲間のお二人にメンバーに加わって頂き、
お二人には、何度も塩山に来て頂き、ここでの生活を体感してもらい、地域の人
とコミュニケーションをとってもらうことから始めました。

 

塩山に来てくれたメンバーから
「東京から1.5時間で来ることができる場所に癒しがある。地元の方に頂いた一杯
のお茶がささくれだった心を癒してくれる。」との感想をいただき、都会の人が
望む観光ってこれからはこういうことじゃないかと思いました。


●現場での活動

 

2018年3月には、塩山にて、UターンしたM夫妻へのヒアリングをさせて
いただきました。ご主人はエンジニアとして神奈川でお勤めでしたが、52歳で
早期退職をし、こちらでブドウ農家になりました。ブドウ畑は奥さんのご実家
の所有。ブドウ栽培は1年間農業学校で学んだので、問題なく始められたそうです。
収入は減ったが、無駄な出費が減り、自由な時間を持つことができ、家族4人
豊かに暮らしていらっしゃいます。

 

また、2018年9月には、調布市の深大寺手作り市で、塩山の新規就農者が
作った果物と野菜を販売しました。初出店でしたが持って行った野菜は完売しました。
野菜の産地(山梨県の塩山)に興味をもって下さったお客さんもいらしたので、
今後は塩山のPRにも力を入れていきたいと考えています。


●私も畑仕事

 

私は、移住してから畑仕事を始めました。
畑仕事は体力的にはとてもきついのですが、土に触れると「私は生きている」
と実感しました。

 

それまでは、都会で時間に追われ、惰性で生きていましたが、その時ここに
新しい居場所があるような気がしました。

 

加えて、地方で生きるベースは農業だと考え、山梨にある農業学校に1年間通う
ことにしました。農業学校では同じ志をもつ新たな同志も得ることができました。

 

また地域の方とも徐々に関係が深まり、今年は組(町会)に入ることができ、
地域行事に参加させて頂きました。
地域の方のご厚意で1反程度の畑もお借りすることになりました。


●今後の展開

 

まず、塩山に興味をもってもらう為に、イベントの開催(手作り市、ワイン試飲会、
古民家修復、耕作放棄地解消、農業体験など)、都会の人と地域の人が集う場所
づくり(cafe、マルシェ)を進めていきます。

 

イベントについては、手作り市に継続的に出店し、新規就農者の野菜を販売し、
都会の方と繋がっていきます。また畑を一反お借りできたので、耕作放棄地解消、
農業体験イベントも実施予定です。

 

2019年2月下旬から農業法人さんのお仕事をお手伝いさせて頂くことになり、
食育イベントの企画と運営を任されています。
また、地域の人が集う場所については、古民家をお持ちの方にお声かけして、イ
ベントの際にお借りするお話を進めています。

 

さらに、新規就農者を応援する為に人材支援、住まい・畑のマッチング、生産支援、
販売支援、加工に携わっていきます。

 

人材支援については、地元の企業さんに農業学校の友人(新規就農者)を紹介し、
3名の就業が決定しました。同じく、農業学校の友人が農家になるので、生産・
販売の支援を考えています。

 

また、加工を請け負ってくれる社会福祉法人さんがおり、そちらに果物や野菜の
加工を委託する予定です。加工して頂いたジュースやフルーツソースを手作り市
で販売します。

 

これらを実現させるために、塩山にたくさんの人が訪れてくれるようにしたいです。
と同時に、私自身が新規就農者でもあるので、農業でしっかりと生計を立てます。
その実体験を新規就農者に伝えていきます。

 

 

◎誰もが志を生きる一新塾

体験ワークショップ&説明会予約受付中!

東京・名古屋・大阪・仙台

https://www.isshinjuku.com/


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM